2014年9月23日 山王峠~太郎山~高山2峰~川俣(その2)

記事が前後してしまいましたが、23日の太郎山からの続きです。
 
昨日、一昨日の記録と打って変わって、超マニアック&地味な記録です(笑)
 
 
太郎山山頂から藪入りし、まずは寒沢薙のある東へ下りますが、混合林の中に何となく踏み跡のようなものが続いていて、藪を漕ぐようなところはありませんでした。
すると、数分で寒沢薙の上部にでました。写真は帝釈山北西尾根と三界岳の尾根です。

 
 
薙の上は歩きやすいのですが、あまり下ってしまうと予定の尾根から離れてしまうため、30~40mほど薙を下ったところ(標高2270m付近)で北東に向きを変え、左(北側)の藪に入ります。

 
 
この辺りも地図だと針葉樹のマークですが、雑木もあって藪も薄く歩きやすいです。

 
 
標高2210m付近で、地形図にもあるザレ斜面に出ました。熊野沢の源頭部分です。ちょうどこのザレ斜面が進行方向になるため、快適に下って行きます。

 
 
これから辿る尾根が一望できました。

 
 
 
一旦、林の中に入ると踏み跡?のようなところも。

 
 
標高2100m付近までは、ザレや藪の薄いところを選びながら下りましたが、
 
 
その先でいよいよ本格的な藪に突入

 
 
と思ったら藪は入り口だけで中はそうでもなかった。倒木が多少うるさい程度の針葉樹林でした。

 
標高2030m付近で、事前に一番警戒していた急斜面(崖)に着きました。一見無理そうなのですが、よく見ると尾根の右側の斜面は柔らかい土斜面で要所要所に立木もあり、巻いて行けそうです。試しに行ってみると傾斜も思ったほどではなく、ロープも使わずスムーズに巻くことができました。後から思うと核心はこの10mくらいの部分だけでした。

 
 
 木があるので危険は感じませんが、かなりの急斜面です。倒木と岩で歩きにくくなってきました。 

 
 
あとはしばらく同じような感じのところを歩きます。藪はほとんどありません。

 
 
1932P手前の鞍部

 
 
この先、景色に変化がなく、倒木がやや煩わしいだけの針葉樹林が続きます。古道の名残は確認できませんでした。つい、歩きやすいところを選んでいると方向感覚がなくなり、GPSをカンニングしまくりでした。
 
樹間に太郎山

 
 
少しやせた尾根ですが、危険はありません。

 
 
開けたところから、帝釈山と小真名子山。また青空になってきましたよ。

 
 
高山への登りは樹木がやや密ですが、歩行に支障はありません。

 
 
太郎山からちょうど2時間で高山2峰(1848.9m)三等三角点に到着しました。
ここから先の状況はまったくわからず、まだ距離も長いので一休みして先を急ぎます。

 
 
 
高山2峰から先は倒木が減り、だいぶ歩きやすくなりました。

 
 
川俣湖の手前がこれから歩き予定の稜線です。右側は逃げ場がなさそうですね。
標高1770m付近で向きを北北東から北北西に変えます。この辺りは地形がわかりにくいので要注意です。

 
 
大事沢の工事の音が響いていました。時々、山王林道からバイクの音も聞こえてきました。

 
 
尾根筋がはっきりしてきましたが、踏み跡らしきものはありませんでした。

 
 
標高1630m付近の最初の崖マークのところに着きました。確かにやせ尾根ですが、西側に巻き道(獣道)があるので問題なく通過できました。

 
 
やっと、背の高いシャクナゲ藪が出てきてちょっと嬉しくなったが、すぐに終わってしまう。 

 
 
標高1580m付近で崩壊地の上を通過します。左(西)側を問題なく歩けます。

 
 
標高1550m付近で、ようやく人工物を目にしました。

 
 
標高1500mの鞍部で植林地になりました。

 
 
作業道は最近も使われているようで、管理されている感じでした。道は尾根の西側を通っており、辿ってみることにしました。歩きやすくていいのですが、急に緊張感が解けてしまいました。この作業道と古道が一致しているかどうかはわかりません。

 
 
 
1518Pの西側で水がわき出ていました。恐らく飲めると思います。

 
笹が出てきたので足元を気にしてみると、案の定マダニが着きはじめた。払っても数歩歩くとまた着いているので気になって一気にペースダウン。注意していたにも関わらず、腰の辺りがチクッとしたので見てみると体長1cm近くある巨大マダニが吸血しようとしていました。飽血前の成虫でこんなにデカいのは初めて見ました。

 
 
 
作業道は、1470mピークの西側、標高1420m付近で2方向に別れました。左の方が明瞭で、そちらの方にテープが付いていましたが、おそらくそちらは西の尾根を辿って熊野沢の林道に降りてしまうと思われるため、右の道へ進みました。標高1400mの鞍部で再び作業道は尾根の西側へ続き、尾根の方にも踏み跡が見られましたが、作業道の方へ進みました。これが失敗で、道は尾根から離れてしまい、やはり熊野沢の方へどんどん下ってしまいました。1350mあたりから尾根をトラバースするように予定の方向へ復帰しました。尾根に復帰しましたが、踏み跡はなくなってしまいました。さきほどの踏み跡は1291Pの方から続いていたのでしょう。しかし今回は予定通り、その西隣の尾根(赤鬚沢右岸尾根)を歩きました。
 
 
標高1120m付近で突然遊歩道の周回コースに合流しました。こんなのがあるなんて知りませんでしたが、テープや赤ペンキなど、一気ににぎやかになりました。失礼ながら、利用する人がいるのでしょうか。ちょっと様子を見ようと、まずは左(西)の道へ進んでみましたが、赤鬚沢の方に下ってしまいそうなので一旦戻り、次は反対側(東)を辿ってみました。

 
 
すると、瀧尾山だそうです。それらしいピークはないのですが。更に道を進みましたが、予定の下山地点よりも東に向かってしまう(おそらく墓地の方へ続いている)ため、途中に作業道のような道を見つけ、西へ向かいました。

 
 
ほどなく、神社の裏手に出ました。ここが古道の入り口だったのではないかと推測しています。

 
 
 

 
 
 神社の名前はわかりませんでした。 

 
 
 お世話になった公民館の駐車場に戻りました。

 
取り壊し中の旧川俣小中学校。公園を作るそうです。

 
あとは山王峠にとめた原付を回収し、いろは坂経由で帰宅します。
山王林道より、右が太郎山、左のピークが高山2峰。

 
 
山王峠(7:34)~太郎山(10:20)~1932P(11:25)~高山2峰(12:20)~1518P西側(13:35)~川俣地区自治公民館(14:50)
 
 
ルートマップです(太郎山から北側のみ)

この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び基盤地図情報を使用した。
(承認番号 平成24情使、 第617号)
スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
変わらずの,ロングルート&読図山行お疲れ様でした。
大事沢の滝への興味も少しはあるので,寒沢宿から先は気になっておりましたが,意外と開けた地形ですネ。
さすがに川俣まで歩くことは無さそうですが,このルート,高山2峰を過ぎ崩壊地を過ぎると,その先は稜線を外して左側の作業道(古道?)を歩くようになるんですか。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
大事沢の滝は私も気になってはいるのですが、いつになるでしょうか。寒沢宿から先、大事沢の源頭付近は絶壁に囲まれていて、地形も複雑そうですね。一応以前から考えているのは、野門から入って富士見峠へのルート途中から滝付近に降り、そこから大事沢を詰めて富士見峠~帝釈山~北西尾根(元吉新道という旧道があったところです)を周回しようと思っています。
高山2峰から先、標高1500mからは稜線を外して道がありましたが、そういえば私の上司が高山2峰の西側にも作業道があったと言っていたのを思い出しました。もしかすると、それもつながっているのかもしれませんね。

みー猫

No title
こんばんわ。
きりんこさんにかかるとあっさりだったんでしょう(笑)・・・最後の入り口らしき神社の感じが良いですね、いつか覗きに行ってみます。ただしまずは高山2だけになるかと思いますが。作業道があるとは意外です。お疲れ様でした。
みー猫

きりんこ

No title
みー猫さん、おはようございます。
予想よりも藪が少なく、また下りを基調にして楽をしたため、あっさりだったのだと思います。登りだったら違った印象になったかもしれませんね。神社は、今も地元の方に大切にされているようでいい雰囲気でしたよ。もし歩かれることがありましたら、ぜひみー猫さんらしい周回ルートであっと驚かせてください(笑)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive