2014年1月29日 赤岩山~古賀志山~鞍掛山~半蔵山~男抱山(その4)

古賀志山から少し先まではスリリングな岩場などもありましたが、鞍掛峠から先は危険な場所はまったくありませんでした。
 
 

半蔵山から踏み跡を辿って東へ下ると、7分で舗装道路に出ました。半蔵山登山口の案内板があります。
 
 
 

道路の反対側には50m先男抱山方面の案内板。これがなければそのまま杉林の中へ入って行くところでした。
 
 
 

案内に従って50m南へ行くと、男抱山への入り口がありました。地図に登山道は記されていませんが、これだけわかりやすい案内板があるということは、この先もお気楽コースであることが予想できます。
 
 

やはり、しっかりとした道が続きます。
 
 
 

と、思ったらこんな場所もありました。
 
 
 

鉄塔の横を通ります。
 
 
 

50~60m登り返し、男抱山と富士山の分岐に着きました。
まずは富士山に向かいます。
 
 

15:56 富士山到着。「富士山」の山名板の下に「女抱山」の山名板があります。「女抱山」は生々しいので「富士山」に変えたのでしょうか。だったら男抱山もある意味いやらしい気もするのですが。
 
 

男抱山方面。左奥は篠井富屋連峰
 
 
 

こちらは本日歩いた古賀志山、鞍掛山方面。
 
展望を楽しんだら、一旦分岐まで戻って男抱山に登り返します。
 
 

16:09 男抱山。中央奥に高原山。
 
 
 

こちらは篠井富屋連峰
 
 
 

山頂直下の石祠
 
 
 

山頂の岩稜が夕陽に染まります。
 
 
 

あとは心地よい疲労感に浸りながら夕照の雑木林を下ります。
 
 
 

16:28 山頂から10分ちょっとで自転車を置いた登山口に到着しました。
無事、明るいうちに下山することができましたが、これから12km離れた車まで戻らなければなりません。
歩いているうちは暑くて初夏のように感じましたが、自転車に乗ると寒いですね。
45分かけて駐車地に戻りました。
駐車地からは20分で自宅に戻りました。
 
 
 ルートマップです。

 この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び基盤地図情報を使用した。
(承認番号 平成24情使、 第617号)
 
歩行   標高差±1900m 距離17km 6時間半
自転車 標高差±100m  距離12km 45分
スポンサーサイト



コメント

aki

No title
この山域、ず~と繋がっているたとはビックリです!
自分は古賀志山しか歩いたことがないのですが、これだけのロングコースを歩くと充実感でいっぱいでしょうね~(^_^)

縦走の時、自転車の機動力があると行動範囲が広がりますね~!

きりんこ

No title
akiさん、ありがとうございます。
一部(鞍掛山~鞍掛峠)を除いてはしっかりと踏み跡があり、変化に富んで面白いコースでしたよ。久しぶりに写真を忘れてロングを歩けて充実感で満たされました♪
私の場合、里山歩きには自転車が大活躍してます♪
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive