2014年4月13日 男鹿岳(栃木百名山達成・その2)

男鹿岳山行詳細レポです。
アキ爺さん、ハルパパさんと朝4時に道の駅たじまに集合し、一旦私の車を下山予定である横川のJOBSおじか手前空き地にデポしてから、出発地である県道黒磯田島線(大川林道)の南会津側へ移動しました。大川林道は、積雪のため最奥の釜沢橋まで入れず、2Km以上手前から歩き始めました(5:00)。この日はよく冷え込んでいた(国道の温度計でマイナス5度)ので、雪はよくしまっていて歩きやすかったです。男鹿岳へ行くには、どうしても長い林道歩きを避けられないのですが、少しでも林道歩きを短くするため、おそらく男鹿岳への最短ルートとなるであろうオーガ沢橋手前の枝尾根から県境稜線に直登しました(7:00)。とりつきはやや急でしたが、雪が適度にしまっているのでそれほど危険を感じることはありませんでした。薮もすべて雪の下ですので、快適に高度を稼ぐことができました。県境尾根に出ると、所々で藪が出ていましたが、9割以上は雪の上を歩くことができました。高度を上げるにつれ周りの景色もよく見えるようになり、七ヶ岳や会津駒ヶ岳はくっきり見えましたが、日光連山は春霞がかかっていました。9:50、男鹿岳山頂に到着。山頂では記念撮影などで40分ほどゆっくりしました。この時期は那須連山がすべて見渡せる、最高のビューポイントでした。下山先は横川を予定しているものの、ルートは決まっていませんでしたが、とりあえず瓢箪峠まで行くことに。塩那道路までは崩れかけた雪庇の尾根となっていました。稜線と塩那道路がぶつかったところからは、瓢箪峠まで塩那道路を歩きました。12:00、瓢箪峠着。小休止しながら3人で下山ルートを検討し、峠からそのまま廃林道をたどって横川へ降りることになりました。しかし、所々で廃林道らしき形跡は確認できるものの、雪にうもれているため辿るのは困難で、標高1420m付近からの急斜面でも道型を見失い、結局は白滝沢に沿って真っ直ぐ下降することになってしまいました。白滝沢の最初の二俣の手前で傾斜が緩くなったところでアクシデント発生。左足で雪を踏み抜き、その勢いで左のふくらはぎを右足で蹴りこんでしまい、激しい痛みに襲われました。ここから駐車地まで6Km以上ありますが、左足をかばいながらどうにか歩くことができたため、無理せずゆっくり歩くことにしました。途中、林道が崩壊した部分では一旦沢に下ったりしなければならず、足への負担が大きかったですが、アイゼンをはずすと多少楽になりました。積雪は男鹿橋の手前まで続いていましたが、雪がほどほどに融けて足への負担を軽減してくれたので助かりました。15:20、どうにか駐車地に到着することができました。この日はせっかくアキ爺さんと私の栃木百名山完全登頂記念だったのですが、後味の悪い締めになってしまいました。負傷した左足については、翌日MRI検査を受け肉離れとの診断を受けました。骨や腱に異常がないのが救いでしたが、しばらく山はお休みです
 
 

大川林道はずっと雪がつながっていました。
 
 
 

 歩き始めて約30分でようやく釜沢橋に着きました。
 
 
 

オーガ沢橋手前のこのあたりから枝尾根にとりつき県境尾根を目指します。
 
 
 

 藪はすべて雪の下で快適に登れました。
 
 
 

左手に男鹿岳を見ながら登ります。
 
 
 

県境尾根に着きました。
 
 
 

男鹿岳へ登る途中より、鹿又岳(中央)と日留賀岳(右)
 
 
 

急な登りが続いますが、美しい景色に癒されます。
 
 
 

振り返ると、七ヶ岳や
 
 
 

会津駒ヶ岳が圧倒的な存在感を誇示していました。
 
 
 

男鹿岳山頂より那須連山を一望。
 
 
 

三本槍岳~朝日岳~茶臼岳~白笹山~黒尾谷岳
 
 
 

中央奥が流石山~大倉・三倉山。その左手前が赤柴山等県境の尾根。
 
 
 

瓢箪峠へと続く稜線と左奥に大佐飛山。 
 
 

男鹿岳を振り返る。
 
 
 

塩那道路を歩く。
 
 

塩那道路より那須連山
 
 

瓢箪峠
 
 

JOBSおじかより鹿又岳付近の稜線を望む 
スポンサーサイト



コメント

みー猫

No title
こんばんわ。
まずは達成お疲れ様でした!踏み抜きは、なぜか調子ずいた時になるようで、先日踏み抜きの際に深穴に落ちてみぞおちを打ってしまい、まだ違和感があります。復帰はまた早いんでしょうけど、お大事なさってください。
みー猫

ハルパパ

No title
大変お世話になりました。
踏み抜きはやはり危ないですね。
以前に知人も踏み抜きで怪我をしたと言ってました。
早い回復を祈ってます。
またご一緒して下さいね~。

アキjiiji

No title
お世話になりました♪
下山は[きりんこ]さんの提案どうりに鹿又岳から尾根を下ったほうが良かったのかも・・・・・反省しています。
これに懲りずに早く回復して又ご一緒して下さいね♪

aki

No title
栃木百名山達成おめでとうございます!
しかも最後が難関の男鹿岳とはかっこいいです。

お怪我大変でしたね。 早い回復をお祈り申し上げます。

自分は男鹿岳は未登なので、今回の記事とても参考になりました。
可能なら除雪後すぐにスキーで行くかも知れません(^_^)

きりんこ

No title
みー猫さん、ありがとうございます♪
最後の最後がすっきりと終わせませんでした。とりあえず、百名山の1回目はピークハントに徹しましたので、次はアレンジを加えてもう1回やってみてるつもりです。踏み抜きは、おっしゃるとおり、平坦な所で調子づいたときにやってしまいましたね。ただ、今朝になったら腫れが急にひきまして、足をついて歩けるようになりました。もしかしてただの打撲?などとも思っております。

きりんこ

No title
ハルパパさん、お疲れさまでした♪
この度はたいへんご心配をおかけしました。今日の様子だと、思ったよりも回復は早そうなので、次は花の時期にでもご一緒してください。

きりんこ

No title
アキ爺さん、お疲れさまでした♪
負傷については、私の不注意ですからお気になさらないでください。急な下りを終えた後の平坦地だったので、気が緩んでしまったのでしょう。明日の大佐飛は無理ですが、今回は去年ほどの重傷ではなさそうなので、すぐに回復すると思います。

きりんこ

No title
akiさん、ありがとうございます♪
男鹿岳を最後に残したのは、アキ爺さんの完登に合わせるためでした。快適に登れる時期が限られるだけに、最後に残ってしまったのでしょう。除雪後の方が歩行距離は短くてすみますが、あまり遅いと藪が出てくるでしょうから、スキーでしたらできるだけ早い時期の方がいいかもです。

ぐっちゃん

No title
同行出来なかったのは心残りですが”栃100完登”おめでとうございました。

しばらくは養生してまた新たな目標に向かって頑張ってください。

きりんこ

No title
ぐっちゃん、ありがとうございます♪
ご一緒できず本当に残念でした。
怪我の方は、思ったよりも軽傷なようです。
すぐに復活しますので、またご一緒してください♪
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive