2014年3月16日 塩原~日留賀岳~横川

今日はせっかくのお休みでしたが、朝から雨ですね。
 
3月16日、アキ爺さん、ぐっちゃんと3人で日留賀岳へ行ってきました。
せっかくなので車を1台別のところに置いて縦走しようかとも思案しましたが、
この日は午後からお天気が急変して雨や雷の予報も出ていましたので、
無理せず日留賀岳山頂をピストンする計画で小山氏宅に集合となりました。
 
6:20 小山氏宅を出発。小山さんによると、先行者がお一人いらっしゃるとのこと。

 
 
出発してすぐ積雪がありますが、よくしまっているため壺足で進みます。

 
 
6:50鉄塔の下をくぐり、林道に出ます。

 
 
林道の日当たりがいいところは雪が融けています。

 
 
7:20 ちょうど1時間で林道終点に着きました。雪が深くなってきたので、ここからスノーシューを履きます(結局、ここから下山口までスノーシューを履いたままでした)。

 
 
夏道に沿って比津羅山の北東斜面を高度を維持しながら巻いていくと、きれいなブナ林の中を通ります。

 
 
ブナの巨木

 
 
沢状の鞍部を過ぎ、やはり夏道に沿ってカラマツ林を登っていきます。この辺で先行者の足跡が見えなくなりました。

 
 
標高1300mあたりで稜線に出ると、先行者の足跡と合流し、すぐにそのお方に追いつきました。毎年日留賀岳に写真を撮りにきているそうです。樹林越しに長者岳方面が望めます。

 
 
写真撮りのお方を追い越させていただくと、すぐにトレランの若者がすごい勢いで我々を追い抜いて行きました。
 
 
日留賀岳方面が開けてきました。

 
 
 
9:00 鳥居に着きました。

 
 
奥に黒滝山~大長山の稜線が見えてきました。

 
 
 
展望がよくなるにつれて、撮影に忙しく歩行ペースがダウンします(笑)

 
 
真っ白な七ヶ岳

 
 
雪庇に恐る恐る近づいてみる
よく見ると、ほおかぶりをした老婆の顔のように見えませんか?

 
 
急登が続きますが、高原山を背後に見ながら、気持ちのよい稜線歩きが続きます。

 
 
荒海山とその奥に存在感抜群の会津駒。

 
 
サイコーの景色でしょ♪

 
 
黒滝山~大佐飛山の稜線が一望できるようになりました。先ほどのトレランの若者が駆け下りてきました。

 
 
山頂が近づくと、計らずも霧氷が残っていました。

 
 
11時過ぎに日留賀岳山頂到着。
山頂からの展望。いくら見ていても見飽きません。

 
 
七ヶ岳も格好いいですね♪

 
 
山頂でしばらく景色を楽しみ、予定では往路を戻るはずでしたが、予想以上に天気がいいのでこの後どうするか3人で作戦会議。せっかく天候、雪質とも最高の条件のため、できれば横川へ降りたいところですが、横川から塩原までの足をどうにかしなければならないんですね。まあ、一番近くのタクシーに迎えにきてもらうか、ヒッチハイクか地元の方に送っていただければいいか、と軽いのりであっさり横川へ下山することに決定。
 
 
12:00 この小ピーク手前から、市界尾根を下ることにしました。

 
 
雪庇の尾根を下りますが、危険個所はほとんどありません。
標高1700m付近で1箇所だけ、小さな瘤を越えるところがありますが、右側から巻けば問題ありません。

 
 
あとはこんな感じの快適な雪庇の尾根が続きます。スノーシューなので、踏み抜きはまったくありません。

 
 
日留賀岳を振り返る。

 
 
1471.8m三角点からは、向きを北へ変えますが、桃ノ木峠方面よりも尾根形ははっきりしています。
予報通りあっという間に雲が広がり、風も出てきましたが、ここまで下ってしまえば大丈夫でしょう。

 
 
1471.8m三角点から先はアスナロ林を下ります。足を前に出せば勝手に進む程の緩斜面です。

 
標高点1336m付近のダケカンバ林

 
標高900m付近からは平たんな雪原を歩きます。最後まで積雪があり、藪に悩まされることもありませんでした。雪も適度にしまっていて、スノーシューの沈みはまったくありませんでした。霙が降り出したので、雨具を着こみました。

 
男鹿山林道と横川林道の合流点となる、山火事用心の看板の後ろから降りました。男鹿橋まで200mくらいのところです。

 
 
15:00 横川のJOBSおじかに到着しました。
既にここまで除雪されていました。

 
 
あとは、塩原までの移動をなんとかしなければなりません。
とりあえず、地元の人に声をかけようということで、横川の集落まで歩きます。
集落に着くと、ちょうど漁協の方たちがいらっしゃり、近くの会津鉄道男鹿高原駅までなら送っていただけるとのことで、お言葉に甘えて軽トラの荷台に乗せていただきました。ただ、駅まで送っていただいたのはよかったのですが、電車では塩原まで行けませんので、結局タクシーを呼ばなければならないんですね。まずはここから一番近くのタクシー会社がどこかを調べます。塩原?川治?それとも田島?何れもかなりの距離がありますね。運賃を安く済ませるなら電車で川治か会津高原尾瀬口駅まで行ってそこからタクシーに乗るか?と、3人で困っていると、何と、偶然駅に居合わせた方が声をかけてくださり、塩原まで車で送ってくれるというではありませんか!もちろん断る理由もなく、乗せていただきましたよ。本当に、助かりましたね~。この場をかりて、改めて、お礼申し上げますm(__)m ありがとうございました♪
 
そんなこんなで、無計画な山行でしたが、結果オーライとなりました。ある意味、記憶に残る山行となりました♪ 
スポンサーサイト



コメント

aki

No title
人のあまり入らない真っ白な稜線は魅力的ですよね~。
この山域はいつか自分も行きたいと思っています。

それにしても人が少ない地域で、2回も車に乗せていただけるって、すごい幸運ですね~。 こういう山行もイイですね~(^_^)

きりんこ

No title
akiさん、ありがとうございます。
展望もよく、すごくいい山だと思うのですが、人が少ないのが不思議だと感じました(日留賀岳から先は当然ですが)。
今回は、本当に幸運だったと自分も思います。人の優しさに触れ、いつかは自分も恩返しをしなければと思いました。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive