2014年7月24日 太郎山旧道と寒沢宿

今週はたまたま休みが続いており、本日もお休みでした。
今日も県北はあまり天気がよろしくないようで、行き先に思案した結果、
天候が悪化してもすぐ下山できるところで太郎山の旧道を歩くことにしました。
自宅を出たのが8時を過ぎ、歩行開始は9:40とかなり遅めの出発となりました。
 
太郎山の現在の新薙登山道は昭和55年に開削されたもので、それ以前はこの旧道が使われていました。
旧道途中に阿弥陀如来坐像(1877年)があり、この道がかつて三山掛けの登山道であったことを示しています。

 
この道は今もかすかに踏み跡が残っており、多少の倒木があるものの藪はなく快適に歩くことができます。途中、薙へ下降して溶岩滝の真下へ寄り道してきました。
旧道は溶岩滝の上で溶岩床を横切り、現在の登山道と合流します。
溶岩床より右から大真名子山、小真名子山、帝釈山

 
 
現登山道を少し登り、新薙の横断地点からそのまま薙を直登し、かつての拝所であったと思われる巨岩へ立ち寄りました。巨岩の下には大量の古銭があり、寛永通宝以外にも洪武通宝や永楽通宝、その他にも解読不能な渡来銭が数種類確認できました。ここで雨が降り出しました。

 
 
天気がよければ太郎山から寒沢薙左岸から寒沢宿へ下降する予定でしたが、雨のためあっさり中止。
でもせっかくなのでお花畑の先にある阿弥陀如来立像を見て引き返すことにしましょう。
 
巨岩の周辺ではハクサンシャクナゲが見ごろでした。

 
先ほどまで上からは見えていたお花畑もガスで見えなくなってしまいました。

 
 
 
阿弥陀如来立像

 
 
阿弥陀如来立像を撮影し、太郎山頂には行かずに下山しました。下山中も雨が降ったりやんだりしていましたが、徐々にやんでいる時間の方が長くなってきたため、寒沢宿に寄っていくことにしました。
 
久しぶりの寒沢宿訪問です。
やや雨脚が強くなってきたので、一通り撮影をして往路を戻ります。

 
寒沢宿から戻り、登山道に合流したところでザックカバーがずり落ちてしまったためそれを直して歩行再開しようとしたら、ストックがありません。今荷物を置いたときに近くに置いたのかと周囲を探しても見つかりません。寒沢宿で荷物と一緒に下したことは覚えているのですが、その後どこから持っていなかったのか思い出そうとしてもまったく思い出せません。まだ買ったばかりのストックなので、仕方なくもう一度寒沢宿へ戻ることにしました。しかし、寒沢宿の周辺にもストックは見当たらず、どこか途中で置き忘れたものと思われました。途中といっても、この道は踏み跡が不明瞭なところや交錯しているところが多くあり、倒木を避けながら歩いたりしているとなかなか同じところを辿ることが困難なところです。半分あきらめながらも周囲を注意しながら歩きましたが、結局見つけられず登山道に戻ってしまいました。ダメもとでもう一度最初に荷物をおろした場所を探してみると、何とあっさり見つかったではありませんか。雨に濡れたコメツガの幼木をかき分けて自分もずぶ濡れになりながら40分も探したのは何だったのか…これなら太郎山から寒沢薙左岸を下っても同じだったではないか等の思いもありましたが、まぁ、見つかったので良かったとしましょう。
 
スポンサーサイト



コメント

アキjiiji

No title
爺もそのうち旧道を歩こうと考えていましたが・・・・・
阿弥陀如来坐像(1877年)の大きさはどんなものでしたか?
阿弥陀如来立像は予想外に小さなものですよね♪
巨岩にも行ってみたいです♪

きりんこ

No title
アキ爺さん、こんばんは。
旧道は藪も薄く歩きやすいので、現在の登山道を歩くのと時間的にあまり変わりないようです。
坐像の大きさは、写真だと大きく見えてしまいますが、実際は50~60cmくらいです。立像はそれよりも小さいですよね。巨岩は私が歩いたルートよりも、一度登山道を登り切り、お花畑に降りる手前から東の藪に入ったほうが簡単のようです。

たそがれオヤジ

No title
ストック探しご苦労さまでした。意外とこういう見つかり方をするものですがね。
ところで、太郎山に旧道ですか?そんなのあったのですか?
寒沢宿と阿弥陀如来立像は見ていますが、阿弥陀如来坐像の方、気になります。50~60cmですか。いずれ…。
本日、きりんこさんご一行の後追いしてきましたよ。三本松ルート。暑かったなぁ。

雪田爺

No title
新品ストック、見つかって良かったですね.あきらめない気持ちが大事なのでしょう.寒沢宿、歩くかどうかは判りませんが、古銭などから当時は活況だった事が伺えます.小判があれば、探しに行くかもな~(笑)
私は過去に「天女・・・滝」でタムロンのマクロレンズを藪斜面の中に転がし落とした事があります.いくら探しても見つけられず、そのままです.その後何度か行くたびにそこら辺を探してみるのですが、何処へ転がったものやら・・・です(笑)

きりんこ

No title
たそがれさん、こんばんは。
ストック、見つかったときは「やっぱりね…」と思いましたよ。
この太郎山旧道は、日光修験の道ではなく三山掛けの道なのですが、実は7年前に職場の上司が歩き、その時に阿弥陀如来坐像や溶岩滝などを見つけたとの話を聞いてからずっと気になっていました。その後、烏ヶ森さんも歩かれ、ルートも公開なさっていますので、詳しくはそちらをご参照ください。また、池田正夫氏も昨年集中的に踏査され、ブログに掲載されています。
三本松ルート、今日はさすがに暑かったでしょうに、お疲れ様でした。またたそがれさん視点の記事が楽しみです。

きりんこ

No title
雪田爺さん、こんばんは。
ストック、新品じゃなければすぐにあきらめてたんですけどね。しかし、いつから持っていなかったか思い出せないなんて情けないですよ。そんな年ではないつもりですが、もうはじまっちゃったかな~(笑)
巨岩の場所は登山道のすぐ横なので、今度はスコップを持って大判小判を探してきますよ。全部私が持ち帰っちゃいますが(笑)
沢沿いで落とした物はなかなか見つかりませんね~。私も随分山や沢に貢いできましたが、一番大きいのは阿武隈川本沢で10万円以上入った財布を落としました(泣)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive