2013年7月21日 会津駒ヶ岳

2013年7月21日
天気:くもり一時晴れ
コース:滝沢口~会津駒ヶ岳~中門岳往復~大津岐峠~キリンテ(キリンテから滝沢登山口までは自転車を使用)
山行形態:一般登山道
 
 
今年は全国的にコバイケイソウが当たり年ということで、先日流石山に行った一番の目的もコバイケイソウだったのに、ニッコウキスゲに満足してコバイケイソウを見ずに下山してしまいました。コバイケイソウの当たり年は7、8年おきといわれ、今年を逃すと次は7、8年後になってしまうためどうしても今年の一斉開花を見ておきたいと思い、新・花の百名山でもある会津駒ヶ岳に行ってきました。
 
まずはキリンテに自転車をデポし、滝沢登山口まで車で移動します。一番上の駐車場のすぐ手前で進入禁止になっており、おそらく狭いスペースに無理に駐車する人がいて転回ができなくなるのを防ぐためでしょう。ということで、進入禁止の手前の駐車スペースに車をとめましたが、4:30で既に20台以上の駐車があり、ぎりぎりラスト1台分のスペースを見つけ、どうにかとめることができました。ここから何度か歩いていますが、こんなに混んでいるのははじめてです。
 
 

4:50出発。
いきなりの急登で、寝不足+20Kgを超える重荷もあってか歩き始めてすぐに心拍数が上がり、頭もふらふらし、体調はあまりよろしくありません。ペースを抑えて歩きます。
 
 

約1時間で水場に到着。
 
 
 
 
 
 
 

撮影機材以外の荷物を軽くするためにはじめからここで水を補給する予定でしたので、1.5ℓ補給します。
 
10分ほど休憩して再出発するも相変わらず足は重い‥‥雨もパラパラ降ってきた‥‥がすぐ止んだ。
木々の間から日光連山や那須連山、標高を上げていくと燧ヶ岳も見えるようになり、展望を楽しんだり写真を撮ったりして疲れをごまかしながら進みます。
 

日光連山(一番右が日光白根山)
 
 
 

那須連山
 
 
 

高原山。手前左は枯木山かな。
 
 
 

登山道は整備が行き届いています。
 
 
 

樹林を抜け、会津駒が見えてきました。コバイケイソウも咲いています。
 
 
 

池塘の奥には那須連山
 
 
 

駒ノ小屋と駒ヶ岳が近くなってきました。
この辺りではハクサンコザクラが咲いていました(のちほどupします)。
 
 

燧ヶ岳と至仏山
富士山も見えましたが、写真だとわかりにくいので掲載しません
 
 

小屋下の雪渓です。アイゼンなしでも大丈夫でしょう。
 
 
 

7:20、小屋に到着。ペースを落としたので2時間半かかってしまいました(体調はいつの間にか戻っていました)。
8年前は1時間半でしたので、体力の低下を感じます。
 
 
 

休まずに会津駒ヶ岳に向かいます。雪渓の上を歩きますが、危険はありません。
 
 
 

山頂手前より駒ノ小屋と燧ヶ岳方面
 
 
 

7:45 会津駒ヶ岳山頂
 
 
 

山頂から少し行くと、新潟から福島の山々の展望が広がります
 
 
 

奥に飯豊山も見えましたが、写真だとちょっと霞んでしまいました。
 
 
 

こちらは方角からして中ノ岳と越後駒?
新潟方面は晴れていそうです。
 
 
 

池塘と尾瀬方面。尾瀬ヶ原も見えます。
 
 
 

駒ヶ岳~中門岳間は雪解けが遅く、コバイケイソウが一斉開花するのは1週間以上後になりそうです。
 
 
 

芽吹いたばかりのコバイケイソウ
 
 
 

8:43 中門岳
 
 
 

中門岳より会津駒ヶ岳
 
この後は花の写真を撮りながらゆっくり駒ノ小屋に戻ります。
 
 

9:40 小屋の周辺では30人以上の人が休んでいました。
 
 
 

大津岐峠方面に行くと、急に人気がなくなり静かな山歩きを楽しめました。
アプローチの長さや周回時の車の回収などがネックになるからなのでしょうけど、花の種類、数ともこちらの尾根の方が圧倒的に多く、ここを歩かないのはもったいないと思います(花の写真は後ほど…)。
 
 
 

雪渓と日光連山
 
 
 

コバイケイソウの群落も見ることができました。
 
 
 

越後の山々
 
 
 

会津駒ヶ岳を振り返る。
小湿原が断続し、いい雰囲気の尾根です。
 
 
 

11:05 大津岐峠に到着。巨大な道標が豪快に倒れていました。
 
ここからの展望もすばらしく、のんびりと展望を楽しんだら名残惜しくも11:30に下山開始です。
 
 

登山道は、斜面の急なところは必ず九十九折になっており、距離は長くなりますがとても歩きやすいです。
 
  
 

キリンテ沢が近づいてきました。
沢を渡るところで頭から水をかぶりました。
 
 
 

12:45 キリンテ登山口に着きました。 
足が万全ではないのに、少し飛ばしすぎました。
 
後は自転車で滝沢登山口まで車を回収にいきます。
 

「下りたら晴れるの法則」が発動で~す。
 
最後の、国道から登山口までの登り返しがきつかった‥‥
 
次回、会津駒ヶ岳で出会った花々の写真をupします。
スポンサーサイト



コメント

ケン

No title
こんばんわ。
お隣で覗かれていたのですね・・・・・・。
駒ケ岳も登りたい・・・と思っていたのですが。
ハクサンコザクラを見たいと思っていました・・・・楽しみです。
ケン

アキjiiji

No title
お疲れ様でした♪
同じコースを10年前に婆と歩く予定でしたが・・・・
キリンテに向かい歩き始めてすぐに雷雨に会い、小屋に戻り3時間も缶詰状態、やっとの思いで滝沢登山口に引き返した苦い思い出があり、それ以来実現していません!!
写真を見せていただき又、闘志が湧いてきました。近々チャレンジしたいです♪

きりんこ

No title
ケンさん、おはようございます♪
ハイ、燧ヶ岳はかっこいいのでずっと見てました♪
ハクサンコザクラもコバイケイソウも見頃はこれからですから
チャンスはまだありますよ♪

きりんこ

No title
アキ爺さん、おはようございます♪
この辺は天気の予測が難しい山域ですよね。
駒ノ小屋~大津岐間はメインルートではありませんが、
少し苦労してでも歩かないともったいないと思います。
車2台あれば便利なんですけどね…

ぐっちゃん

No title
おはようございます。
私もこのコ-スは計画していました。同行したかったですね!!

道路の標高差を考えるとどちらから登るか考えどころですが・・・
参考になりました。なるべくパクリではなく、少しバリエ-ションがないか考えてみます。

きりんこ

No title
ぐっちゃん、おはようございます♪
車2台あればもう少し楽ができたんですよね~(笑)
標高差は、どちら周りでも大差ないと思いますので、中門岳方面がいいのか富士見林道がいいのか、花の種類や時期などによってどちらを優先するかで決めるといいと思います。

アキjiiji

No title
昨日、会津駒ケ岳に登ってきました♪婆を桧枝岐温泉に置いて午前中だけの登山となり、又キリンテへのコースは行くことができませんでした。前日に民宿に泊まり爺のみ朝飯抜きで5:00に登山開始8:00に山頂、中門岳をピストンして12:00に下山しました。早春の花から夏の花まで多種の花々を観られよかったです♪山上はガスが懸かり景色が殆んど観られなかったのは残念でしたが・・・・・

きりんこ

No title
アキ爺さん、こんにちは♪
今の時期ですと富士見林道のコバイケイソウやハクサンコザクラは終わっているでしょうから、花が目的でしたら中門岳ピストンで十分ではないでしょうか。 最近、麓は晴れていても、山の上はすっきり晴れる日が少なくて困りますね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive