• 泙川流域・・・ついに、この地に足を踏み入れる時が来た。というと大袈裟ではあるが、自分にとっては満を持してといった思いがある。足尾山塊の沢を歩いていれば、この流域に関心が向くのは当然の流れであるが、行くからには中途半端にではなく、集中的に通いたい。そんな偏屈な性質のため、松木川流域の踏査にひと区切りつくまでは行くまいと決めていた。松木川流域にはまだ行かなければならない沢がいくつかあるが、先月ウメコバ... 続きを読む
  • 泙川のやや奥にある龍ノ沢にかかる25m大滝です。こちらも見事な分岐瀑でした。... 続きを読む
  • 津室沢の入り口にある、3段25m滝です。こっちも、いい滝でした。... 続きを読む
  • 津室沢大滝・・・いろいろあったけど、いい滝でした♪... 続きを読む
  •  今日は何も予定がなかったのですが、早朝から五輪を見ていたら出かけそびれてしまいました。退屈なので、最近買った山道具をいくつかご紹介。 ザックは、昨年からグレゴリーのZ40を使用しているのですが、先日の大薙沢遡行時、片方のショルダーハーネスが付け根から外れてしまい、早く補修しなければと思っていたところだったのですが、先日、家族旅行の帰りに那須ガーデンアウトレットに立ち寄り、何気にFoxfireに入ったところ... 続きを読む
  • 8月6日、毎年恒例となった前川大滝沢での納涼会。前週はせっかくのナメ天を歩いたのに水不足でガッカリでしたが、栃木の沢と違って水量も十分にあり、本場のナメ天国を堪能してきました。... 続きを読む
  • 大薙沢左俣を下降し、二俣から右俣に入ると、さっそくナメが登場。一旦平凡な沢になりますが、傾斜の緩いナメ滝を超えると、その上は歩いても歩いてもナメが続きます。残念なのは、滑床にコケが緑色に着いているし、変な匂いがするしで近所のどぶ川でも歩いている気分でした。きっと普段はそんなことはないでしょうから、また水量の多いときを狙ってリベンジしましょう。 最後はガレ気味になりますが、ヤブ漕ぎゼロで四郎峠に... 続きを読む
  • 四郎沢から四郎峠に上がり、1891m標高点の北東鞍部から大薙沢左俣へ下降しました。大薙沢下降点付近より、白根山。天気良すぎです。ヤブ漕ぎなしで沢に下降し、はじめのうちは苔むした沢から徐々にナメっぽくなっていきます。今回、アプローチ用にハイパーVを履き、滑るようになったらフェルト靴に履き替える予定でしたが、一度も滑ることがなく、最後までハイパーV+チェーンスパイクで歩きとおしてしまいました。 滑床の傾斜が... 続きを読む

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive