2012年11月25日 安戸山・弥太郎山・若見山・新湯富士山

今日は霧氷の撮影にでも行こうと思っていましたが、候補がありすぎて行き先が決まらず、
うだうだと考えているうちに朝7時になってしまい、予定を変更して塩原の山を歩いてきました。
栃木百名山の4座を片付けましたが、すべて登山口から一般登山道での山頂ピストンです。
 
 

                   まず最初に安戸山に行きましたが、特筆すべきこともないため山頂の写真のみです。
        木々の間から那須連山や黒滝山、日留賀岳、高原山など見えますが写真にはなりません。
        やはりこの山は花の時期に歩く山のようです。
 
 
 

次に弥太郎山に向かいました。写真は塩那道路の小曲のヘアピンカーブと高原山です。
今日塩原の山を選んだのは、塩那道路が今月末で通行止になることも理由の一つでした。
 
 

高原山の山頂付近、特に鶏頂山の北斜面は霧氷が着いていました。今からでは遅いと諦めてしまいましたが、結局夕方まで霧氷は残っていました。
 
 

日光方面
 
 
 

これから登る弥太郎山
 
 
 

土平のゲートの奥には霧氷の着いた長者岳が見えました。
土平駐車場には先客の車が1台だけ止まっていました(途中、そのご夫婦とすれ違いました)。
 
 

弥太郎山への登山道(巡視路)はほとんどがカラマツ林の中です。急斜面はつづら折りになっており、山頂まで笹は刈り払われ、大きい段差や石が露出しているところもなく、MTBでのダウンヒルには最適だと思います。
 
 

         9号鉄塔です。たまたまですが、今日は鉄塔の下を何度も歩きました。ここからの展望も良く、
         高原山や日光連山、真っ白な会津駒ヶ岳など見えました。
 
 

9号鉄塔から8号鉄塔までは、平坦な道が続きます。
 
 

8合鉄塔からの眺望。日留賀岳と長者岳には霧氷が着いていました。
 
 

正面にこれから向かう弥太郎山。
 
 

弥太郎山山頂。帰りは往路を戻りますが、あまりにも歩きやすい道なので25分で駐車地に着いてしまいました。
 
 
 

本日3座目は若見山です。
若見山はイワウチワの時期に何度か撮影で歩いていますが、山頂まで行った記憶がないため行っておくことにしました。
 

はじめのうちは杉の植林が続きます。
 
 

18号鉄塔が近づくと広葉樹林に変わります。明るく気持ちよいですが、落ち葉で足元が滑りやすいです。
 
 

         18号鉄塔を過ぎ、やせ尾根をしばらく行くと踊るような枝のブナの木があります。
         ここが山頂への道と17号鉄塔への巡視路の分岐です。分岐の目印はなく、道も落ち葉で
         隠れていたため行くときは気がつかずに直進しました。
 

若見山への直登ルートから見えた桃の木峠方面。
 
 
 

 若見山山頂。山名板が7つもありました。
 
 
 

下山は17合鉄塔を回っていきました。途中、気持ちのいいブナ林の中を歩きます。
写真は、若見山を振り返って撮影。
 
 

          17号鉄塔です。あまり展望はよろしくありませんでした。
          あとは少し戻って巻道の巡視路で往路に戻りました。
 
 

 本日の最後、新湯富士山に向かいます。
大沼の手前の農地から、今日歩いた安戸山、弥太郎山、若見山のすべてが見えました。
 
 
 

 富士山登山口
 
 

          約20分で看板のある山頂に到着しますが、本当の山頂はここではありません。
 
 

          本当の山頂の三角点と祠
 
 
夕方まで日留賀岳や高原山には霧氷が残っており、やっぱり行っておけば良かったと思いましたが
後の祭りでした。両山には今年の厳冬期に挑戦しようと思います。
スポンサーサイト



コメント

aki

No title
1つのエリアとはいえ1日4山とは凄いです。
自分は3山がやっとです。
山頂板多いのは気になりますね。うちの山岳会の理事長は、やたら山頂板を設置する某山岳会に申し入れしたようです。

きりんこ

No title
akiさん、こんばんは♪
一度にたくさん歩けばいいってもんじゃないんですけど、涼しい時期ですし、カメラ機材がない分、荷物の重さも普段の1/4もないので、ついガツガツ歩いてしまいました。といっても、実際の歩行時間はトータルで5時間程度なんですよ。
先日歩いた宝生山もそうでしたが、山頂板が多いのは私も気になります。なんだか興醒めしてしまいますよね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive