オロオソロシ沢の滝


まな板の滝を高巻きしてからオロオソロシ沢に下降するまでの詳細は、暑苦しい内容になるので割愛しまして、オロオソロシ沢の涼しい画像をお届けしましょう(笑)

オロオソロシ沢に下降した場所は、湯沢峠に続く登山道横断地点のすぐ上流でした。

温泉成分を含んでいるのか、この沢は赤い滑床が特徴です。自分が歩いたのは下の方だけでしたが、荒れているところもなく、前川大滝沢を小さくしたような感じでした。

F6①



F6②



中途半端に濡れているところはハイパーVだと滑るので慎重に歩きますが、F2まではロープも必要なく適当に巻きながら下っていきました。








F4


F4は右岸から巻いて下りました。

F3



短い距離に滝が連続して現れます。

F2



F2は左岸側から懸垂下降しました。

ここで突然土砂降りの雨が振り出しました。ここまで下ってしまうと登山道まで戻るよりもそのまま鬼怒川本流まで降りてしまった方が近く、すぐ下に本流が見えていましたがまだ増水している様子はなかったため、下降を続けることを選択しました。

F1



F1は手短に撮影し、急いで沢を下りました。雨足はますます強くなりましたが、鬼怒沼への登山道に上がってしまえばもう安心です。
手白沢温泉分岐からは電動自転車で林道を下るだけですが、路面がほとんど見えず、濁流と化していました。
約20分で駐車地に帰着してからもなお雨は降り続き、狭い車の中で着替えをすませ帰路に着きました。その後も雨雲と一緒に移動していたようで、家に着くまでずっと雨は降り続いていました(-_-;)
スポンサーサイト



コメント

瀑やん

No title
本当に素晴らしい沢ですね・・・。
なんてたって、色が最高です。
思わず歓声が出そうです。

瀑泉

No title
オロオソロシ,此処もいい加減行かないといけないんですけどネ。ヒナタを登ってから,放置の状態が続いてしまってますヨ。
ところでF4は,左岸より右岸巻きが良いですかネ。画像より立っていると思うし,直登は難しそうかな。。。
林道が濁流になるほどの雨とは,大変でした。
話は変わって,今日は記事を参考にさせていただき,御真仏薙に出かけたんですが,男体山のお祭りなのか,裏男体林道に入れなくて,ガッカリでしたヨ(涙)。

きりんこ

No title
瀑やん、こんばんは。
いろいろお忙しい中コメントありがとうございます。
ホント、魅力的な色ですよね♪次は天候の安定した日に再訪したいと思います。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
オロオソロシ、今回自分は下の方だけしか見てませんが、岩盤の色が実に美しくおススメいたしますよ。
F4は左側を直登できそうに思いましたが、岩がすべるかもしれませんね。巻くなら右岸側にガレた窪地があるので、そこが最も安全で楽だと思います。
御真仏薙は結局行けなかったということでしょうか。今日は登拝祭初日ですもんね。残念でしたね~。

Космическая пыль

No title
お疲れ様です。

この所、鬼怒沼に行こうかなと考え、本に載っている付近のカタカナの滝くらいは眺めてみたいと思っていました。
本にもありましたが、増水して道が無くなってしまうのですね。

懸垂降下とありますがきりんこさんもロープスキルお持ちなのですね。あると行動範囲が広がるスキルですよね。
私は鹿沼の岩山の鎖場の様にあれば利用する感じでして。
因みに、ロープスキルがあれば、雲竜渓谷の七滝を間近に観られる様になれるのでしょうか…。
間近で観たい滝No.1なのです。

私の場合、腹這い、または背付けでナイフを舵取りに突き刺して滑り落ちちゃうのですが、いつまでも怪我をしないと言えない行為です。最近では、宿坊堂山の「水」を降下し廃道に出て、赤岩滝への道に出る間に道が崩落していて、道幅が数十センチしか無かったので滑り降りましたが…途中から滑落になり、地図とコンパスが必要な事と同時に、ロープスキルあればより安全に近道行けたとゲンナリしました。

Wind Ripple

No title
これはやっぱり行かなければなりません。
岩が赤いからかな?ヒナタと違って本当に一連の滝群って感じが良いですね。
天気が悪くならなければもっとゆっくりしていたかったでしょうね。
しかし、最近の予報では安心して出かけられませんね。

きりんこ

No title
むうたさん、こんにちは。
奥鬼怒は滝の宝庫でもありますので、ぜひむうたさんにもおすすめいたしますよ♪
川の増水は甘く見ると本当に命を失いかねませんからね。今回は安全が確保される場所までの距離が短かったので強行してしまいました。
沢歩きにロープは必携です。ロープワークの中でも懸垂下降は基本ですし、安全に行動範囲が広げられますよ。ただ、雲竜の七滝は岩登りのスキルも必要になると思いますので、ロープだけだと厳しいかもしれませんね~。

きりんこ

No title
Wind Rippleさん、こんにちは。
見どころは、自分が歩いた部分(鬼怒川出合~登山道横断地点)のようですので、そこだけでしたらお手軽に楽しめるかと思います。短い距離に滝が連続しているのでまったく退屈を感じさせんよ♪
実は、雨が降らなければヒナタにも寄って行こうと思っていたのですが、さすがにそれは欲張りでしたね(笑)
この時期は行き先もそうですがエスケープにも気を使いますね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive