2015年12月9日 湯元~奥白根山~白根隠山

2015年12月9日

湯元~外山鞍部~前白根山~避難小屋~奥白根山~2385P(西尾根)~白根隠山~前白根山~外山鞍部~湯元

 先週に続き、昨日も白根山周辺を歩いてきました。前白根山でモルゲンロートを撮影する計画でしたが、朝起きられずに1時間遅れの出発となり、そのまま遅れを取り戻せず外山鞍部で日の出の時間を迎えました。日曜日以降好天が続いており、その間入山者も多かったようで、終始トレースがあり、楽に歩くことができました(奥白根の急登開始まではツボ足で問題ありませんでした)。1週間前よりも雪が減っていて、前白根山あたりでは地面が露出しているところも多くありました。案の定、霧氷や樹氷はまったく見られず。避難小屋からは一般ルートで奥白根山に向かい、森林限界を超えたところではじめてアイゼンを装着しました。奥白根山頂に到着と同時に単独の男性2名とすれ違い、この日出会ったのは結局このお二方だけでした。この日は風も弱く穏やかな天候で、視界も良く富士山や北アルプス、新潟の山などが綺麗に見えていました。条件が良ければ2385Pあたりで夕景の撮影をしてから下山しようと思っていたため、山頂でゆっくり休憩し、その後もゆっくりと時間を調整しながら歩きました。2385Pへは、西尾根から直登することにしましたが、トレースから外れた途端、膝から腰までのラッセルとなったため、尾根に取り付く前にワカンに履き替えました。見た目通り緩やかで、この時期なので藪もなく、雰囲気のいい尾根でした。2385Pから、せっかくなので白根隠本峰まで行ってみました。数日前のトレースが一人分だけありまたしたが、ほとんど隠れていました。雪面は半クラストで踏み抜きが多いのでワカンのまま歩き続けました。白根隠山は幾分風が強いのですぐに引き返し、2385Pとの鞍部まで戻り、夕景撮影まで待つことにしたのですが、30分くらいすると西の空に薄雲がかかってしまい、このまま2時間以上待っても光がなければガッカリなので、見切りを付けて下山することに。外山鞍部からはアイゼンに履き替え、ガツガツ下って30分でリフトトップに到着。さらにゲレンデを20分ほど下って駐車地に戻りました。途中、周囲の山が夕陽に照らされ、更に車で戦場ヶ原を通過する頃には西の空が真っ赤に染まっていました。やっぱり最後まで粘っていればよかったか~。
























































スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive