2015年2月11日 銅親水公園~大平山南西尾根~東南東尾根(その1)

昨日は穏やかな天気になる予報だったので、地味な山から再び一転して足尾の大平山へ行ってきました。冬の晴れた日は遠く離れた平地からでも大平山の一際白い稜線が目をひき、以前から憧れてはいたものの、さすがに雪が多く自分のレベルでは無理だろうな~と思っていました。ところが、先週、先々週と社山稜線から大平山の様子を遠望してみると、山頂付近を除けばほとんど雪がついていないのが確認でき、自分でも行けんじゃね?と思うようになり、早速実行することに。ルートは、小足沢大滝の氷瀑の遠望と冬期の皇海山の姿を間近に見たいため、南西尾根から上がり、できれば社山までつないで未踏の社山南東尾根を下るという欲張りな計画。記事のタイトルも「毎週水曜日は社山デー」のはずでした。。。この日は長丁場になるため未明に歩き始めたかったのですが、いつもの寝坊で6:30に銅親水公園駐車場に到着。祝日だというのに意外にも?他に車はなし。アイスの方もまだ誰も入っていないようだ。出発しようとすると、地図もGPSもプロトレック(高度計付)も家に忘れてしまったことに気づく。まずいな~・・・大平山南西尾根の登りは地図なしでも問題ないだろうが、社山南東尾根の地形は頭に入っていない。大平山の南南東尾根と南東尾根なら歩いたことがあるので大丈夫だし、東南東尾根もある程度頭に入っているので大丈夫だろう、とこの時点で社山まで歩く気持ちは既に半減してしまった。あとは大平山に到着した時間と雪の状態でどうするか考えることにしよう。

駐車場より。先週よりも気温は高く(マイナス3℃くらい)、風もまったくなし。
6:40、先週同様最初から長袖2枚だけで歩き始めた。



雪の量は、山も林道も先週より更に減っていた。みちくさの先まではまったく雪がなく、その先も圧雪状態で、自転車のタイヤ痕がいくつかあり。



この日はいつもに増して多くのシカを目にした(画像拡大可)。



中倉山に沈む月



朝からシカや月の写真ばかり撮っていたら林道終点まで50分もかかってしまった。




またシカ。この2頭は逃げようとせず、200mくらい一緒に歩いた。



丹平治沢



丹平治沢から徐々に積雪が増えるが、アイスの方のトレースがしっかりとついており、無雪期よりも歩きやすいくらいだ。この状況は川原に下りるところまで続いていた。




黒沢。まだ誰もいない。



8:25、南西尾根の取り付きは、昨年12月に1458Pから下ったときと同じところからとした。




この尾根の核心部は最初の50mくらいのところにあるやせ尾根の通過で、何ヶ所かザレ斜面を巻くところがある。アイゼンを履いてしまえば安心だが、まだアイゼンを履くほど雪もないので何も着けずに慎重に通過した。

細尾根を通過して振り返る



今回はなるべく早い段階から尾根に到達しようと、極力西へ向けて斜上していったつもりだったが、結局は前回とほとんど同じとろこを辿っていたようである。ただ、前回よりも皇海山方面の展望楽しみながら歩くことができた。この辺りでマダニが1匹スパッツにまとわりついているのを発見。こんな時期にもいるんだね~。







後ろを振り返ると、結構急だ。



相変わらず、威圧的な山容



はっきりとした尾根に乗ったところで、一つ目のケルン。



ケルンの場所で、本日の目的のひとつである小足沢大滝の氷瀑が見えた。朝のうちは晴れていたのに、いつの間にか高曇りになってしまった。風はないので歩く分には問題ないが、写真的にはやや残念。



氷瀑をアップで。



やっぱり、ここからの皇海山の勇姿は素晴らしい。



三俣山~シゲト山方面



雪は、尾根の東側に飛ばされており、尾根の上にはほとんどない。



あの木。



1458Pまであと少し。



10:00、1458Pに到着。前回気付かなかったが、ここにもケルンがあった。
これから目指す1765P方面は、ここまでよりは幾分白く見えるが、尾根の中央に雪がない状況は同様なのでまだツボ足のまま進む。



前回登ってきた枝尾根。



少しずつ青空が戻ってきた。



ところどころで凍結した急斜面があるが、鹿道がジグザグにあるのでそれを利用すると安全に歩ける。下りなら確実にアイゼンを着けるところだが、登りだと前爪が当たって歩きにくいのでまだ着けない。



オロ北台地と同じくらいの高さだろうか。



高度を上げるにつれ、オロ山や庚申山、塔の峰などの黒い山容が見えるようになる。松木沢もはるか眼下に白く光って見える。




1765Pが意外と遠い。写真を撮るのを忘れたが、2ヶ所程大岩が眼前に立ちふさがったが、一つ目は中央から、二つ目は右から鹿道を辿って巻いた。この画像の上の方に写っているのが二つ目の大岩かもしれない。



1765Pまであと少し。



11:00、1765Pに到着。ここから先はこれまでの景色とは一変し、雪庇の尾根が続いている。右に続く尾根は南東尾根。



雪庇の向こうに中倉尾根



南南東尾根の向こうに夕日岳。



樹林の下は雪が少ないようだが、どうせなら明るい尾根を歩きたいのでここでスノーシューを装着した。雪質はモナカ状態で、ツボ足だと膝上まで潜りそうだが、シューだとほとんど沈まず快適に登っていける。



樹林の中は雪が少ない。



標高1850mからは急斜面となり、雪もフカフカで膝くらいまで潜る。本日最も苦労した場所だ。



雪庇には注意






尾根が狭いところは雪庇を踏み抜く危険があるので西側の樹林を歩くところがあるが、地面がでこぼこしていたり木の枝が煩わしい。

雪庇と皇海山、鋸山。



庚申山の向こうに袈裟丸連峰も見えてきた。



標高1900m以上になると再び固めの雪質となり歩きやすくなる。空もすっかり青空が戻り、気分がいい。



白根山も望めた。



南東尾根と合流すると、半月山が見えてきた。空が霞んでしまったが肉眼で筑波山も確認できる。




こちらが南東尾根。




12:15、大平山山頂に到着。尾根取り付きから4時間近くかかってしまった。



思ったよりも画像が多くなってしまったので、その2に続きます。
スポンサーサイト



コメント

Космическая пыль

No title
お疲れ様です。

その鹿は、去年私がきりんこさんのブログを読んで行った鹿の墓場の沢にいた人懐こい鹿だっ!…と言う確証は全くなしですが、まま人懐こい動物っていますよね(笑)

そして、小足沢大滝には降下されなかったのですか?画像からして凍った滝は見事でしょうね!

あとすみません、道路状況を知りたいのですが、日光のいろは坂や中禅寺湖周りの道路、及び足尾の銅親水公園等の雪は無くなっている、もしくは除雪や溶ける粉撒かれて車が普通に走れる状態でしょうか?

何だか冬の西ノ湖とかカクレ滝を観たくなったのですが、ドノーマルタイヤのままでして

瀑泉

No title
1500m付近までツボ足でしたか(驚)。
それほど,この辺りは風が強いんでしょうネ。
最初は,社山南東尾根狙いだったんですか,あの崩壊地の冬はチョッと気になりますネ。
ところで,下山の東南東尾根,何処から林道に下りたのか少し詳し目にお願いしますヨ。まぁ,時季はまだ先ですが,いずれ歩く予定なので。

きりんこ

No title
むうたさん、こんにちは。
あのシカ、自分を仲間だと思ったのかそれとも存在感が薄かったのか、警戒心ゼロでした(笑)大滝に行くと、時間的にそれだけで終わってしまうので行きませんでしたよ。先週、先々週と行かれた方がいますが、想像通り立派な氷瀑のようです。この日みたいに好天の日に行くのはもったいないので、もう少し天気が微妙なときにでも行けたらと思っています。
道路は、この日の状態であればいろは坂も足尾も大丈夫でしょうが、状況は日々変わりますから、無理はしないほうがいいですよ。特にいろは坂は登りはじめてしまったら逆走できませんからね。日光市街からバスを利用するのも手だと思います。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
いやいや、もっと上の1765Pまでツボ足でしたよ。風が強いのと、ハゲ山なので雪も飛ばされてしまうのでしょうね。社山南東尾根の崩壊地、やはりこの時期は気になりますか。もし今冬リベンジする機会があれば、ご忠告に従い、せめて登りで様子をみてみることにいたします。
東南東尾根のルート、登りで使うのでしたら、尾根の取り付きだけクリアできればあとは上を目指すのみです。詳細はのちほどアップいたしますね。

Космическая пыль

No title
きりんこさん、ご回答ありがとうございます。

小足沢大滝、壮観でしょうね突撃したいのですが、コメリの長靴とトラック荷台の荷物固定ロープとパラコードで行くのは相当にヤヴァイ行為でしょうねf^_^;

また、中禅寺湖周辺には日光駅からバス利用を私も考え以前ガラケーで調べましたら、予約制とか書かれたサイトに飛んでしまい「あれ?普通に定期運行してなかったっけ」といぶかしんでおりましたが、今改めて調べましたら、定期運行しているサイトに行けました(笑)
きりんこさんのお陰でこんがらかった頭が戻りましたヽ(´ー`)ノ
ノーマルタイヤのライトエースは不安なのでバスをチョイスします。

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
小足沢大滝は、まずは無雪期に偵察に行ってからでないと間違いなくヤバイでしょ(笑)
そのサイトは、東武バスであれば間違いないです。鳴虫山の登山口あたりに車をとめて郷土センターから乗れば駐車料金もかかりませんよ。
ちなみに、以前路線バスを利用して中禅寺温泉から日光市街に縦走した記録です。

http://blogs.yahoo.co.jp/wtilk67/16743133.html

Космическая пыль

No title
はい、小足沢大滝は私のスキルを考えると雪のない時期の偵察からが手順ですね(笑)確実に、行って来ます→逝って来ますになりますね

駐車場ですが、一昨日から3月何日かまで郷土センター裏の510円Pが無料解放されてるので車ならそちらを利用しようかと。また、その時期を過ぎても今回の鳴虫山歩きで駐車スペースを見つけられたのもこの地域を散策するのに有効でした

バスは東武バスとありましたので確実ですね頂いたURLを拝見しまして、バス利用によるきりんこさんの鳴虫山までの長距離歩きも読ませて頂きました。

有用な情報、ありがとうございますm(__)m

きりんこ

No title
むうたさん、こんにちは。
近くの山だとなかなか自家用車以外考えつかないものですが、電車やバスを利用するとあっと思うようなコース取りができることがあって、地図をみながらいろんなコースを想像するのも楽しいものです。
冬のカクレ滝は写真でも見たことがないので興味はありますが、西ノ湖から先、雪が深そうですね。ご健闘をお祈りいたしますよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive