2016年7月24日 ウメコバ沢

 本日、ウメコバ沢を遡行して中倉尾根へ抜け、中倉山からジャンダルムの脇を通って下山しました。
 昨年、足尾のRRさんからウメコバ沢のルートを内緒でコメントをいただいていたのですが、ようやく行って参りました。いただいた情報通りに歩けたかどうかは微妙で、F3もF4も大きく巻きすぎた感じがしましたが、無事に二つの大滝を拝むことができました。情報をいただいた足尾のRRさんに感謝です。
 今回のルート(下山ルートも)については、申し訳ありませんが詳細はなしとさせていただきます。


F1は写真にならないので、F2から
今回は偵察くらいのつもりでしたので、三脚なしです。




F3。ここまでは簡単に行けました。水量は少な目ですね。




F3を高巻いて、F4。この上にも15mくらいの滝があり、合計50mとされています。
もう少し引いたところからだと、上の段も見えました。




左岸側の絶望的な光景。




F4と一緒にF5も高巻いてしまったようです。ナメ床の奥にF6。




F6は、4段で20mくらいありそうでした。




F6上の段。今回もハイパーVでしたが、岩がヌルヌルのため、この滝を超えるのが本日の核心でした。最上段はフェルトなら左の方が簡単そうなのですが、ハイパーVではとても無理なので右からシャワーで超えましたが、こちらもかなりスリリングでした。




F6で滝は終了。あとは水量の多い沢を選んで遡行していくと、苔むしていい雰囲気に。




最後は苔の間からの湧水となって水流は消えました。このすぐ上がトラバース道で、ヤブ漕ぎなしで合流できました。




スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
ウメコバ沢,行って来られましたか。
いやはや,全滝制覇とはさすがですネ。
せめてF3までは行ってみたいケド,今日の沢位でヘロヘロになっているようでは無理だなぁ~(涙)。

Wind Ripple

No title
同じような靴をはいて、ヌメの所では靴の上から軍足をはくと
安上がりに両方こなせるようです。ただ他の人にはなかなか
見せられないカッチョ悪さらしいですが(笑)

たそがれオヤジ

No title
ウメコバ沢ですか。前をいつも通っているのに、ウメコバ沢ってどこだっけと思ったくらいでしたよ。
いつも入口付近はうろうろして見上げるのですが、その先は関係なしでいつも通過しております。そんな世界でしたか。瀑泉さんと違って、やはり自分には他人事の世界ですね。
下りルートについては、いつか歩いてみようかなと思っているところなのですが。機会があったら秋にでも、ですかね。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
どうやら、F5をとばしてしまったみたいなんですよ。なので水量が多いときにまたリベンジしようと思っています。
おそらくF3まででしたら、あっさり行けると思いますよ。F3の高巻きも、自分は大きく巻きすぎたのかもしれませんが、逆にヤブ漕ぎ少々あるも危険個所はまったくなしでF4の滝つぼまでたどり着けました。ウメコバ沢遡行開始からF4の撮影終了まで、かなりゆっくりでも2時間程度でしたから、時間・体力的にも大したことはないと思います。F4から先になると、大高巻きや岩場のトラバース、ルンゼの下降などあってさすがにきつかったですが。ただ、F4の滝つぼでピストンだと少し物足りないかもしれませんね。もしピストンする場合は、F2とF1の下降はフィックスロープの状態だけは確認が必要です。
瀑泉さんもこの日は沢でしたか。どちらへ行かれたのか、レポを楽しみにしておりますよ。

きりんこ

No title
Wind Rippleさん、こんにちは。
なるほど、軍足ですか!靴の上からとなると、かなりの特大サイズが必要ですが、早速試してみます。情報ありがとうございます♪どうせ、人がいるようなところには行きませんから、カッコは気にしません♪

きりんこ

No title
たそがれオヤジさん、こんにちは。自分も、ウメコバ沢は上級者にのみ遡行が許される沢だと思っていました。しかし足尾のRRさんに安全ルートを教えていただき、ついその気になって行ってしまいました。まともに沢を歩いたのは大滝の上からでしたので、邪道と言われるかもしれませんが、二つの大滝を拝むことができただけでなく、沢を最後まで詰めることができたので十分満足しております。ただ、判断を誤ると進退窮まりそうなところも多くありましたから、暑くもないのに喉カラカラが続いていたのは事実です。そんな喉カラカラの険悪な下流部とは対照的に、上流部では苔むした沢が延々と続き、なんだか楽園に迷い込んだようでした。滝だけでなく、このギャップもこの沢の大きな魅力だと感じました。
下りのルート、最近ネットでチラホラ見るようになりましたね。下りだとルート選定が難しいかと思いましたが、下から何度も見上げてイメージしていたので予定通りのところを歩くことができました。ザレ場が続くので登りだと歩き難いかもしれませんが、とりあえず危険個所はすべて回避できました。

みー猫

No title
こんばんわ。
滝も素晴らしいですが、奥の苔生しが本物の楽園のようです。イメージは岩場でおしまいとばかり思ってましたので随分違うのですね。いいもの見させていただきました♪
みー猫

ふみふみぃ

No title
ルート詳細があるとうっかり行って死にそうなので伏せていただいてありがたいですね(笑)。
下流は荒々しい岩場な分見応えがある滝達ですね。ウメコバ沢、覗きこんだことがないのでこんなに水量あるんだと意外です。
上流が苔むしていい雰囲気になるのも意外です。この辺りに行った時、上から行って湧き水飲んで戻るくらいはしてみようかなと思います。

yuk*****

No title
こんにちは、いつ行かれるのか、今年は水量がかなり少ないので来期かな・・・等と思ってました.滝画像は概ねクライマーさんのものしか見てないので(あ、一部RRさんのがあった) この様に見せていただいたのは感激です.最近、県外が続いていて足尾には中々足が向かないです.
私の場合無理だと判っていますので 此処は、アカナと共に聖域にしておきます.

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
私も同じようなイメージをもっていましたので、いい意味で予想を裏切られました。ホント、そっとしておきたい楽園そのものでしたよ♪

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
自分も縁のない世界だと思っていましたが、ついに足を踏み入れてしまいました。とりあえずは特殊な道具を使うこともなく、無事に生還しました。
これでも普段より水流が少ないと思いますが、それでも2つの大滝は迫力十分でしたね。
湧水地は、オロ北へのトラバース道から1,2分下ったところにあります。中倉尾根では貴重な水場としても利用できそうですよ。

きりんこ

No title
雪田爺さん、こんばんは。
水量が少ないのはわかっていたのですが、県内だとどこへ行っても同じだろうと、偵察くらいのつもりで行ってきました。F4までの往復でしたら、怖い思いをせず行けることがわかりましたので、いずれ水量の多いときを狙いたいと思います。確かに、クライマーさんの画像くらいしか見ないので、自分も滝壺に立った時は感動しましたよ。
雪田爺さんはウメコバの大滝まだでしたか。F4まででしたら、小足沢大滝よりも簡単かもしれませんよ。そういわず、ぜひチャレンジしてくださいよ。

ぐっちゃん

No title
お疲れ様でした。
残念、掲示板見てませんでした・・・(泣)
それにしても涎が出そうな風景ですね。
同行したかったです。

イメージと違い上流部が苔むしていたのは驚きです。
再訪する時は同行しますのでよろしくお願いします。

きりんこ

No title
ぐっちゃん、おはようございます。
あら、そうでしたか。いかにもぐっちゃんが好きそうな登攀要素満載の沢でしたよ。
水量が多いときを狙って必ず再訪しますから、次はぜひご一緒しましょう♪

美術館

No title
涼しそう、音も聞こえそう。

きりんこ

No title
美術館さん、こんばんは。
沢の中は、とっても涼しいですよ~♪

足尾のRR

No title
こんばんは。超遅コメ失礼します。
まずはお疲れ様でした。大滝は巻き過ぎたとありますがあまり、危険箇所がなかったならば、それが昔の古道跡かもしれませんね。途中でペンキの矢印がありませんでしたか?。
自分、最後の滝はいつも直登してはセミになって後悔するんですよね。
源流は秩父っぽくっていい感じですよね。残雪期は水源はトラバース道の1m下から湧き出します。逆に渇水期は100m位下になりますから平水位かもしれませんね。
これで主だった足尾の滝は終わりましたね。

きりんこ

No title
足尾のRRさん、こんばんは。
コメントお待ちしておりました♪この度は詳細なアドバイスをいただきまして、誠にありがとうございました。お陰様で、自分には無縁と思っていたウメコバ沢の大滝を拝むことができました。
一応、赤ペンキは気にして見ていたのですが、途中から自分が歩いているルートが正しいのかどうか自信がなくなり、安全ルートを探すのに必死になっておりましたから、見逃してしまったのかもしれませんね。そういえば、F4を巻く途中の岩棚にケルンがありましたが、あれ、RRさんのものですよね。ペンキはわかりませんでしたが、あのケルンには勇気づけられましたよ。

きりんこ

No title
(続き)
最後の滝、RRさんをしてセミになりますか。ということは、自分と同じ右側でしょうか。あそこはかなりアクロバティックな身のこなしが必要でしたね。背中の荷物が邪魔で仕方ありませんでした。しかもあそこで水を浴びすぎてしまい、デジカメを1台パーにしてしまいましたよ(泣)
源流はいい雰囲気ですねぇ。内緒にしようかとも思ったのですが、あれだけのために下から行く人もいないだろうと、勝手ながら公開してしまいました。今回の水源はトラバース道から30~40m下でしたが、あれで平水ですか。おそらく、大滝の水はかなり少いほうだろう思いますので、また必ず再訪したいと思っています。
そうですね、確かに今回は最後の大物をやっつけた感じがしますね。あとはニゴリ沢大滝やシナノキ沢、庚申川沿いあたりが気になるところですね。松木川右岸の支沢には興味を持たないようにします(笑)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive