2014年5月18日 郡界尾根~後袈裟丸山~六林班峠~銀山平(その1)

 男鹿岳で栃木百名山を一通り完登し、2巡目はできるだけそれそれの山の(写真的に)一番いいと思わる時期に(もちろん独断ですが)歩こうと思っています。そのことは4月の花瓶山から意識しており、ここ数回の山行はほとんどアカヤシオの見頃に合わせて行先を選んでいます。そしてもう一つは、細切れでもいいので、県境を少しずつつないでいきたいと思っています。
 今回は、その両方の条件を満たすルートとして、銀山平に自転車をデポし、沢入トンネル~二子山~袈裟丸連峰~六林班峠~銀山平への縦走を計画しました。計画段階で気がかりだったのは残雪の具合でして、袈裟丸~六林班は適度に雪があれば藪こぎの労力が減らせますが、あまり雪がありすぎると六林班~庚申山荘までのトラバース道が危険かなということでした。
 ちょっと長め+藪ありのコースなので、14時間くらいはかかるだろうと目算し、3時歩き始めの予定で1時に目覚ましをセットしましたがやっぱり無理でした。。。2度寝してしまい気が付くと3時半ヾ(;´Д`●)ノ
 急いで計画を練り直し、この日はアキ爺さんとnekonomoriさんが前袈裟丸山南東尾根~後袈裟丸山~郡界尾根登山口を縦走すると聞いていたため、身勝手を承知で急遽アキ爺さんへ連絡し、郡界尾根登山口まで車で乗せていただき、そこから歩きはじめることで大幅にルート短縮することにしました。一応、六林班から銀山平へ下山予定ですが、天候や体調によっては二子山から沢入トンネルに下山してもいいように、当初の予定と同じく、銀山平に自転車をデポし、車は沢入トンネルの入り口に駐車し、そこから郡界尾根登山口までアキ爺さんに送っていただきました。
 
6:00、郡界尾根登山口を出発。歩き始めてすぐ、トウゴクミツバツツジのトンネルをくぐります。
先が長いのでデジ一は出しませんでした。

 
 
 
前袈裟丸、後袈裟丸を右前方に見ながら登って行きます。朝のうちは雲が多く、風も強かったです。

 
 
 
標高1500m付近の石祠がある辺りでは、シャクナゲが咲き始めていました。

 
 
 
標高1500m~1600mくらいでアカヤシオが見頃でした。時間を気にしながらも、30~40分くらい撮影に夢中になってしまいました。

 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 標高を上げていくと、背後に富士山がくっきりと見えました♪

 
 
赤城山 
 
 
 
8:15、後袈裟丸山に着きました(その2へ)

 
スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
初めてお邪魔しますネ。先日は,コメありがとうございました。へっぽこ滝屋の瀑泉です。
当初計画を拝見して,これまたすごい計画だなぁ~と感心してしまいました。正直,マイカー利用で袈裟丸連峰を縦走するにはどうしたら良いかと考えていたのですが,ナルホドその手がありますか。
とはいえ,これはきりんこさんだから出来る話で,常人の体力では,トテモトテモ無理ですワ(笑)。
18日は,アキ爺様もご一緒でしたか。やはり,青空が一番ですネ。

きりんこ

No title
瀑泉さん、ご訪問&コメントありがとうございます♪
これからは沢歩きにいい季節になりますね♪
当初計画は、さすがに自分でも欲張りすぎだったと思います。
アキ爺さんのおかげで、かなり楽をさせてもらいました♪
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive