2014年5月25日 銅親水公園~中倉山~庚申山~塔の峰~舟石峠

5/25は2週連続の足尾詣でに行って参りました。
コースは銅親水公園~中倉山~庚申山~塔の峰~舟石峠で、当初は舟石峠に自転車をデポして単独で歩く予定でしたが、偶然にもぐっちゃん、アキ爺さんもほぼ同じルートを歩かれるとのことでしたので、ご一緒することにしました。
今回のコース、ネットで調べると最近は皆さんよく歩かれているようで、今では一般コース(一部はそうでないが)と言ってもいいのかもしれませんが、この周辺を初めて歩く自分にとっては、足尾の真髄の一旦を垣間見ることができ、また多くの発見もあって、今後の楽しみがさらに増えたように感じました。また、偶然足尾のRRさんとお会いすることもでき、多くのお話をお聞きすることができて収穫の多い一日となりました。ただ、今回は雨こそ降られなかったものの、霞がかかってしまい写真的には残念な条件でしたので、また季節を変え、あるいは来年以後も同じ時期に撮影を目的に通ってみたいと思います。
 
 
中倉山への登りは、ポピュラーな仁田元川林道の最奥からとしましたが、相当多くの人が歩かれるのでしょう、登山道なみの踏み跡でした。この日は蒸し暑く、水は4リットル持ちましたが、順調に消費していきます。
稜線に出たころでツツジと奥に塔の峰。 

 
 
トウゴクミツバとオロ山、庚申山、塔の峰

 
 
中倉山頂

 
  
通称孤高のブナ。今回はこんな写真しか撮れませんでしたが、このブナだけを目的に通ってもいいですね。

 
 
 

 
 
沢入山にて。煙害の爪痕が痛々しいですね。

 
 
アカヤシオがまだ咲いていました。今年は今日で見納めかな?

 
 
沢入山の北の鞍部で、仁田元川を詰めてきたというお二人が休憩中でした。

 
 
1682Pの南側を巻く途中にて。たくましく生きるダケカンバ

 
 
一方で命果てた木の根

 
 
オロ山への登りは、目印が目障りなほどあり、それをたどれば藪こぎなしで山頂に至りますが、さすがに興醒めですね。

 
 
 

 
オロ山から先は多少ヤブっぽくなりますが、鹿道が縦横にあり、笹の丈も短いので歩行に差し障りはありませんが、さっそくマダニが付着。他のお二人には付かないのになぜ私だけ…
 
ここからの皇海山はカッコいいですね~

 
 
何と表現したらいいのか

 
 
庚申山への最後の登り返しは笹の丈が少し高くなりますが、樹林と笹のヘリを歩けばストレスなく進めます。ところどころに残雪もあり利用しました。

 
  
庚申山手前で登山道に出たほうが早いと思い、左へ折れて登山道に合流しましたが、逆に大回りすることになってしまい、結果的にはまっすぐ山頂へ向かってしまったほうが早かったかもしれません(1、2分の差でしょうが)。

 
山頂で休憩していると、足尾のRRさんが上がってこられました。朝、駐車場でそれらしい人がいるとは思いながらも声をかけませんでしたが、やはりご本人でした。今日歩かれたルートやオススメのルートなど、いろいろ教えていただきました。
庚申山を後にして、ふたたび笹薮を下っていきます。RRさんとは塔の峰まで抜きつ抜かれつをしながら進みました。
 
最初の鞍部ではアカヤシオが盛りで、しばらく撮影タイム。天然芝生の台地で、幕営するには最高の場所でしょうね。

 
無理やり奥に袈裟丸連峰を入れたけど目立たない…

 
 
 

 
 
塔の峰でRRさんと談笑しながら大休止。たそがれさんの山名板も確認しましたよ。

 
カラマツの新緑が綺麗でした

 
この先で我々は舟石峠方面、RRさんは熊ノ平手前から仁田元川林道終点方面へと別れました。
ここからの花の回廊は見事で、標高を下げるにつれ、シャクナゲ、トウゴクミツバ、シロヤシオ、ヤマツツジと変化が楽しめます。

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
熊ノ平で舟石新道と合流

 
新道はヤマツツジ街道でした♪

 
忠実に新道をたどって舟石峠近くの鳥獣観察舎の前に着き、ゴールです。

 
 
ルートマップです。

この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び基盤地図情報を使用した。
(承認番号 平成24情使、 第617号)
 
スポンサーサイト



コメント

アキjiiji

No title
お世話になりました♪
お蔭様でなんとか歩きとおすことができました♪
ルートマップを盗んでしまいました!お許し下さい♪

ぶなじろう

No title
今晩は。
屈強のお三人ならではの、周回ですねぇ~。感心しきりです。
数年前に歩いた時は、庚申~オロは鹿道も見えず笹藪でビチョビチョになった記憶があります。だいぶ様子が変わったのかなぁ?

ぐっちゃん

No title
お疲れ様でした。
往路と復路と違った”味”を楽しめて満足でした。

それにしても見事な記事&写真なので、ここまで詳細だと後追いが増えそうで心配です(笑)

みー猫

No title
こんばんわ。
塔の峰がちょうどよい具合だったですね、お天気が残念でしたがそれでも絵になる場所ですね。自分もこの日3人組みで、出かけましたがマダニに食いつかれしまいました。他の2人は大丈夫だったのですけど・・・きりんこさんはよほどおいしいみたいだから、ヤブの時は御一緒おねがいしたいですね(笑)お疲れ様でした。
みー猫

きりんこ

No title
アキ爺さん、こちらこそお世話になりました♪
足尾の魅力が凝縮され、充実したコースでしたね♪
ルートマップ、ご自由にお使いください♪

きりんこ

No title
ぶなじろうさん、おはようございます♪
3人だから歩けたところもあるように思います。
確かに、オロ山~庚申山は鹿道を拾うのも困難ではありますが、オロ山手前に関しては登山道なみでしたね。テープもあまりにも多すぎるのでぐっちゃんと一緒に回収しましたよ。

きりんこ

No title
ぐっちゃん、お疲れさまでした♪
私もますます足尾にはまりそうです♪
気分がよくなっていいことばかり書きすぎましたが、
そこらへんにも配慮しなければなりませんね。

きりんこ

No title
みー猫さん、おはようございます♪
大佐飛山、お疲れさまでした。この時期に、とてもまねできませんよ。
この日は標高が変わるごとにいろんな花が見れてラッキーでした♪
みー猫さんはマダニに食いつかれて大丈夫だったのですか?本当に勘弁願いたいところですね~

雪田爺

No title
はじめまして 皆さんの健脚、写真の素晴らしさを時々拝見させていただいてます.いつも、見事ですね~
オロ山以下、天候はイマイチの様でやや残念だったでしょうが、それでも充分手応えがあったと思います.
”何と表現したらよいか・・・”の樹木、皆さんの一週間前に歩いた時も、面白い木だな~と半分癒されながら通りました.
アキ爺さんの所にはオロ山と沢入山の山名板が新設されてますね.私が歩いた時はどちらにもなかったのですが、、、
又、寄らせていただこうと思いますが、宜しくお願いいたします.

きりんこ

No title
雪田爺さん、ご訪問&コメントありがとうございます♪
私の方こそ、予てより雪田爺さんの滝や沢のレポートは随分参考にさせていただいております。この場を借りてお礼申し上げます(調子よすぎですね(^_^;))
あらためてHP拝見しましたが、ここのところあまりにも似たようなところを歩かれているようで、驚きました。
今回は確かに写真的にお天気は残念でしたが、この界隈、これからハマりそうです♪
2枚の山名版、確かに新しいとは思いましたが、ここ数日の間につけられたのですね。でもちょっと雑な作りでしたので、すぐに飛ばされちゃうかな~と感じました。
こちらこそ、今後ともいろいろお世話になるかと思います。よろしくお願いいたします<m(__)m>

たそがれオヤジ

No title
記事の確認、遅れてしまいました。失礼しました。
まさか、立て続けに足尾に行かれるとは思いもしませんでした。
随分とあっさりと歩かれたようですね。私の場合、かなりの長文になってしまいますよ。
山名板のご確認、ありがとうございます。まだ元気のようですね。作った当人は、腰痛で山どころではない落ち込みだったのですが。まだ回復してもいませんよ。
足尾のRRさんにお会いになりましたか。きっと、相変わらずのスタイルでしょう。あの方、日曜日限定のお歩きです。
庚申山にいたということは、大方、銀峯経由ではなかったのでしょうか。
ツツジ、まだ残っていたのですね。

足尾のRR

No title
こんにちは。先日はつまらない話に長々とお付き合い申し訳ありませんでした。
庚申山でお会いした時、実は半分メゲテいたのですがおかげで塔の峰迄行くことができました。
自分は山登り=足尾ですのでまたお会い した時は一声かけて下さい。(自分、結構シャイな上に人の顔を覚えるのが超苦手なのでこちらからはあまり声をかけられません。)

きりんこ

No title
たそがれさん、ご丁寧にコメントありがとうございます。
今回歩いてみて、ますます足尾の魅力にとりつかれてしまいました(笑)
たそがれさんからすれば、目をつぶっても歩けるコースですよね。
腰痛をお持ちでしたか。私も一時、腰痛で山歩きができない時がありましたので、辛さはよくわかります。どうぞお大事になさってください。
RRさんからは貴重な話をたくさんお聞きしました。私も銀峯経由と思い、「銀峯」ですか?とお聞きしましたが違いました。私がバラしてしまうのもなんですが、先日たそがれさんブログのコメントにあった、あの尾根を早速上がってきたそうです。
ツツジは全種類見られましたので、ツツジ見物には実はこの時期が一番いいのかもしれませんね。
明日もお休みなので、懸案だった餅ヶ瀬川支流から中袈裟、県境を周回予定でおります。

きりんこ

No title
足尾のRRさん、ご訪問&コメントありがとうございます♪
以前からお名前は存じ上げておりましたので、お会い出来て本当にラッキーだと思いました。いろいろお話をお聞きして、ますます歩きたいところが増えてしまいましたよ(笑)しばらくは足尾に集中することになりそうですので、きっとまたお会いすることもあるかと思います。これからもいろいろ教えてくださいね(私もシャイですが、RRさんのスタイルはしっかり覚えましたよ(笑))
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive