赤薙山南東尾根

霧降高原レストハウスより、天空回廊と呼ばれる長~い階段を登っていると、つい前後の人が気になってハイペースになってしまいました。どうせ今日の登りは赤薙山で終わりだからと、山頂まで1時間を目標に歩いてみると、結果はぴったり1時間0分で到着しました。そして南東尾根で下山したのですが、ツツジが綺麗なのはさることながら、想像以上に素晴らしい眺望の尾根でした。あまりにも景色がいいので、登り1時間に対し、下りで3時間近くもかかってしまいました。ただ、この時期はどうしても大気が霞んでしまい、クリアーな写真が撮れなかったので、また秋や冬にも歩いてみたいと思いました。




赤薙山頂からの景色。手前が先週偵察したお山です。





南東尾根を下り始めると、立ち枯れ地帯がありました。

















隣の稜線をじっくり観察します。











ヒネリギ沢から、このガレ通しに上がってくるのは難しくなさそうです。





どうしてもあの部分が気になってしまいます。





日光市街を見下ろしながら歩きます。なかなかの高度感ですよ。





鹿道とは思えないような踏み跡が続いています。





ダケカンバの疎林もあって、いい雰囲気です。





急な笹の斜面を下ります。





ツツジを探しながら、ウロウロ。あそこまで降りるのは面倒だな。






こっちもいっぱい咲いてるねぇ。





向こうは、先ほど登った登山道のある稜線です。





広大な笹原。ダンボール持ってくればよかった。





シロと紫のツツジが出てきました。





そろそろツツジ地帯に突入です。











まさに、ツツジのトンネルをくぐりながら歩きました♪



スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
確かに段ボールで滑ったら爽快でしょうネ(笑)。
今回は,レストハウスまでバス利用ですか?

きりんこ

No title
瀑泉さん、おはようございます。
次は本当に持っていこうと思っとります(笑)尾根上部の景色もよかったのですが、個人的にはあの笹原がとても気に入りました。脛丈くらいなので、登りでも快適に歩けるだろうと思います。
確かに、スタートもゴールもバス停がすぐ近くにあるので、バス利用も考えたのですが、便数が少なく、時間にしばられたくないので、原付を利用しました。

サクラマス

No title
何処を歩いてもツツジに当たりそうで見つけるのには苦労しないことでしょう。ダンボール今度持ち歩いてみます(笑)笹原で滑る輩を見かけたら私と思ってください
(笑)

きりんこ

No title
サクラマスさん、おはようございます。
ホント、そこらじゅうツツジだらけなので、花の状態のいい株を探して、あっちへウロウロ、こっちへウロウロしてました。おっと、段ボール仲間ですね。今度、どっちが早いか競争しましょう(笑)

ふみふみぃ

No title
好奇心は猫をも殺すということで、きりんこさんの気になる部分から目をそらしながら記事を拝見しました(笑)。展望も日差しの強さも凄そうです。
中々立派な踏み跡ですね。いつも思いますがどれだけ通れば鹿道が完成するんでしょうね。笹が深い場所でも鹿道はモッコ平の登山道とかよりよっぽど歩きやすいように思えます。
ダンボールにのってツツジの塊にダイブしたいところですがツツジも自分もタダじゃすみませんね。ここは大人しくツツジトンネルを匍匐前進でしょうか。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、おはようございます。
石橋を叩きすぎて壊さないよう、虎視眈々と時期を狙っていこうと思います。これからの時期は日差しがきついので、やっぱり秋くらいになりそうですが。
尾根の細いところは鹿も歩く場所が決まってくるので、なおさら踏み跡が濃くなりますよね。モッコ平は歩く人が減ったこともあるし、尾根が広すぎて鹿も同じところを歩かないでしょうしね。でも、今回は尾根型のないツツジの斜面にも明瞭な踏み跡がありましたので、人工的なものも含まれているような気がいたしました。ですので、匍匐前進の必要もなく、登山道を歩く感覚でしたよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive