2016年7月17日 大源太川北沢~大源太山

今回は魔法使いさんにお誘いいただき、ぐっちゃん、私のいつもの3人で谷川岳エリアの大源太川北沢を遡行してきました。
今回の沢、前半は大きい滝はほとんどないのですが、岩がヌメッて非常に滑りやすく、見た目以上に神経を使い続けました。自分はフェルトなのでまだよかったですが、ラバーのお二人はかなり苦労されていました。
最後の詰めで予定よりも右に寄りすぎてしまい、藪をトラバースしてスラブ帯に抜けると、一面のお花畑となっていてご褒美をもらった気分でした。更に山頂からは360度の展望で、まるでアルプスの山に来ているような錯覚を覚えました。
天気予報だと雨も覚悟したのですが、降られたのはほんの一瞬だけだったし、下山中も曇っていたためあまり暑さを感じることなく、快適な歩きができました。


水不足を心配しましたが、2日前の雨の影響かほぼ平水といったところでした。




4条の滝は一番左を直登しましたが、いきなり全身ずぶぬれになってしまいました。
今回、デジ一は持参せず、すべてコンデジでの画像です。





ひとつひとつの滝が滑ってしょっぱい感じで、超えるのに時間がかかります。











沢が右に曲がるところにある8mくらいの滝。





大源太のまな板?





三俣。ここまで時間の割に標高も距離も進んでいません。





三俣は一番左の北沢を遡行します。





最上段落ち口より、七つ小屋沢の滝を振り返って。





水流が一気に減りました。





やっと標高を上げてきました。振り返って、苗場山方面。





チームニー滝は、右から巻いてしまいました。





少し進路に迷った後、スラブ帯に戻ると一面のお花畑に癒されます。









スラブ帯を振り返って。中央奥は万太郎山、右に仙ノ倉山、平標山











谷川岳方面。





ガスが上がってきました。これはこれで、雄大な感じです。





登山道と合流したところから、朝日岳、笠ヶ岳方面。




大源太山頂より、巻機山方面。



スポンサーサイト



コメント

魔法使い

No title
お疲れ様でした。
上越なのでもう少し滑床かと勝手に思ってたのでその辺は期待外れでしたが、滝も多く滑りながらも登れるし何よりスラブや山頂からの景色が気持ち良かったですね
天気にも何とか恵まれ楽しい沢登りだったと思います。
次は紅葉の頃上越の沢登りしたいですね

瀑泉

No title
お天気に騙されて,結局,土曜日の家族サービスだけで終わってしまいましたが,上越辺りでも天気はマズマズだったみたいですネ。
大源太川北沢もレベル的にはソコソコなんでしょうが,上越の沢はどうもレベルが高く感じられて・・・まぁ,憧れはしますが,単独で歩く沢でもないし,皆さんのブログで楽しむダケにしておきますヨ。

きりんこ

No title
魔法使いさん、お疲れ様でした。
私も、魔法使いさんが選んだ沢でしたので、癒し渓かと思っていましたが、なかなか緊張感のある遡行になりましたね。確かに、沢だけでなく、スラブのお花畑と山頂周辺からの眺望は想定外でしたので、総合的には十分満足でした。
紅葉時期はぜひ上越のナメ天で癒されたいですね♪

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
先週末、結局はまずまずのお天気でしたね。上越方面も、雨を覚悟ででかけましたが、沢歩きにはちょうどいいくらいのお天気でしたよ。瀑泉さんは山はお休みでしたか。
確かに、上越の沢は栃木の沢と違って、巻くに巻けない滝が多い気がしますね。自分も単独だったら不安で行けないと思いますが、心強い仲間のおかげで楽しませてもらっていますよ。

ふみふみぃ

No title
谷川岳周辺の沢、南西方面は吸血鬼が出ると聞いたのですが北の方は安全なんですね。沢自体は一人では安全じゃなさそうですが(笑)。
滝のスケール・展望等やはり地味沢とは違うなあ、一人で行ったら死ぬなと思いつつ読ませていただきました。
こういうの登れたらすごく楽しいんだろうなあとは思うのですが。
この近辺、巻機山-朝日岳稜線へと至るための地味沢はいずれ利用しようと思っており、でかい滝は見たい、でも死にそうな滝は出てきてほしくない、という複雑な思いです。
滝目的の方は地形図で大きな滝がありそうなとこを選ぶのでしょうが、私は地形図で大きな滝がなさそうな場所を選ぶスキルを磨こうと思っています。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
谷川岳周辺で吸血鬼が出ることは、帰ってから知りました。もう一つの大源太山あたりは結構でるみたいですね。今回の沢では大丈夫でしたが、奴らも勢力を広げていますから油断できないですね。
今回のような沢は自分も一人で行くことはないでしょうね。滝のスケールは地味沢とは比較になりませんが、リスクも格段に高いです。実は、難しい滝を登っても、自分はあまり楽しく感じないんですよ。素晴らしい滝を写真に撮れれればそれだけで満足なんです。やはり、沢屋ではなく写真屋なんでしょうね。
この界隈での地味沢探しというのも難しそうですね。どこかしらには難しい滝が隠れていそうで。尾根と違って、周囲から見ただけだと様子がわからないし、地形図に表されない滝やゴルジュがあったりするので、なかなか難しいかもしれませんよ。

mt_**ccojp

No title
仁田元沢~中倉尾根のレポートにコメントをした者です。
いやぁ懐かしい沢です。つい、(仕事中なのに^^)じっくり拝読しちゃいました。
実は、この大源太川北沢は、12年前にフリーで登っていて15m近く落ちた思い出の沢なんです。(一度、テラスに落ちてからグランドフォールでしたので骨2本で済みました。)
それから8年間沢から離れていて、4年前に「安全第一」で復活したんです。スミマセン、余りにも懐かしいので私事を書いてしまいました。

きりんこ

No title
Mt.Raccoさん、こんばんは。
お仕事中のコメントありがとうございます♪Mt.Raccoさんと違って、手抜きレポですみません(^_^;)
ここはMt.Raccoさんにとって、因縁の沢でしたか。15m近く落ちたということは、三俣の滝でしょうかね。今回、自分はどうにかフリーで超えましたが、万が一滑ったら滝の真下まで落ちるのは確実でしたから、かなり緊張しましたよ。
こんな手抜き記事でも、何か感じていただける方がいるのはうれしいことです。命あってのものですから、これからもお互い「安全第一」で沢を楽しみましょう♪

mt_**ccojp

No title
コメントありがとうございます。
はい、三俣の滝のリッジ部分です。滝側に落ちました。
その後、スラブ帯で豪雨・落雷に遭い、結局下山は21時過ぎでした・・・・参りました。

余談ですが、今週末、「御真仏薙」を考えています。
ひょっこり山頂に顔を出したら、山頂の皆さんは驚くでしょうね~^^

きりんこ

No title
Mt.Raccoさん、こんにちは。
やはりあそこでしたか。骨折後に雷雨とは、生きた心地がしなかったでしょうね。増水の心配がないスラブ帯にいただけ、まだましだったのでしょうけど。
おぉ、御真仏薙ですか。渇水のため、おそらく水は流れていないと思いますが、いずれの溶岩滝も、チャレンジするもよし、ダメなら巻けばよしなので、気楽に楽しめると思いますよ。最後の詰めは上から丸見えですから、意外と視線を気にしながらコソコソ山頂に上がるようになってしまうかもしれませんよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive