2015年1月28日 歌ヶ浜~半月山~社山~大日尾根

そんなわけで、とりあえず中禅寺湖南岸尾根あたりでも歩こうということで、歌が浜までやってきました。この日は駐車場前のしぶき氷はまったくありませんでした。



白根山は雪雲がかかって見えません。




これから歩く(かもしれない)社山と大日尾根に朝日が当たっていました。


車をスカイラインゲート前に移動し、出発の準備をします。ゲート前には車が一台とまっていました。今のところ、中禅寺湖周辺は晴れていますが、今日は冬型が強まる予報で、いつ雪雲に覆われるかわからないので、展望を楽しむならできるだけ早く南岸尾根に上がれるルートを思案しながら中禅寺湖畔の歩道へ進みました(7:30)。



湖畔の歩道は除雪されていましたが、凍結している箇所もあり、注意して歩きます。




イタリア大使館先の桟橋跡で氷を撮影。


その先の尾根(狸山北尾根)から上がろうかとも思いましたが、思ったよりも雪が少なく、せっかくスノーシューを持ってきたのであえて雪が多いところを歩こうと思い、その先の沢(名称不明)から半月山第一駐車場に上がるルートを選びました。



スノーシューを装着し、ハードシェルを脱ぎ、ここから沢沿いに登りました。




沢筋なので、雪崩や、積み重なった岩の隙間での踏み抜きなどに十分注意し、登れない滝があったときには安全な尾根に逃げられるよう、常に周囲を確認しながら進んでいきました。傾斜は地形図通りで、はじめのうちは緩やかですが、徐々に急になっていきます。予想通り雪が吹きだまっていましたが、スノーシューで脛程度の沈み込みなので雪遊びにはちょうどいい感じです。場所によっては表面が半クラストしているところもあり、そのようなところは非常に歩きやすいです。



振り返ると八丁出島が見えました。




沢幅が狭まってくると、両側から小さな雪崩の跡が続いていました。ただ、雪が斜面に積もる前に下に落ちてくるので、もし雪崩の直撃を受けてもダメージはなさそうなのでそのまま沢を詰めていきました。




第一駐車場の柵や街灯が見え出したあたり、標高差にして残り100mくらいから更に傾斜が増し、場所によっては両腕を雪に突き刺しながら四足で登りました。面倒がらずにスノーシューからアイゼンに履き替えていればもっと楽に登れたと思います。この日一番の反省点ですね。



最後は駐車場の街灯のところに上がり、柵をまたいで駐車場に無事着きました。登り始めから約50分を要しました。やれやれ、予想以上に体力を消耗しましたが、ここから先は一般登山道なので気は楽です。







駐車場で撮影しながら休憩しますが、風が強くて(10m/s以上)寒いのですぐに半月山方面に向います。







駐車場から先、いくつかトレースがありましたが、つぼ足の方は深いところで膝上あたりまで潜っていました。前日雨が降ったのか、半クラスト状態だし自分はスノーシューなのでほとんど沈まずに歩くことができました。



白樺と青空がいい感じ。



夕日岳の向うには黒い雲が広がっていました。帰宅後知りましたがこの頃下界では雪が降っていたようです。今日は富士山も見ることができませんでしたが、当初予定していた安蘇の山のほうはよく晴れていましたね。まぁ、また今度ということで。



雪の落葉松林もまた美しい。



半月山の頂上は眺望がないので素通り。ここまで駐車地から2時間ですから、この時期としては早い方だと思います。



山頂から展望台までは鬱蒼とした針葉樹林の中を進みます。




誰もいない展望台でしばらく景色を楽しみます。相変わらず風は強く、白根山方面は大荒れになってきている様子。。。




社山から黒檜岳、大平山への稜線と右手前に中禅寺山。




松木沢方面。



赤倉山方面。




半月峠に少し下ったところにも、好展望地がありました。これから登り返す中禅寺山がよく見えます。

半月山展望台から先は雪が柔らかく脛くらいまで潜りますが、下りなので問題なし。スノーシューのままズボズボ下っていきます。



半月峠




中禅寺山への登り。トレースが続きます。雪質は再び半クラストなのでサクサク歩けます。



振り返ると半月山。




中禅寺山に着きました。天候が悪ければここから八丁出島に向かって北東尾根を下る案もあったのですが、風もまだ歩けないほど強くないし、まだまだ歩き足りないので、社山に向かって行けるところまで行ってみることにしました。



社山が近づいてきました。



ここからは男体山がよく見えました。




阿世潟峠と社山




阿世潟峠は雪がなく地面が露出していました。ここから、後半戦開始です。



阿世潟から先も雪があったりなかったり凍結していたりでしたが、スノーシューのまま登りました。




アンテナピークより社山を見上げる。




中央が大日尾根。ここから見ると雪はあまり多くないようです。




八丁出島




このあたりはトレースがはっきりしていましたが、



山頂が近づくと風でトレースは消えていました。雪も深くなってきました。




歩いてきた稜線を振り返る。写真ではわかりにくいですが、強風で地吹雪が舞っています。山頂まであと一息なので、もうちょっと進みましょう。




大日尾根がだいぶ下に見えるところまで上がってきました。風が強くなってきたので、山頂からピストンにするか、大日尾根を下るか、慎重に考えます。




ちょうど12時に山頂に着きました。風が唸りを上げていますが、樹林に遮られるのでしばらくお昼休憩をとりながら、この先のルートを考えます。風向きを観察していると真西から吹いているようなので、大日尾根を下り始めてしまえば尾根に遮られて風の影響が少ないだろうと予想し、大日尾根を下ることに決定。



山頂から少し先に行くと、ここは風がまともにあたります。




雪雲がこちらにも近づいているので少し急いで樹林帯を下って行きます。ここから先はノートレースでした。

樹林帯の下りは雪がふかふかで、スノーシューでも膝上まで潜りながら下りました。ここを登り返す気力はもうありません。



右端が大日尾根の下降点です。




鹿の御一行様




崩落地からの景色




大日尾根に上がりました。風が強い!




社山を振り返る




もう少し北に寄れば中禅寺湖を見下ろせる絶景ポイントなのですが、向かい風だし雪も深くて膝上まで潜るので今回はパス。


大日尾根の下り始めは雪がフカフカで膝上まで潜る状態が続きましたが、100mも下るとクラストで歩きやすくなり、風も予想通り弱まり、やっと緊張感から解放されました。



さっきまでの風が嘘のように穏やかになりました。




左が社山で右が大日尾根




トレースのない雪面を歩くのは気持ちいい~なんて余裕も出てくる。



サルノコシカケも健在でした。



シャクナゲの1557ピークで東へ向きを変え




標高1450mあたりから地面が見えだし、落ち葉で滑るのでスノーシューからアイゼンに履き替えました。



と思ったらまた雪が続いていました。




無事、南岸歩道に到着しました。社山から1時間40分かかりました。ここから阿世潟峠分岐まではほとんど雪に埋もれた一人分の古いトレースがあるのみでした。



大日尾根を振り返る




駐車地まではまだまだ遠いですが、阿世潟峠分岐からはトレースバッチリでした。




途中、流木に着いた氷を撮影。20分くらい日が差すのを待ちましたが雲が増える一方なのであきらめました。


15時に車に帰着。当初の予定とは異なりましたが、雪山にしてはそれなりに長い距離を歩くことができたので、とりあえずよしとしましょう。


ルートマップです。
この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び基盤地図情報を使用した。
(承認番号 平成24情使、 第617号)


スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
半月山から大日尾根歩きお疲れ様でした!
それにしても体力がありますネ。とても真似できませんヨ。
σ(^^)が歩いた時よりは,さすがに雪もありそうですが,社山の阿世潟側は風の影響なのか,相変わらず少ないですネ。
社山山頂の西側はノートレース,オマケにスノーシューで膝上ですか(汗)。
あの別天地からの雪景色を眺めたかったんですが,厳しそうですネェ。。。

みー猫

No title
こんばんわ。
相当に長くて深雪、強風にもかかわらずハイスピードですね。状況が良く分かり参考になりました。ワカンの活躍はまだのようですね。お疲れ様でした。
みー猫

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
今回は雪質が登りはクラストで下りがやわらかい雪でしたので、それほど体力がいらなかったのですよ。逆回りだと大日尾根の最後と社山の登りがラッセルになりますので、きつかったと思います。そんなわけですから、社山から大日尾根に下るルート取りでしたら、ワカンがあれば、あの別天地からの景色を見ることもできるのではないでしょうか。

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
今回は雪質の条件に恵まれたこともあって、長い距離を歩くことができたようなものです。新雪だったら一人では無理だったでしょうね。今回は雪の状態が読めなかったので、無難にスノーシューにしましたが、ワカンでも良かったと思います。そろそろ、ワカンの履きおろしをしたいと思っているのですが。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive