2012年11月28日 弥陀ヶ池周辺(日光白根山)

 昨日は、前日の各地のライブカメラ(特に男体山頂)を見ると霧氷が期待できそうでしたので、当日朝(夜中)の天気を見てから行き先を決めることにしました。
 候補としては那須、塩原の日留賀岳か高原山、日光であれば男体山か白根山を考えていましたが、朝2時のライブカメラを見ると那須は曇っていて日光は晴れていたため、安全策をとって日光に行くことにしました。
 ただ、男体山の積雪は期待したよりも少ない様子でしたので、先日断念した五色山と前白根山を目指すことにしました。 できれば白根隠山で日の出を迎えたかったのですが、自宅を出たのが3時になってしまい、たとえ雪が少なくても日の出までに稜線に上がるのは無理のため、弥陀ヶ池あたりで日の出を迎えることを目標にしました。
 この日の朝はこの冬一番の冷え込みとの予報で、戦場ヶ原通過時の車載外気温計はマイナス12℃を示していました。草木には霧氷が着いているようで、車のライトが当たるとキラキラ輝いていました。風もなく、この日は戦場ヶ原や小田代ヶ原でもいい写真が撮れたでしょう。
  菅沼駐車場には4時30分に到着しました。ここの気温もマイナス12℃でした。5時に歩きはじめましたが、登山口付近の積雪は10cmくらいあり、上に行くとかなりの積雪が予想されたため、最初からアイゼン+ワカンで歩き始めました。当然先行者はなく、自分でトレースをつけていきます。後から思うとこの装備は失敗で、標高2200mくらいまではほとんど積雪量が変わらず、しかも雪質がさらさらのためワカンの効果はなく、かえって歩きにくいだけでした。この時期は汗をかかないようにこまめな衣類の調整とペース配分が必要で、意識的にゆっくり歩きます。結局無雪期の倍近く時間がかかってしまい、弥陀ヶ池の手前で日が昇ってしまいました。温泉ヶ岳方面が赤く染まっていますが、霧氷は前回よりも少ない様子でした。
弥陀ヶ池の手前から急に積雪量が増え、膝上までのラッセルとなりました。弥陀ヶ池に着くと結構な風が吹いており、手袋を脱ぐとすぐに感覚がなくなってしまいます。既に日が高くなってしまい、白根山はオレンジ色に染まっていました。霧氷も期待外れで、前回よりもかなり少なめでしたが、寒くてカメラのセットをするのにも時間がかかり、ここで30分くらい費やしてしまいました。弥陀ヶ池の後は、五色山方面に向かいますが、五色沼と五色山の分岐まで行くと、前白根山から南側の稜線は完全に雲がかかってしまい、しかもかなりのスピードで雲が流れている様子が見えます。分岐で30分くらい写真を撮ったりして雲の様子を見ていましたが、ほとんど動きに変化がないため、とりあえず五色山方面に少し進んだところに行き、再び撮影をしていると、どんどん雲が広がってきてしまい、白根山も雲に隠れてしまいました。予報では午後から曇るとのことでしたが、天気の崩れが予報よりも早まってしまったようです。
 
 

弥陀ヶ池に着いたのは7時頃になってしまいました。
 
 
 

霧氷も、前回よりも少なめでした。しかも、近くで見てみると霧氷ではなく雨氷でした。
 
 
 

霧氷(雨氷)はたいしたことないので、光でカバーします。それができるのも朝早い時間だからこそです。
 
 
 

五色沼と五色山の分岐より。左奥のダケカンバを中心にいろいろアングルを変えて撮影しました。
 
 
 

 
 
 
 

雲が迫ってきます。
 
 
 

五色山方面に少し登ったところから
 
 
 

五色山方面は晴れていますが‥‥
 
 
 

五色沼方面はこの通りです。
 
 
 

あっという間に白根山も雲に隠れてしまいました。
 
 
 
この後も1時間くらい雲の様子を見ていましたが、晴れる気配が一向にないため、9時30分には下山開始してしまいました。
 
10時過ぎに駐車場に着いてしまったため、前日のライブカメラでは霧氷が良さそうだった男体山に登ろうと思いましたが、金精トンネルを抜けると男体山の上の方はすっぽりと雲の中でした。空全体も薄雲が広がってしまい、写真を撮る意欲がなくなってしまいました。
 
でも、帰るにはまだ時間が早すぎるため、写真がだめなら山歩きということで、この後は高山と外山、毘沙門山を歩いて帰りました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive