2014年4月27日 鳴虫山古道ルートで喧騒を離れアカヤシオを堪能

2014年4月27日、鳴虫山へ
アカヤシオが見頃となるこの時期、鳴虫山の一般登山道は登山者で大賑わいとなります。
 
そこで、現在はほとんど歩く人もいない中曽根から鳴虫山へ登り、合峰から金谷ホテルへ下るルートを歩くことにしました。予想通り、一般登山道と合流したところでは大勢の登山者がいましたが、一般道から離れるとほとんど人に会わず(下りのルートで1組の団体さんとすれ違っただけでした)静かに満開のアカヤシオを堪能することができました。
 
 

登り始めは退屈な植林地が続きます
 
 
 

30分くらい歩くと視界が開け、日光連山が一望できます。
この一本の松の木、正面の下山ルートからも目立っていました。
 
 

これはムラサキヤシオ?
 
 
 

岩屋観音
 
 
 

一般登山道が近づくと、アカヤシオの木が多くなってきました。
 
 
 

カタクリもポツポツと咲いていました。
 
 
 

鳴虫山頂のアカヤシオもちょうど見ごろでした。
 
 
 

合峰からは、憾満ガ淵へのルートと別れて尾根を右に入り、銭沢不動尊へ下りるルートを進みます。
 
 
 

 こちらのルートもアカヤシオのトンネルが続きます。
 
 
 

 気生ノ宿手前の石祠
 
 
 

気生ノ宿
 
 
 

 改修工事中の輪王寺とその奥に外山を見ながら下って行きます。
 
 
 

金谷ホテルのシロヤシオが満開でした。
 
 
 

金谷ホテルの一画にある星の宿跡
 
スポンサーサイト



コメント

みー猫

No title
こんばんは。
背景が青空だと映えますが、
自分のと違い過ぎです(笑)
技術の違いかなぁ?
みー猫

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
気分の問題もあるかもしれませんが、
やっぱり青空だと写真も映えるのでしょう。
実際、山頂付近のアカヤシオは濃い色で写真以上にきれいでした。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive