2016年9月11日 アカナ沢大鹿滝

昨日に続き、今日は女峰山表側のアカナ沢大鹿滝を撮影に行ってきました。
アカナ沢の水量はかなり多めで迫力がありましたが、ガスガスで真っ白になってしまい、納得のいく撮影はできませんでした。



雲竜瀑。帰りに近くへ行く予定でしたが。





黒岩滝。既にガスってしまいました。水量は前回来たときよりやや多めくらい。





大鹿滝。今年は下段が出現しました。ガスで2段目がよく見えない。





右岸の危ういガレから2段目に上がりました。水量が多いせいか、2段目はヒョングってます。





立派なヒョングリなのに、ガスで目立たない(泣)





ここからだとヒョングリがわかりますが、できればガスはいらなかった。





帰りに黒岩滝を撮影。手前がアカナ沢。これじゃぁ、雲竜瀑へ行っても滝の音しか聞こえないでしょうから、まっすぐ下山することにしました。




スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
大鹿滝,また滝の姿が変わったみたいですネ。ところで,アプローチ自体は問題無かったですか?
黒岩滝,昨年の大雨の影響で,やはり流れが変わっちゃったみたいで。。。
そう言えば,Y字峡の手前にあった8m滝は姿が消えちゃってましたか?

ふみふみぃ

No title
ガスもそうですが岩が濡れてるだけで私は逃げ出したくなります(笑)。大雨降ると地形が変わる、やっぱり恐ろしいところですね。見応えはありますが。
一回くらいは見に行ってみたいですがやっぱり藪でシャクナゲさんと遊んでた方が安心でいいかなとも思います。落石があるのが怖いですね。

魔法使い

No title
やっぱり今日もお出かけでしたね
家から山の方を眺めながら多分今日も歩いているんだろうと思ってました(笑)
ただ残念でしたね
ガスも画にはなりますがさすがにここまで濃くては‥‥
にしても、あのヒョングリは私の好物です(笑)

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
大鹿滝、瀑泉さんが訪れたときは下段が埋もれてたんですよね。昨年の豪雨によってだと思いますが、すっかり土砂や岩が流されていて、改めてこの沢の凄まじさを実感いたしました。アプローチは、へつりや高巻きがありますが、特に困難なところはありませんでした。黒岩滝も少し流れが複雑になってしまいましたね。以前の方がすっきりしていたように思います。あれ、意識してませんでしたが、そう言えばY字峡の手前はただのゴーロになっていた気がします。ちゃんと見ておけばよかったですね。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんにちは。
ちなみに、今回ハイパーVでしたが、この沢との相性ばっちりで、濡れた岩でもまったく滑ることなく、おもしろいように急な岩場を上り下りできました。仰る通り、日々崩落が進んで地形が変わるため、水垢も付きにくいんでしょうね。どこから石が落ちてきても不思議ではないですから、単独でいくべき場所ではないと思います。私も沢や滝見が続いたので、そろそろ稜線歩きが恋しくなってきました。藪は所望しませんが(笑)

きりんこ

No title
魔法使いさん、こんにちは。
お天気ももちそうだったので、行ってしまいました。先人の記録を見るとヒョングってないので、水量が多い時期限定なのだと思います。そう考えると、あのガスさえなければ納得の写真も撮れたのでしょうけどねぇ。また条件のいいときを狙いたいと思います。

ura*****

No title
始めまして、小生40年位前は丹沢の沢屋をやってました。無名の沢を玉手箱を開けるようにアサリ、藪漕ぎに明け暮れる日々でした。沢は良いですよね。また時間を作ってゆっくり見せて頂きたいと思います。ガンバです。 うらぽつう 老人少年

きりんこ

No title
ura*****さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
ura*****さんも以前は沢屋さんでしたか。「玉手箱を開けるように」とは言い得て妙ですね。確かに軽々しく開けてはならない箱を一つ一つ開けていくようでワクワクしますよね。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします♪

トドの写真ブログ1

No title
ウオー素晴らしい瀧ですね。トドも瀧を撮るのが大好きですが、爺だから車を降りて10分以内の滝しか撮りません。歩けないのですよ。

きりんこ

No title
トドの写真ブログ1さん、ご訪問&コメントありがとうございます。
トドさんは素晴らしい写真をたくさん撮っておられますね。着眼点のすばらしさと、じっくりと被写体と向き合っていることが写真からも伝わってきます。自分は写真の腕がない分、足でカバーしようとしておりますが、なかなか思うようにはいかないものですね。でも、どんな滝でも目の前にいるだけで癒されますよね♪

kojimanikko

No title
こんにちは。やや霧が かかっているようですが[?]細いラインのきれいな滝で素晴らしいですね。

あっきー

No title
初めまして。アカナ沢拝見させていただきましたが、下段が復活したんですね。これほど姿を変える滝はなかなかないかもしれませんね。私が行った時は右岸大崩落で下段は5mぐらいで埋まってました。撮影してる最中もポロポロ落石あって小熊も死んでて怖かったです。
水量多いとヒョングリになるのですね。
ここはいつもガスってるイメージで、10時過ぎには上流からあっという間に滝がみえなくなりました。

きりんこ

No title
kojimanikkoさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
もう少し霧が薄ければ、更に水の流れが際立ったのですけどねぇ。自然相手ですから、仕方ないですけどねぇ。

きりんこ

No title
あっきーさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
あっきーさんのお名前は雪田爺さんや瀑泉さんのところでよく存じ上げておりますし、アカナ沢の記録も以前も拝見させていただき、よく覚えております。ホント、この沢は大雨ことに姿を変えるみたいで、あっきーさんが行かれたときに滝を塞いでいた岩は一体どこへ行ったのかと思うくらい、きれいに流されてましたよ。実は、小熊の死骸にはたいへん興味があり、すぐにでも見に行きたかったのですが、さすがに今回は見ることができませんでしたね。ヒョングリは、今思うと単に水量が多いためではなく、崩落で流れが変わったのではないかと思っております。また流れが変わってしまう前に、どうにかして納得の一枚を撮っておきたいんですけどねぇ。
確かに、晴れて気温が上がると10時前後にはガスってくるので、あえて曇りの日を選んでみたのですが、結果はこの通りでした(泣)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive