2015年12月6日 足倉沢右俣~赤倉山~茨倉沢右俣

2015年12月6日(日)

銅親水公園(10:30)~足倉沢入渓(11:00)~1180m二俣(11:50)~1514m茨倉山(13:10)~赤倉山(13:35)~茨倉沢下降(13:45)~1090m二俣(14:05)~1015m二俣(14:15)~950m二俣(14:20)~久蔵沢林道(14:35)~銅親水公園(15:00)


 標高の高い山は風が強そうなので、安蘇の山でも歩くつもりでいたのですが、当日になるとハンターが気になってでかけられなくなってしまいました。ここのところ毎週このパターンが続いています。でもせっかく天気がいいので、禁猟区ならどこでもいいから(といっても、人がいない未踏ルート)を歩こうと行き先を思案し、出発時間も遅くなってしまったので短時間で歩けそうな足倉沢と茨倉沢を歩くことにしました。
 資料によると、両沢とも遡行価値の低いつまらない沢だということですが、むしろこんな時期でもお気軽に歩ける沢だとも解釈できまます。ただ、足倉沢本流の源頭は崩壊が著しく、とても普通に歩けるようには思えないため、今回は標高1180mの二俣を右へ行くことにしました。そのまま行けば茨倉山に詰め上がるので、その後はせっかくだから赤倉山まで行き、たそがれさんの山名板を拝み、少し戻って茨倉沢の右俣を下降する計画です。

 自宅を出るのが遅かったので、親水公園駐車場を出発したのは10時半になってしまいました。自宅を出る頃は快晴でしたが、徐々に南の方から雲が広がってしまいました。まぁ、天気予報通りですけどね。今日は沢歩きなので、足元はスパ長です。

11時過ぎに足倉沢出合に到着。この時期なので水は少ないですが、最初から渡渉を繰り返すのでスパ長で正解でした。



足倉沢に入ってすぐ、堰堤が二つ続けて現れます。どちらも右岸から巻きますが、二つ目はやや外傾した岩場を越えていくので油断禁物です。



堰堤を越えると少しの間単調なガレ沢が続きます。



ゴルジュっぽくなると、ちょっとした滝が懸かっていました。今日は三脚を持ってこなかったので、手持ちで限界までSSを落として撮影してます。



少し進むと再び滝が現れます。最上段は石積堰堤になっており、これが資料にある3段10mの滝でしょうか。



上部をカットして。



直登は無理そうなので、早々に巻道を探します。両岸とも行けそうなので、とりあえず左岸から巻いてみたところ、思ったよりもグズグズの斜面で立木も頼りなく、意外と緊張させられました。巻き終えて対岸を見ると黄色いペンキの跡があり、どうやらあちら側(右岸)が正解だったみたいです。



堰堤滝以降、しばらく単調なガレが続きます。水流も伏流して「もう終わりか?」と思ったらまた復活を繰り返します。時々、岩の上にスパイクのピンの跡があり、他にも自分と同じような人がいるみたいですね。



標高を上げていくと、数日前に降った雪が残っており、何となく気温も下がったかなぁと思っていると飛沫が凍っていました。やっぱり寒いんだ。



標高1180m二俣手前で石積みがありました。



入渓して50分くらいで標高1180m二俣に着きました。本流の左はガレ沢で伏流しており、右は短いですがナメになっています。ナメの突き当たりには5mくらいの滝も見えています。ここは予定通り右へ進みます。間違っても中間のあの尾根には乗ってはいけないでしょう。



出合のナメ



5m滝は左岸から巻きました。



ここから先、4mくらいの小さい滝が連続し、標高をかせいでいきます。濡れているところは凍っていて滑るので、無理に直登はせず、左右適当に巻きながら進みます。
夏場は滑りそうな草付きも、土が適度に凍っていて安定しているので、かえって安心して登ることができました。



こんなオブジェもいくつかありましたが、三脚を持ってこなかったことを後悔。















振り返ると、社山から大平山の稜線が見渡せるようになりました。



ここは水流右側を登れます。



徐々に源頭部の雰囲気になってきました。



まだ水は涸れません。ここは右岸から巻いたと思います。



同じような景色が続きますね。



標高1350m付近で、なんとなく先が藪っぽい感じがしたので(ちゃんと見なかったのですが)、右から巻くことにしました。



右へ行くと、こちらも藪っぽい急斜面になっていました。



歩きやすいところを選んで登って行くと、どんどん沢から離れてしまいました。戻って忠実に沢を詰めようか迷いましたが、稜線も近いのでそのまま斜面を登ることにしました。登ってきた斜面を振り返って撮影。



沢から離れて20分ほどで、茨倉山の西隣りのピークに着きました。



そしてすぐに茨倉山に到着です。



あとは明瞭な踏み跡を辿って赤倉山に向かいます。



皇海山方面。



夕日岳方面。



いい雰囲気です。振り返って撮影。



赤倉山まであと少し。



振り返って男体山、半月山。



そしてたそがれさんの山名板がある赤倉山。裏面のサインが他のものと違っていましたね。



無事に山名板を拝むこともできたので、休まず先へ行くことにします。一旦北峰に戻り、茨倉沢を目指して北西に下って行きます。はじめは沢の形はありませんが、



徐々に沢の形がはっきりしてきました。



傾斜もそれほどではなく、割と歩きやすいです。



こんな感じがしばらく続き、問題なく下って行けます。



あっという間に最初の二俣に着いてしまいました。ちょうどこの上あたりからチョロチョロ水が出てきました。



二俣のすぐ下で最初の人工物を発見。よく見ると沢も石積みの堰堤になっていました。



徐々に水が増えてきました。



見事な一本物です。こんなのがいくつか落ちてました。



二つ目の二俣です。右から下りてきました。



今度はコンクリートの堰堤です。



堰堤より下は、作業道跡が続いており、そちらを歩きました。沢はほとんど歩いていません。



簡易小屋の跡でしょうか。この下に堰堤があり、そのすぐ上が最後の二俣だと思うのですが、作業道跡を歩いていたので見えませんでした。



作業道跡は荒れておらず、歩きやすいです。



以前は橋があったのでしょうが、跡形もなくなっていました。せっかくなのでここで沢を渡って向こう側へ行ってみました。



すると、すぐに久蔵沢林道とぶつかりました。



 トータル4時間ほどのお散歩でしたが、誰にも会わず静かな歩きができたし、多少は気になっていた二つの沢を確かめることができ、それなりに満足でした。
 今回歩いた沢は、確かに遡行価値は低いですが、足倉沢は思ったよりも小滝が多く、それなりに沢登りの気分を味わえました。茨倉沢は、小滝すらなく、沢歩きの対象にはなりませんが、下部は作業道跡を歩くことができるし、上部は水流もなく足場も安定しているので、登山靴でも問題なく歩けそうです。といっても、よほどの物好きでもなければ何の面白みもない沢であることは確かです。
スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
日曜は,風も弱く絶好の日和だったので,雪山かと思ったら,沢でしたか(汗)。それも,足倉と茨倉とは。
足倉沢は,こんな感じでしたか。確かRRさんが遡ったような話は聞きましたが,まぁ,σ(^^)は,いいかなぁ~(笑)。茨倉沢は,水量も多いので期待はあったのですが,情報どおり滝無しでは・・・ただ,作業道があるなら登路としては良さそうですネ。
ちなみにこの日は,きりんこさんが歩かれた,尾出山~谷倉山を後追いさせていただきましたヨ。でも,とても6時間台なんて無理でした(汗)。

足尾のRR

No title
こんにちは。
足倉沢右俣はそんな感じでしたか。自分も少しだけ興味があったもので。
ちなみに間の尾根は松木周辺よりも岩がかなりボロい上にかなり長い垂直部分があるので取り付かなくて正解でしょう。無茶は事故の元です。そういう自分は先日、足尾以外の山で転落、足を骨折しちゃいました。これで3年連続遭難(泣)。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
日曜は、雪山は風が強い予報だったんですよ。実際、白根山あたりに行った方の記録を見ると、かなり風が強かったみたいです。
そんなわけで、本来なら安蘇の山を予定していたのですが、どうしてもハンターが気になってしまい、安全な山ならどこでもという感じで選んだ次第でした。
足倉も、茨倉も、遡行の対象として考えないほうがいいですね。茨倉沢は仰るとおり、登路、下降路としては使えますが、だったら左岸尾根のほうが開放的だし、やはり中途半端な沢ということになるでしょう。
瀑泉さんは尾出山から谷倉山でしたか。実は自分が予定してた安蘇の山というのは、谷倉山を含めたルートだったのですよ。予定通り行っていれば、お会いしていたかもしれませんね~。

きりんこ

No title
足尾のRRさん、こんにちは。
足倉沢、本流は自分にはハードすぎるので右俣に逃げたようなものですが、自分にはソコソコ楽しめましたよ。まぁ、RRさんには物足りないでしょうね。
中間の尾根は、どう見ても自分には無理ですよ。ただ、崖の上(標高1400mあたり)は平らで展望がよさそうなので、今度、上からそこまで行ってみようかなと思っています。
あらら、骨折とは大変じゃないですか。しかも3年連続とかサラっと書かれてるし。。。きっと驚異的な回復力で復活されるのでしょうが、とにかくお大事になさってくださいね。

たそがれオヤジ

No title
へぇ~、そんなルートもあるのかと感心いたしました。
自分レベルではそこそこ楽しめそうで、機会があったら、歩いてみることにいたしましょう。
山名板、健在のようでなによりです。
裏面のサインは製作時の気分ですので、たいして意味もなく、統一感はありませんよ。

きりんこ

No title
たそがれさん、こんにちは。
普段沢歩きをしているのでこんなルートも自然と思いつくのですが、沢登りを目的にすると期待を裏切られてしまうかもしれません。でも足倉沢の右俣は、最初から期待しなければ4m程度の小滝がいくつもあり、夏場は直登可能なものも多いので意外と楽しめるかもしれませんよ。茨倉沢は水の中をまったく歩かずに済むし、藪や崖などもないので、登・下降両方に使えますが、なんの変哲もない単調な沢でした。距離が短いので、退屈せずに済むのが救いかもしれませんが。
山名板、ご健在でしたよ。他のものもそうですが、ああいう渋い場所にはぴったりのデザインですね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive