2014年12月9日 男体山

休みの予定の日に仕事が入ってしまい、勤務変更で今日急遽休みをもらいました。
夜中のライブカメラで那須か日光が晴れていれば冬用の靴とアイゼン・ワカンの慣らしに雪山へ、そうでなければ足尾にでも行こうかと考えましたが、朝5時のライブカメラを見ると那須も日光も晴れているものの、那須は雪が少なく霧氷や岩氷も期待できないように見えたため、目的地を日光白根山と決めました。コースは現地に行ってから考えるつもりで、とりあえず金精峠を目指しました。湯ノ湖までは道路に雪はありませんでしたが、金精道路に入るとすぐに積雪があり、冬タイヤが必要です。
 
金精道路より金精山。思ったほど木々に雪が着いていなかったです。

 
 
 
男体山と湯ノ湖

 
 
金精トンネル手前より金精山。せっかく車をとめたので、ここから歩こうかと思ったら、奥の方から雲が流れてくるのが気になりました。ここからだと雲の規模がわからないのですが、ガスにまかれて展望が楽しめないのもつまらないので、とりあず湯本まで戻り、雲の様子を確認することにしました。

 
湯本まで下りて、しばらく五色山稜線の雲の様子を眺めていましたが、どうやらまとまった雲ではないようなので、湯本~中尾根経由~五色山~前白根山~スキー場~湯本にコースを変更し、準備を整え7:50に歩行開始しました。
 
すると、歩き始めた途端、いやーな雲が急速に流れてきました。一気に堰を切った感じです。

 
 
これじゃあ、行っても何にも見えず雪中行軍にしかならないので、またまた予定変更。こんな気象条件でも比較的晴れやすい男体山へ行くことにしました。先月行ったばかりですけどね。
 
約20分かけて志津に到着。他県ナンバーの車が1台あり、中に人が乗っていました。志津林道は全体に積雪がありましたが、圧雪で二駆のスタッドレスでも問題ありませんでした。もう歩く準備はできているので、車をとめてすぐ、8:15に志津を出発です。必要ないと思いましたが、ワカンとピッケルもザックに括り付けたまま歩きました。アイゼンは足元が滑りはじめてから履くことにします。
 
歩き始めてすぐ、振り返って大真名子山。このあたりの積雪は5~10cm程度でした。

 
 
下から見ると、男体山の上の方に霧氷のようなものがびっしり着いているのが見えます。出発時間が遅かったので、霧氷に陽にあたって落ちてしまうのが心配で前半はとばしましたが、汗をかかないようにだけ注意しました。昨日も天気が良かったですし、日曜日も人が入ったようですから、山頂までトレースがありました。
 
約1時間で8合目に到着しました。ちょっととばしすぎたかな。期待に反し、この辺りは前回来たときよりも霧氷が少ないというか、まったくありませんでした。雪は20cm程度ですが、締まって歩きやすく、滑ることもないので結局アイゼンはまだ着けていません。

 
やはり白根方面はスッポリ雲に覆われてますね。なんだかこっちにも雲が流れているようですけど…

 
山頂周辺は真っ白ですね。期待しましょう♪

 
 
ようやく、それなりの霧氷(逆光で見るとキラキラ輝いていたので雨氷?)が現れたので撮影。実は、この写真を撮る前まで30分くらい太陽が雲に隠れてしまい、粘ってやっと撮影しました。気温はマイナス10℃以下、風も10m以上ありましたから寒かったですよ~。今回は寒さへの順応も目的のひとつですから、いいんです。

 
 
あら~、曇っちゃいましたよ。

 
霧氷というか、雪がモッサリ着いています。

 
山頂付近より、樹氷と中禅寺湖

 
中倉尾根も真っ白ですね。あの北側の尾根も候補にありましたが、行かなくて正解でした。

 
山頂付近でも30分以上晴れるのを待ちましたが、なかなか思うようになりません。

 
 

 
たまに青空が見えるのを狙って撮影。

 
 
でも、晴れるどころか天候は悪化傾向のようです。雪も降り始めました。もう諦めて下山しましょ。

 
例の法則発動?移動しはじめるとこうなる。

 
 
でもこれが最後の青空でしたね。

 
9合目で最後の青空が見られたので10分ほど撮影し、カメラをしまって今度こそ下山です。アイゼンを着けるのが面倒だし、壺足のほうが滑りながら下りると楽なので結局最後まで履きませんでした(人様にはおすすめしません。雪の下が凍結しているところもあり、危険ですから必ずアイゼン装着してくださいね)。ついでにワカンもピッケルも使用せず。着用訓練のはずが。。。結局タイムトライアルに挑戦している始末で、9合目から40分で志津乗越に到着。お天気に弄ばれましたが、白根山に行くよりはましだったかな?だったら最初から男体山に登っていれば晴れているうちに山頂に立てたのに…なんて考えちゃいけない。
朝の車も既になく、最後まで誰にも会うことはありませんでした。
 
 
帰路、三本松駐車場より男体山。本格的に雪が降り始めていました。この後、いろは坂の下あたりまで、小雪が舞っていました。

スポンサーサイト



コメント

ケン

No title
3日に行ってきました。
湯元から、白根山へ・・・樹氷が綺麗・・でも冷たかった。
朝方は晴れていたのですが、途中真っ白で、下山したら晴れ・・・。
ケン

きりんこ

No title
ケンさん、こんばんわ。
記事拝見しました。樹氷、綺麗ですね~。私もあんな樹氷が見たかったです。3日は私も白根山も考えましたが、さすがにあの風の予想では怖気づいちゃいましたよ。足尾も、朝は晴れで昼前後に曇り、午後晴れましたね。この時期は天気予報もあてにならず、読みが難しいですよね。

aki

No title
男体山も雪は少なめですね~。
ただ、冬型の気圧配置の時は、那須や白根山より晴天率が高いので、男体山は貴重ですよね~。
ただ、除雪されていない志津林道は、プリウスでは怖くて行けないんです~。。。。

たそがれオヤジ

No title
この時期に、結果的にタイムトライアルですか。
寒さへの順応とはいっても、どうも、冬が早々とやって来た感じで、私なんか、すんなりと順応しそうもありませんよ。
中倉尾根は真っ白ですね。あれでは、北側からの登りは無謀かもしれませんね。

きりんこ

No title
akiさん、こんにちは。
先週末降った割には奥日光も雪が少なかったですね。その分、私の車でも志津まで入れたのもありますが。
男体山は晴天率が高いし、危険なところも少ないので、冬行き先に困ったときにちょうどいいですね。

きりんこ

No title
たそがれさん、こんにちは。
そんない長くない下りなので、汗をかいても構わないと思って試してみました。というより、滑りながら降りるので、少し早いくらいのペースの方が膝に負担なく歩けた感じでした。
私は厳冬期の景色が好きなので早めに寒さに順応しておきたいのですが、本格的な雪山をやらないのであれば耐寒訓練なんて必要ないでしょうね。
中倉尾根、あの雪じゃあ、さすがに無謀ですよね。今年中にというのは諦めましたよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive