2013年8月25日 阿世潟沢~大日尾根周回弾丸ハイク

今日は本当は別の場所を計画していたのだが、朝2時に起きると天気が怪しい‥‥
 
那須方面は晴れているようだが、那須は来週リンドウの撮影に行くしな~
 
数時間アメダスを眺めていると雨雲が近づいてくる‥‥ダメだこりゃ
 
7時ころには自宅付近も雨が降り出した。今日は山はやめにして、午前中は娘の行事に付き合うことに‥‥
 
でも午後はフリーだし、天気も午後には回復しそうだし、そろそろ歩かないと体がなまっちゃうし‥‥
 
お昼過ぎだというのに、気が付くと山へ向かっていました(笑)
 
候補はいろいろあったのですが、短時間でお気軽に歩くことができ、人も少ない場所ということで‥‥
 
奥日光の阿世潟沢~大日尾根を周回することに。
 
行程
自宅(12:20)~中禅寺湖スカイラインゲート手前駐車場(13:20)~(自転車)~阿世潟(13:40)~阿世潟沢堰堤(14:03)~稜線(14:39)~大日尾根下降開始(14:47)~標高点1557m(15:21)~阿世潟(15:40)~(自転車)~駐車場(16:02)~自宅(17:00)
 
 

砥沢より、写真中央の社山には雲がかかっています。
 
 
 

白根山方面。こちらはすっきり晴れていますが、その奥には怪しい雲が見えます。
 
 
 

男体山も徐々に雲が取れてきました。
 
 
 

中禅寺湖南岸の遊歩道は綺麗に整備されており、今回は阿世潟まで自転車で来られました。いつもは700mくらい手前から先はとても自転車で進めませんでしたので、時間的にもだいぶ短縮できました。
 
 
 

阿世潟から峠には向かわず、湖岸の遊歩道を少し進み最初の橋を渡ったところから左へ入りました。
この先にも枯れ沢があるのですが、2本の枯れ沢の間を歩いていきます。
 
 
 

はじめのうちは平坦で歩きやすいです(中禅寺湖方面を振り返って撮影)。
「夕暮ノ宿」の痕跡を探しながら歩くも何も見つからず。
 
 

徐々に岩が増えてきますが踏み跡もあり、快適に歩けます。
 
 
 

この辺りの沢は左右どちらとも涸れています。
 
 
 

こんな感じで踏み跡が続きます。
 
 
 

右側の斜面に人工の石積みがありました。
 
 
 

と思ったら、作業道の跡を横切りました。この道が石積みの方へ続いていました。この道の続きはまた後で調査しようと思います。
 
 

堰堤がありました(標高1400m付近)。これがあるので踏み跡がたくさんあったのですね。これより上は踏み跡はなくなりました。
 
 
 

沢幅が狭くなり、水が現れました。
 
 
 

左岸にかかるショボい滝
 
 
 

水が現れたり無くなったりしますが、沢は概ねこんなガレです。水があるところも、水量が少ないので靴を濡らすほどではありません。登山靴で十分な沢で、沢登の対象にはならないでしょう。でも濡れなくても、水の近くを歩いていると涼しくていいですね。
 
 

稜線手前、右側の崩落地
 
 

結局稜線のすぐ下まで水がありました。
 
 
 

振り返ると八丁出島
 
 
 

最後の詰めはどこを登っても構いませんが、アザミが多く厄介でした。
 
 

社山を見上げる
 
 
 

崩落斜面と社山
 
 
 

稜線に出ました。阿世潟からちょうど1時間でした。もう少しかかると思っていたので、ちょっと物足りなさが…
このルート、危険個所もなく簡単に稜線に出られるのですが、使い方が難しいかな。夏は稜線を歩くよりも涼しくていいけど展望がないし。雷が鳴ったときの下山用としては使えるかも。
 
 

中禅寺湖を見下ろす
 
 
 

社山にガスがかかってしまいました。展望がないかもしれないので社山はパスします。
 
 
 

反対側の大日尾根へ向かいます。写真右側笹の斜面を登ったところが大日尾根の下降点です。
 
 

この道標があるところから下ります。
 
 
 

錫ヶ岳~白根山方面
 
 
 

天気はイマイチですが、周りの山が見えただけよしとしましょう。
 
 
 

笹は膝丈程度です。踏み跡もはっきりしています。ダニチェックするとズボンに3匹ついていました。即除去。
 
 

標高点1633m付近から笹の丈が短くなり、踏み跡も登山道のようにはっきりします。
 
 
 

所々で八丁出島が望めます。
 
 
 

樹間越しに日光連山
 
 
 

この辺りはおもしろい形をした木(立ち枯れ)が多いですね。
 
 
 

藪はまったくなくなりました。
 
 
 

1557Pからの下りも藪なしで歩きやすいです。
 
 

次のピークのシャクナゲの大木。花が咲いたら周りの山と一緒に写真に撮れないか確認したかったのですが、厳しそうです。
 
 

快適な下りが続きます。
 
 
 

最後はやや急ですが、尾根の中央を下って行けば危険はありません。
 
 
 

尾根の最後に立つブナ?の巨木
 
 
 

南岸遊歩道に着きました。この橋の手前に降りてきました。
 
 
 

大日尾根と男体山
 
阿世潟を起点に2時間での周回でした。もう少し時間がかかると思ったので正直消化不良でしたね。予定では歌ヶ浜で夕陽の撮影をしようと思っていたのですが、日没までまだまだ時間があるため、まっすぐ帰宅しました。
 
 
 

この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び基盤地図情報を使用した。
(承認番号 平成24情使、 第617号)
スポンサーサイト



コメント

みー猫

No title
こんばんわ。
まさに弾丸ですね。早すぎて夕陽待ちになるなら末端まで歩かれた良かったのに(笑)・・・冗談はさておいてダニはまだ居ましたか~食いつかれなくて良かったですね。お疲れ様でした。
みー猫

aki

No title
しばらく歩いていないと、自然に山に足が向かう気持ちわかります。
車も足も凄い機動力ですね~!
那須のリンドウはあと1週間後くらいが見頃かもしれません。私よりきりんこさんの方がよくご存じだと思いますが(^_^)

きりんこ

No title
みー猫さん、こんにちは♪
時間的に中途半端な感がありますが、精神衛生上は行ってよかったと思っています。大日尾根末端の様子はみー猫さんの記録を覚えていましたので、絶対間違えないように注意しましたよ(笑)時間・体力に余裕があっても暑い時期の藪はできるだけ避けたい軟弱者です(笑)
ダニは今まで気にしなさすぎだったのでしょうが、気にしてみると結構いますね~。秋までは要注意ですね。

きりんこ

No title
akiさん、こんにちは♪
昨日を逃したら身体的にも精神的にもよろしくないと思い、変な時間に出かけてしまいました。自分の家は宇都宮ICから近いので1時間くらいで中禅寺湖まで行けちゃうんですよ。
リンドウ情報、ありがとうございます。天候不順や異常気象といっても、山の花の見頃は例年とそれほど大きく変わることってないですね。日曜日は混むので、来週の平日に休みをもらって那須山に行く予定です♪
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive