2014年7月6日 雲竜渓谷~黒岩~天狗沢左岸尾根

2014年7月6日
天気:晴れ
メンバー:単独
コース:駐車地(3:00)~稲荷川工事用道路~雲竜渓谷(4:30~5:50)~黒岩(7:00~7:20)~天狗沢左岸尾根~稲荷川工事用道路(日向砂防ダム入り口付近)(8:00)~駐車地(8:40)
山行形態:バリエーションルート
 
 
昨日は家の用事で朝10までには帰宅しなければならないという制限がありました。天気予報はまずまずだったので、短時間で歩けるところを検討し、宿題の一つである黒岩ルートを探索することにしました。このコース、かつては登山道として使われていたのですが、崩落が激しく、現在では取りつきがわかりにくくなっているとのことで、ネットでも詳しい記録は見られません。2週間前に偵察にいったとき、数か所当たりを付けておいた場所があるため、そこを確かめに行ってきました。足回りは今回もスパ長です。
 
 
4:50、雲竜瀑の対岸からの景色。
今市、鹿沼方面は雲海が広がっていました。

 
 
 
雲竜瀑と内ノ外山、赤薙奥社方面

 
前回見当をつけておいた場所を手前から一つずつ確認していくことにします。まずは雲竜瀑が見えなくなるあたりに最初の場所があるので、まずはそこを上がってみましたが、30mくらい上がったところで岩壁に突き当たってしまいそこからはとても無理。岩の上には水量は少ないですが空中に水を撒くような滝がありました(画像はありません
)。一旦元に戻り、次の場所へ向かいます。地形図の「雲竜渓谷」と描かれた西側の尾根を北側に回り込んだところから行けそうなところがあったのですが、やはり30mほど登ったところで岩壁にぶつかり断念。この2か所で30分以上ロスしてしまいました。あとは前回登れそうに見えたところは1ヶ所しかありません。そこがだめなら今日は諦めて帰ろうと思いました。
 
 
前女峰のレッドバンドが見えてきました。手前が七滝尾根(足尾のRRさんに教えていただきました)。

 
 
 
レッドバンドをアップで。

 
 
 
さて、最後の取り付き場所なのですが、写真を撮るのを失念しておりました。なにせ、どこが正解かまったくわかりませんでしたから‥‥結果的にはそこが正解だったのですが。。。場所は、黒岩滝のやや上になりまして、黒岩滝へ行くには一旦ガレルンゼを下って滝の上流へ降りるのですが、そのガレルンゼを下りきらずに、途中で対岸に渡り小さな尾根(地形図には表されていません)を登ります。取り付きは、足元は崩れやすいですが鹿道があるので、然程危険はありません。あとは足元の岩が崩れないように体重をかける位置に注意しながら登って行けば、標高1620m付近の尾根に乗っかります。
 
尾根に上がったところで、昔の登山道の名残を見つけました。これを見つけるまでは、ここが正解という確証はありませんでした。ここから先、踏み跡が明瞭なところもあり、半分鹿道のようなところや崩れ落ちてしまったところもありました。

 
 
ここまで上がってしまえば一安心ですので、ゆっくり景色を楽しみながら先へ進みます。

 
 
 
標高1680m付近で展望が開けます。ここからだと次の宿題である七滝尾根へのルートが何となく見えてきます。
あそこも、あの一ヶ所だけだろうな~

 
 
これから向かう黒岩方面。ムムッ、かなり急に見えるけど丈夫でしょうかね~。手前は年々崩落が進んでいるようですが、これ以上崩落が進んで岩壁がむき出しになってしまったら、もうこのコースは歩けなくなるでしょうね。

 
 
 標高1730m付近より。やっぱり前方のこんもりは急ですね。旧登山道は、鹿道が縦横にあってよくわからないのですが、地形図では左に巻いたほうが緩そうなので、トラバース気味に左へ進みます。 

 
 
すると、何となく九十九折に道があるようなので、きっと旧道なのでしょう。不明瞭ではありますが、その踏み跡を辿って無事に最後の難所を越えることができました。
 
急登を登り終えると、標高1840mにこんなものがありました。気象観測施設で、平成24年に作られたそうです。

 
 
あと一登りで黒岩です。

 
 
無事黒岩に到着しました。短時間でしたが、達成感十分です。
登ってきた尾根を見下ろすと、さっきの気象観測施設も見えてます。

 
ここへ来てはじめて男体山が見えました。雲がかかりはじめているようです。

 
 
今市や鹿沼方面は相変わらず雲の下のようです。

 
時間に余裕があれば女峰山まで行きたいところですが、10時までに帰らなければならないので、さっさと下山します。下山ルートは以前にも歩いたことのある天狗沢左岸尾根としましたが、今思えば黒岩ルートを戻っておけばよかったかな~。いずれ下りで使いたいと思っているのですが、登りの景色はしっかり頭に入れましたが、下りだと景色が違いますからね~。
 
天狗沢左岸尾根は最近歩く人が増えたのでしょうか、前回歩いたときよりも踏み跡がはっきりしたような気がします。赤テープやらペンキもたくさんつけられていました。境界標も断続的に見られます。

 
 
1303Pの手前から工事用道路へ下りました。このルートも踏み跡明瞭、赤テープ多数ありです。日向砂防ダム入り口の100mほど西側に出ます。

 
 
稜線を振り返ると、すっかり雲に隠れてしまっていました。

 
あとは工事用道路を30分ほど歩いてゲート前の駐車地に戻りました。
 
 
ルートマップは削除しました。
スポンサーサイト



コメント

たそがれオヤジ

No title
こんにちは。こんなところ、スパ長で歩くとは恐れ入ります。私がいろいろと情報を聞いたジイサンもいつもスパ長だとはおっしゃっていましたが。
地形図を見ながら拝見いたしました。何となく、お歩きのルートは分かりますが、上はゲジゲジマークが続くようですね。手ごわいどころか、地形図見ただけで放棄ですよ。それ以前に、黒岩滝に至るまでが至難のワザです。
達成感ありですか。そりゃそうでしょうね。
行くこともないから参考までと申したいところですが、かなり気になり出しました。名残りのマークが消え失せるのも時間の問題でしょうしね。
しかし、そんなところに観測施設があるとはねぇ。

きりんこ

No title
たそがれさん、おはようございます。
岩場がほとんどなかったので、結果的に慣れたスパ長で正解でした。というより、たそがれさんがジイサンから聞いたというその話を鵜呑みにしてのことでした。
実は、黒岩滝までのルートはあまりにも簡単なので、安易に入る人が増えてもどうなのかと思い、あえて詳細を載せませんでした。しかしよく考えてみればあんなところへ行く物好きはそうはいないですかね(笑)たそがれさんも気になられるとのことですので公開してしまいますが、稲荷川工事用道路の終点まで行くと、その先まで作業道跡が続いています。標高1450m前後を保ちながら、黒岩滝の上まで続いており、最後は記事にも書いたガレルンゼに突き当たります。黒岩滝へ行くにはそのルンゼを七滝沢まで下りきりますが、黒岩ルートへ行くならルンゼを20mほど下って反対側の小尾根に乗り移るという具合です。参考までにルートマップを追加しておきますね(ちょうど、作業道の部分は岩壁の下なので軌跡が暴れてしまっていますが)。

たそがれオヤジ

No title
あれあれ、GPS軌跡出しちゃっていいんですか?
物好きとはいえ、虎視眈々の方、むっつりスケベと言いますか、そういう方、結構、いらっしゃいますよ。私もその口ですが。
ところで、やはりですね。冒頭の雲竜瀑の写真、どこから撮ったのか不思議だったのですよ。沢からのアングルでもなかったし。納得。

瀑泉

No title
物好きのむっつりスケベで,早速,画像を保存しちゃいましたヨ(笑)。
早朝からお疲れ様でした。にしても,危険な場所をあっさり歩かれてしまうあたり,さすがはきりんこさんですネ。
なるほど,道は黒岩から続くこの尾根上を通っていたわけですか。
実のところ,滝本の記述から遙拝石(鞍部)に抜けると思っていましたが,1840m付近にできた雨量観測施設は,道を利用してるでしょうから,黒岩に抜けていたでしょうネ。
行った際には,きりんこさんの後追いも良いなぁ~なんて思ってますが,果たしてうまく黒岩に抜けられるかなぁ・・・。
ところで,滝へは突き当たりのルンゼをそのまま降りてっちゃって良いんですか(しつこくて済みませんm(_ _ )m)?

きりんこ

No title
たそがれさん、こんばんは。
まぁ、どうしてもここを歩きたい方にとって少しでも参考になるのであれば、それはそれでいいでしょう。何があっても責任は負えませんけど。
この作業道から見た雲竜瀑、背景の山との組み合わせがお気に入りでして、秋の紅葉も素晴らしいところです。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
結局、ルート公開しちゃいました。
危険なところは無理せず、安全な所、安全な所と探しながら歩いていたら、自然と昔の道に導かれたようです。
観測施設は、おそらく物資も人もすべてヘリで運んだのではないでしょうか。上からでは遠すぎますし、下からでは危険すぎますから。
登りで使う分には、取り付き口さえわかってしまえば進退窮まるようなところはないので大丈夫でしょう。
滝へは、ルンゼをそのまま降りてください。最後の2~3mがちょっと嫌らしいので、七滝沢の上流に向かって斜めに降りると安全です(現地に行けば、自然とそこを歩くと思いますが)。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive