2013年8月7日 阿武隈川本沢

2013年8月7日
天気:晴れ時々曇り
メンバー:単独
コース:甲子大橋下駐車地~阿武隈川本沢赤滝で引き返す~駐車地
山行形態:沢登り(写真撮影目的)
 
 
 昨日は平日の休みでしたので、那須の花を撮影しようと思い(休日やお盆だと人が多くて撮影に集中できないので)早朝に峠の茶屋まで行ったら強風&ガスでとても撮影どころではない天候でした。天気は徐々に良くなる予報でしたが、いつまで待つかわからないため予定を変更して阿武隈川本沢の滝巡りをしてきました。
 
 

峠の茶屋駐車場より茶臼岳。天気予報だと宇都宮は晴れのち曇り、新潟は曇りのち晴れでした。何度も同じ失敗を繰り返していますが、やっぱり新潟の天気に合わせるべきでした。
 
 

朝日岳方面もこんな感じで天候の回復まで時間がかかりそうです。
 
 
 

これからの予定を考えているうちに太陽が昇ってきちゃいました。
 
午後には山の天気も回復するだろうと予想し、午前中は風の影響が少ない沢で時間をつぶすことに。
どの沢にするか迷いましたが、阿武隈川本沢には何十回と行っていますがここ2年無沙汰をしてたので、初心に返って本沢へ行くことに決定。2011年の6月に遡行した際、赤滝直下の土砂崩れ(恐らく大震災によるもの)で沢が堰き止められ、赤滝まで行けなかったので、その後どうなっているのかも気になっていました。
 
 
 

 今年度も放射能の影響で禁漁だそうです。釣り屋さんとバッティングする心配はなくなりましたが、そうなると沢屋さんくらいしか人は入らないでしょうから、何かあったら助けてもらうまでに時間がかかりそうです。慌てて家族にメールを入れました。
 沢やルートの状況は、以前よりだいぶ荒れた印象で、人が入らなくなった分踏み跡も薄くなっており、土砂崩れの跡も多数みられ、旧林道の崩落で迂回が必要な場所もありました。とはいっても、遡行レベルが上がったわけではありませんが。それよりもここ数日の雨で水量が多いためにやや緊張する場所がありました。写真的には滝の迫力が増してよかったですけどね。
 
 

奥に雌滝が見えてきました。
 
 
 

雌滝。いつものことですが、この滝はなかなか思うように撮れません。すばらしい滝なんですけどね。
 
1時間ほど滝と対峙した後、右岸のルンゼを鎖に頼りながら登ります。すぐに雄滝へ降りる道との分岐点に着きますが、時間は8時、雄滝の撮影には時間的に中途半端(右壁だけに直射光が当たってコントラストがきつく、虹が出るのも9時台)なため、雄滝は帰りに寄ることにして先へ進みます。巻き道の途中、栃木県民が大好きなキノコがたくさんありましたが、採る気になりません。
 
 

天狗滝もいつもより水量が多く見ごたえがありました。
 
 
 

この沢で唯一緊張するのがこのゴルジュの突破でしょうか。右岸にトラロープが固定されていますが、慎重に行けば問題ありません。
 
 

気になっていた赤滝手前のダムは決壊し、問題なく滝の前まで行くことができました。何度訪れてもこの滝は素晴らしいです。晴れてきたので、日差しが弱くなるタイミングを見ながら何度もシャッターを切りました。
 
 

スローシャッターで。
 
 
 

赤滝の後、霧降滝にも寄っていきました。水量が多く、飛沫で滝下からの撮影は困難でした。
 
 
 

帰りに雄滝に寄りました。ここも飛沫で撮影に苦労しました。ここで、今日初めて人に会いました。いわきから初めて来られたとのことで、最近は滝を巡られているそうです。とても感じのいい好青年でした。この後、赤滝まで行くとのことでしたが、無事に行けたでしょうか。
 
 
昼過ぎには駐車地に戻りました。天気は予報通り晴れてきましたが、さて次はどこへ行きましょうか。。。 
スポンサーサイト



コメント

魔法使い

No title
私も阿武隈本谷はこの夏休み中の候補に上げてはいたのですが、帰りの東北道の渋滞を考えてしまい諦めてしまいました。
紅葉の時期の赤滝は最高でしたが、今度新緑の頃にでも行きたいと思います。

yoi**i529*

No title
先日は色々教えて頂きありがとうございました。あの時お会いしました 木村です。
赤滝まで行こうとしましたが、ヘルメットもなかったですし、鎖なかったので、厳しいかなと。途中で引き返しました。

なかなか本格的な滝を観るのは初めてだったんで、雌滝、雄滝で感動しました。沢の格好を観たのも初めてでしたし、ヘルメットは必要だなと思いました。
次はヘルメットを着けて、すねサポート付けて、赤滝に行きたいと思います。そして、目標は氷瀑した姿を観たいです。きりんこさんに憧れました。他を探しても滝情報はあまりないので、ブログ面白いです。

また色々教えて下さい!!
直瀑が好きなので、オススメの場所がありましたら、是非教えて下さい。

きりんこ

No title
魔法使いさん、こんにちは♪
阿武隈川は禁漁ということもあり、以前にも増して人っけがなく深山幽谷の雰囲気でした♪
新緑の時期でしたら、赤滝上部のシロヤシオがおすすめですよ♪

きりんこ

No title
木村さん、こんにちは♪
まさか人に会うと思っていなかったので、あの時は驚きました。
途中で撤退するってなかなかできないものですが、すばらしい判断だと思いますよ。
装備はレベルや経験によって個人差もありますが、できればヘルメットは用意し、複数人で行動したほうが万が一のときに安心だと思います。
雌滝の氷瀑は、かなりの危険を伴いますので、十分経験を積んでからにしてくださいね。
私は栃木県外の滝はあまりよく知りませんが、福島の直瀑ですと吾妻山近くの大倉小滝は私もいつか行ってみたいと思っています。ただ、ここも経験者向けですので、行く時はよく調べてからにしてくださいね。

yoi**i529*

No title
きりんこさん、お久しぶりです。あの後、2回ほど赤滝を目指したのですが、天狗滝までしか行けません。
天狗滝からはテープの印も見つかりません。きりんこさんは天狗滝から赤滝や霧降滝は沢登りをして行きますか?高巻きしますか??もし、ヒントがあれば教えて欲しいです。宜しくお願い致します。

きりんこ

No title
yoi**i529* さん、こんにちは。お久しぶりです。
天狗滝からは、基本沢登りになります。水深の深いところは小さく巻きますが、それ以外は沢の中を歩きますので、沢装備がいいでしょう。長靴で歩いたこともありますが、逆に神経を使って歩きづらかったです。

yoi**i529*

No title
やはりそうでしたか。沢登りの装備と経験を積んでまた挑みたいと思います。ありがとうございます。

きりんこ

No title
yoi**i529* さん、おはようございます。
技術は必要ありませんが、沢靴だけでも履いて歩けば安心だと思います。これからもお気をつけて滝見を楽しんでください。

Wind Ripple

No title
こんにちは。一昨日行ってきました。
全ての滝が個性的で素晴らしい所ですね。
しかし、昼過ぎに戻って来られるなんて超人的です。
私達(珍しく5名)は10時間かかりました。私の体力不足で
一時間は無駄にさせてしまいましたが。

きりんこ

No title
Wind Rippleさん、こんばんは。
どの滝も個性的ですから、滝屋の皆様もご満足されたことでしょう。
この時点で、自分は阿武隈本沢だけでも10回以上歩いているので、撮影も適当で戻りも早かったのでしょうね。初めてのときは感動の連続で、確か自分も10時間近くかかりましたよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive