阿武隈川 南沢

8月9日、いつもの3人(魔法使いさん、ぐっちゃん、きりんこ)で阿武隈川源流へ。
南沢右俣を遡行し、白水沢左俣を下降しました。

数年前までは散々通った阿武隈川源流ですが、ここ数年めっきり訪問回数が減ってしまいました。とりわけ南沢は8年ぶりの訪問となり、前回まではフィルムでしか撮影していなかったため、デジタルでの撮影は今回がはじめてとなります。

ということで、まずは南沢の滝をご紹介いたします。

F1はセオリー通り右側から登りました。今回は下ろしたてのフェルト靴で遡行しましたが、南沢との相性がよく、フリクションバッチリで安心して遡行できました。
水量はこれまで見た中でも一番少ないくらいでした。




F2は前回までは右側に大きな流木が立てかかっていましたが、今回はきれいに無くなっていました。ここは水流右を直登しました。




F3は自分的にはこの沢で一番お気に入りの被写体です。前衛の小滝を入れて。



F3の正面より。落差は15mとされていますが、そこまではないかな?左の赤い岩盤が特徴的です。
ぐっちゃんは右側を直登しましたが、自分と魔法使いさんは右から巻きました。



F4行水の滝。霧が出てきてちょっといい雰囲気になりました。
ここは右から登りましたが、浮石が多いので注意が必要です。



F5は以前は8mくらいあったはずなのですが、土砂で埋まってしまい、4mくらいになっていました。左側から小さなホールドを利用して超えました。




F6岩戸滝。右側を快適に登れます。




F7も以前は3m・7mの2段でしたが、手前は土砂で埋まってしまい半分くらいになっていました。



F8は7mのナメ滝なのですが、流木で残念な姿でした。




F9、南沢最大の大滝(30m)です。



急に晴れてきました。


大滝は、以前は左側の草付きを登り、手も使わず簡単に滝上部へトラバースできたのですが、最近大規模な崩落があったようで、ホールドもスタンスもなく、あと一歩が出せませんでした。行けそうな気もしましたが、もし足を置いた岩が崩れたらただではすまないし、まさかこんなことになっているとは思わなかったので、ハーケンもハンマーも持って行かなかったので、悔しいですが右岸から巻くことにしました。すぐに巻きを決断できずに迷っていたため、30分くらい時間を費やしてしまいました。


大滝を巻き、その上のF10でこの沢の滝は終了です。



奥の二俣は直接甲子山頂に詰め上がる右に入り、最後は少しの藪を漕いで甲子山頂の少し西側登山道に飛び出しました。

スポンサーサイト



コメント

アキjiiji

No title
この時期、やっぱり沢は最高ですね♪
爺も気持ちは行きたいのですが体力に自信が無くて・・・・
今回もかなりハードだった様ですね♪
易しく体力的に楽な沢を計画したときには誘って下さい♪

魔法使い

No title
お疲れさまでした。
お陰様で今回も楽しい沢登りでした(^-^)v
単独とは違いバリエーションも増え益々単独じゃ出かけられなくなっちやいますね(笑)
まだまだ暑い日が続きそうです、新規開拓も含めまたよろしくお願いします。

瀑泉

No title
30m大滝も見たい気持ちが無いワケではないのですが,σ(^^)には,沢のレベルが高そうなので,皆さんのブログで楽しむだけにしておきましょう(笑)。
まぁ,仮に行くとしても,此処は上からかなぁ。。。

きりんこ

No title
アキ爺さん、こんにちは。
今回は写真よりも沢登りがメインでしたからね。もっと写真が楽しめそうな沢のときは、お誘いしますね♪

きりんこ

No title
魔法使いさん、お疲れ様でした。
きっと一人だと、またどこにも行かずに終わっていたと思いますが、ご一緒していただいたおかげで一日無駄にせずに済みました♪
久しぶりの南沢でしたが、だいぶ渓相が変わっていたので驚きましたし、沢とはそういうものなんだと再認識しました。
こう暑いと自分もしばらくは沢しか考えられませんよ。こちらこそ、またよろしくお願いします♪

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
瀑泉さんのレベルなら下からでも問題ないと思いますけどね~。核心はF2だと思いますが、できるだけ水流に近いところを登ると意外と難しくないんですよ。ただ、大滝は以前のようにフリーで登るのは不可能になってしまいましたね。巻いてしまえばいいだけですけれど。
確かに上からの方が簡単かもしれませんが、安定した立木に支点を求めるのでしたら、ロープは50mあったほうがいいと思いますよ。

ぐっちゃん

No title
お疲れ様でした。
大滝では石を落としてしまいスイマセンでした。

南沢は流木と土砂で荒れたところもありましたが、
登れる滝が十分多くて十分楽しめました。
白水沢はいずれ大白森沢と絡めて再訪したいですね。
次回もよろしくお願いします♪

きりんこ

No title
ぐっちゃん、お疲れさまでした。
石が落ちない方がおかしい状況でしたのに、自分の方が不注意でした。普段単独ばかりなので、いい勉強になりましたよ。
南沢は本沢と違って滝は登れるし、一里滝沢のような長いゴーロ歩きもないので、沢登りに人気があるのもうなずけますよね。
大白森沢も写真的にはおもしろい沢だと思います。水量の多いときに再訪しましょう♪
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive