2016年3月4日 横川~白滝沢右岸尾根~大佐飛山

今回の記録もヤマレコに詳細を掲載しましたので、そちらをご参照ください。
  ↓       ↓      ↓

先月に続き、大佐飛山に行ってきました。
前回は黒滝山方面からの表コースでしたので、今回は裏コースで横川から白滝沢右岸尾根経由としました。当初の案では、ひょうたん峠から先は雪の状況や時間、体力に応じ、(1)大佐飛山 (2)男鹿岳 (3)日留賀岳 (4)新鹿又岳(~北西尾根で下山)のいずれかを組み合わせるつもりでしたが、予想以上に新雪があり(30~40cm)、気温も上がって重ラッセルが続き、時間が足りず結果的に大佐飛山ピストンとなりました。出発がもう少し早ければ(4)くらいは行けたと思うのですが、前の晩遅くまでブログ記事を作成してたのがよくありませんでしたね。
それと、雪山だから花粉は大丈夫だろうと甘く見ていたのですが、とんでもないですね。13時間も外にいたのもありますが、思いっきり花粉を浴びてしまったようで、翌日も仕事になりませんでした。





















































































スポンサーサイト



コメント

みー猫

No title
こんばんわ。
きりんこさんは良い条件を呼び寄せるようです♪樹氷が綺麗です。ちょっと雪量が増したようで、安心しましたが、今後の気温の上昇は油断ならないですかね。大佐飛から塩那道路までの間は初めて行ったときに視界が不十分ながらも往復しましたが、確かに裏回廊ですね♪こんなに雪があっても花粉たいへんなんですか。お疲れ様でした。
みー猫

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
確かに今年に入ってからは条件のいい日に休みがぶつかってくれてます♪それなりに雪は増えたのですが、下山する頃には既に融けているのがわかりましたので、今後の天気次第ですね。みー猫さんの記録は今でも覚えていますが、今回のコースは少なからずその影響を受けていますので、たいへん感謝しております♪名無山からの景色はまた見たいと思えるものでしたので、きっと再訪することになると思います。これだけ条件のいい日であれば、花粉なんかガマンですね♪

サクラマス

No title
今シーズンは樹氷も見れずに終わってしまいそうです。素晴らしい雪景色を堪能されたようで何よりです。皆さん精力的にガッツリ歩いているのが凄いです。

瀑泉

No title
深雪の重ラッセルお疲れ様でした。
さすがに男鹿山塊の奥地だけあって,雪の量がハンパないですネ。
それに樹氷も綺麗だし,うらやましい限りですが,こんな処を歩こうものなら,間違いなく遭難しそうなので,画像だけ見て楽しまさせていただきますワ(笑)。

ふみふみぃ

No title
横川から大佐飛山、雪の季節に行くと帰ってこれなそうなので藪を掻き分けて無雪期にいつかと思いつつ駐車地をどこにいようかとか考えてます。
見る分にはトレースのない新雪歩くのは気持ち良さそうですが重ラッセルが続くとなれば実際はかなりきついんでしょうね。虫、熊、藪もなく樹氷や雪景色はすごく魅力的なんですが。
雪山でも花粉は飛んでいる、黒班山で私も体験してきました。こちらは四時間程度の歩きなので致命傷にはならずにすみましたが逃げ場がないですねこの季節。

きりんこ

No title
サクラマスさん、こんばんは。
自分は運に恵まれ、何度か樹氷を見ることができましたが、今シーズンはチャンスが少なかったですね~
でもまだ雨氷のチャンスはあるかもしれませんよ。
今年はいつ雪がなくなるかわからないので、ついガツガツ歩いちゃってます(笑)

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
今回は、先月の大佐飛よりもキツかったです~。でもどうにか生きて帰ってきました(笑)
というのはもちろん冗談で、一般ルートで日留賀岳あたりまで行けば十分男鹿山塊の雪景色を堪能できるはずですから、ぜひ挑戦してみてくださいよ。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
雪山は、場数を踏んで自分の力量が分かってくれば、徐々に奥に行けるようになるとは思います。たとえ重ラッセルでも、途中で引き返す分には、自分のトレースを辿りながら下るだけなので体力も消耗しませんからね。その点、アップダウンが多いほど計算が難しくなるとは思います。まぁ、ふみふみぃさんにはぜひ無雪期に男鹿山塊に挑んでほしい気はしますが(笑)
黒班山の辺りはカラマツ以外の植林が少なそうなので、花粉は大丈夫かと思いましたが飛んでいましたか。こうなると、薬に頼りながら歩くしかないですねぇ。

s16*****

No title
無名峰付近からの眺めは本当に素晴らしいですね。
自分も再訪したいと考えていますが、スノーシューであれ程埋まっては即引き返しです。
kirinkoさんのレポートは参考になりますが、ハードな修行は真似ができない。恐るべし。

きりんこ

No title
s16*****さん、こんばんは。
無名峰付近、特に1872m標高点の少し先からの眺めは最高でしたね。今回は大気が霞んでしまったので、すっきり晴れた日にぜひ再訪したいと思っています♪
自分もただ修行だけだと心が折れてしまいますが、素晴らしい景色がエネルギーになっているんでしょうね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive