2014年12月7日 加蘇鉱山

昨日、ブロ友のCopperhead/むうたさんと、加蘇鉱山を探検してきました。
 
今年の8月に加蘇鉱山へ偵察に行き、いずれ中を探検してみたいと思いながらも、一人で暗闇の坑内を歩くのは躊躇してしまい、つい先延ばしになっていたところへありがたいことにCopperhead/むうたさんから同行のお誘いをいただきました。Copperhead/むうたさんはすでに2度中に入られており、安心してお供させていただくことに。
Copperhead/むうたさんとしては坑内の完全map作成が目的でしたが、実際奥に行くほど道が複雑に入り組んでおり、しかも水深が深いので、今回は全容をつかむことができず、消化不良だったかもしれませんね。
私はちょっとの洞窟探検気分を味わうことと、ネットで見た青い水たまりの写真が撮れれば目的達成でしたので、十分満足することができました。
 

 
 
 
 

 
 

 
スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
へ~こんな青い水溜りが在るんですか(驚)。
とはいえ,この手の廃隧道や洞窟類は大の苦手でして,写真だけで十分満足ですヨ。

Космическая пыль

No title
きりんこさん、この度は本当にありがとうございました(^^)

渡れないであろうと思えた水没地帯にある朽木が使えてその先に地下水路があるとはと驚愕しましたし、胴長の便利さが良くわかりましたヽ(´ー`)ノ
更に、完全制覇は多数の枝分かれや上下の取り付き降下無理な構成を見て、諦めがつきました

ガラケー&デジカメだけで現場行ったぜ記念撮影しかしていなかった私にとって、きりんこさんの撮影現場を拝見して、カメラは奥深いなぁ~と思いましたし。

来年、スキルUPにきりんこさんの歩かれた山や滝に挑戦してみます←ストーカーむうたです(苦笑)

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
坑内は至る所水没しており、場所によってこんな色のところもありました。ただ、体にはあまりよろしくない物質が含まれていると思います。フェルトの胴長で挑んだのですが、接着剤が化学反応を起こして両足のフェルトがはがれてしまいましたから。
こういうところ、私も決して得意ではなく怖いもの見たさでしたが、一人ではなかったので奥まで入れたようなもんですよ。

きりんこ

No title
むうたさん、こんにちは&お世話になりました♪
胴長、便利ですが万が一身長以上の深さのところにドボンすると水が浸入して出られなくなるので、一人だと使わないか、あの丸太を渡ったりはしないでしょうね。
完全制覇は危険も伴いますし、難しそうですね。適当なところで諦めるのが無難でしょう。
カメラの沼にはまるといろんな意味で大変ですから、足を踏み入れないように忠告いたしますよ(笑)
私が行ったようなところ、むうたさんの趣向に合うかどうかわかりませんが、危険なところもありますので、無理せず楽しんでいただければと思います♪
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive