2017年9月10日 霧降高原~赤薙山~2209P~六方沢左岸尾根


前の日、久しぶりにたっぷり歩いたので、この日は軽めに歩くつもりでいたところ、みー猫さんから予告が入りました。かなりハードなご予定なので、ご一緒は無理としても、朝早く起きられればお見送りだけでもと思ったけど、起きてみたら5時を過ぎていました。お見送りには間に合いませんが、すっきり目が覚めたし、天気がいい日に赤薙奥社跡付近に行っておきたい場所があったので、そこへ行くことにしました。下山はせっかくなので未踏の六方沢左岸尾根で下る計画にしたのですが、下調べをまったくせず、たいした藪はないだろうと高をくくっていたせいで、想像以上の藪を堪能することになりました。


自宅を出発すると、宇都宮市内からやたらと自転車を積んだ車を目にし不思議に思っていたところ、霧降道路沿いにあった看板を見てこの日はツール・ド・NIKKOが開催される日であることを知りました。霧降道路もコースに含まれているようでしたが、特に交通規制はないようで一安心。しかし、今日は短距離ではあるものの、折り畳みチャリを使用する予定なので、一人だけ浮いちゃいそうだなぁなんてどうでもいい心配をしてみたり。

というわけでまずは下山予定の六方沢橋北の駐車場に折り畳み自転車をデポします。自転車を下している最中、バイクの人たちがたくさん駐車場に入ってきます。その後山を歩いている最中も、やたらとバイクのエンジン音が聞こえてくるのが気になりました。この日は自転車だけじゃなく、バイクの人もかなり多かったように思います。

霧降高原の駐車場に車をとめ、6:45出発。今日もいい天気です。さすがに今日は足が重いですね。前回は来た時は前後に人がいて、ついオーバーペースになってしまいましたが、今回は女峰山へ行く人はもうとっくに出発したと見え、ほとんど人はおらず、自分のペースで歩きます。




写真には採りませんでしたが、秋の花が主役となっていました。




正面にお月様




約30分で小丸山に到着です。最後、ご夫婦を追い抜いてしまい、距離を開けようとしてついペースが上がってしまいました。




鳴虫山方面




丸山方面。ツツジはほんのり色づきはじめています。




いつきてもこの笹原は気持ちがいいです。早くも足が疲れてきたので何度も休んでいます。




右側が下りで歩く予定の稜線。なんだか針葉樹のヤブっぽいなぁ。




なかなかペースが上がらず、前回は赤薙山まで1時間で到着したのに、今回は焼石金剛で1時間経過してしまいました。まぁ、今日は短いコースの予定だし、はじめから急ぐつもりはないですけど。




樹林帯に入ると、勝手にペースが上がります。景色が見えないので、歩きに集中するからなのか。でもすぐに息が上がって立ち止まるを繰り返す。




8:18、赤薙山に到着です。結局1時間半もかかってしまいました。奥のロープのところから写真を撮ったり、水分補給したりして少し休みます。




後から単独氏が来たので入れ替わりで出発。少し下ってまたしばらく登りが続きます。途中、ひらけたところで撮影タイム。




奥社跡まで、もうしばらく登りが続きます。




左下に内の外山。あそこもいずれはと思っていますが、ここから見るとやっぱり無理かなぁなんて思ってしまいました。




結構、足にきています。




9:10、奥社跡に到着。お二人の目を気にしながらも、ロープをくぐって直進。キジ撃ちにいくわけじゃないですよ。とは敢えていいませんが。




意外にも、踏み跡がしっかりあり。ナゲさんもあまり元気なし。





ここを下っていけば、雲竜瀑にダイブできます。




最後、ナゲさんとコメツガさんのヤブがほんの少しあるも、左側の鹿道で巻いていくと予定していた展望地に到着(9:16)。ここが、本日一番の目的地です。七滝尾根を歩いたときにこの場所に気が付き、ここからアカナ沢や大鹿落としが見下ろせるだろうと思っていました。なんと、ここには危険と書かれた看板が立ててありました。間違えて入り込んだハイカー向けなのか、或いは昔はここまで一般道があったのか。




狙い通りの景色が待っていました。立っていると足が竦んでしまうので、座りながら撮影。




眼下にはアカナ滝も見えました。この沢を遡行するのは、自分には無理ですな。




思う存分景色を楽しんだら、一般道に戻り、2209P(大鹿落の頭)へ。ここへの登りも結構きつく感じました。さぁ、ここから藪入りです。あとは下るだけなので楽勝かと思いきや、のっけからナゲさんが通せんぼ。どうせ抜け道があるんでしょと右へ左へ行くも、お気楽ルートはないようだ。




しっかりガードしてますよ。




歩きやすそうなところを選んでいたら、北へ行き過ぎたかなと思って南へ軌道修正すると、崖みたいなところに出てしまいました。少々危ういトラバースをしながら尾根中央に戻ります。




尾根の中央はコメツガ藪が濃く、左側に鹿道があって歩きやすいので、なるべく尾根から離れないように左側を歩きます。




この調子なら楽勝かな?




崩壊地の上を通るも、危険はなし。




楽勝と思ったのは大きな間違いなのか、ルートの選定ミスなのか、この後想像以上の試練が続きました。最初の左側にある鹿道に味を占め、その後もずっと尾根の左側ばかり歩いていたら完全にコメツガさんの密藪につかまってしまいました。その都度尾根の中央に戻るも、また左側へ引っ張られてしまい密藪や倒木に嵌るを何度となく繰り返してしまいます。全身コメツガさんの葉っぱまみれですが、だんだん破れかぶれになっていきます。たぶん、尾根よりも斜面のほうが下の見通しがいい分、藪が薄いように見えてしまうんでしょうね。結果的に、この区間は忠実に尾根の中央を歩いたほうがよかったということになるのでしょう。修業のような約1時間でした。




そのことに気が付き、尾根の中央に戻ると、一気に藪はなくなりました。




しかし倒木トラップもあったりするので、なかなか我が暮らし楽にならず。




1761Pの手前で、ようやく藪は終了。丈の短い笹の中に鹿道が続くように。疲れたので大休止。近くにコーヒーの空き缶が落ちていました。この尾根、テープ類は一切見ませんでしたが、ゴミはいくつか見ました。




あとは笹が腰くらいの高さになるも、鹿道があるのでたいして抵抗はなし。さっきまでにくらべたら天国のようなもの。




朝いちばんで歩いていたら、朝露でずぶ濡れになっていたでしょうね。




紅葉した木がありますよ。




近付いてみると、オオカメノキでした。




笹は深いですが、気持ちのいい白樺の疎林です。最後、GPSを見ながら尾根を離れて駐車場方面に向かいます。




うっかり駐車場にダイレクトで向かってしまい、擁壁の上に出てしまいました。朝のうちに、駐車場の先に擁壁が切れたところがあるのを確認していたことを思い出し、ちょっとのアルバイトで無事、道路におりました(12:00)。大鹿落の頭から下りで2時間ちょうどかかりましたが、的確にルーファンできていれば、もう少し時短できたと思います。


あとはデポした折り畳み自転車で霧降高原へと向かいます。途中、ツール・ド・NIKKO参加者がビュンビュン後ろから追い抜いて行き、やっぱり自分だけ浮いているようでした。傍からみたら、あんな自転車で山越えをしたのか?と逆に不思議に見えたかもしれませんが。

スポンサーサイト



コメント

みー猫

No title
おはようございます。
いつか行こうと思っているルートです。普通にはこれで腹八分目でしょうから、松木の奥の次の日の歩きとしては一般的に考えないような…。きりんこさんとしては、普通の調子に少し戻って来られたのでしょう(笑)コメツガのヤブは密生していて細かい葉っぱがくっつくし、地味に消耗しますね。ふみふみぃさんの影響なのかシャクナゲ藪のほうが良く思えて来ました。
みー猫

瀑泉

No title
赤薙山まで1時間半も・・・と仰りますが,過去のσ(- - )のタイムをみたら1時間40分かかっとりましたが(汗)。
松木の奥を歩いた翌日なのに,早すぎますヨ。
それはさておき,奥社からの展望,良いですネェ~。次に行く機会があったら寄って来ますヨ。
六方沢左岸尾根は,まぁ,いいですワ。昔,六方沢の駐車場から下唐沢・上唐沢を横断して,三沢大滝を目指した方がおりましたが(笑)

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
ちゃんと調べておけば、こんなにお腹いっぱいになることもなかったかもしれませんね。どういうわけか、気持ちのいい笹原のイメージだけしかありませんでした。コメツガの葉っぱは気持ちのいいもんじゃないですね。襟首からパンツの中まで入ってくるし、ザックの網目にも詰まっちゃうし。そんな嫌われ者ですが、最近シャクナゲさんに光が集まっているようなので、少しはコメツガさんと親睦を深めるのもいいかなと思ています。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
よく考えたら、前回はタイムトライアルに挑戦するようなことしていましたからね。私も過去の記録を見たら、2時間近くかかっていたこともありました。確かに、前日の疲れを考えたら遅くはないですよね。失礼しました。
奥社から展望地まで5分前後ですから、行かないのは勿体ないと思いますよ。遠いですけど、アカナ滝も見えますし、ここはオススメです。
六方沢左岸尾根は、いいでしょう。自分もあんなヤブ尾根だとは知っていてら、歩かなかったかも(笑)雪田爺さんのルートは自分も当時ビックリしましたよ。今は熊穴沢ルートが開拓されましたから、もう誰も歩かないでしょうねぇ。

ふみふみぃ

No title
こちらもツツジが色づき始めてましたか。例年より早いのかどうか去年のことをあんまり覚えておりませんが。
奥社跡から安全にやばいところが見に行けるんですね。私は雲龍渓谷に立ちいるつもりはさらさらないのですが上からは一度眺めに行きたいです。
六方沢左岸尾根はシャクナゲさんもしっかりお仕事しているようですが最序盤だけですか。コメツガのやつはナゲさんと違って弾力性はないし細かい葉っぱが首筋に入るのがとにかく嫌いなんですよね。ザックを洗濯しようとさかさまにすると体力のコメツガの葉がなだれ落ちてきて余計な荷物背負ってたな・・・といつも思います。
見通しがいいと藪が薄く見えてしまう、なるほどなあと。裏那須の灌木オールスターズもどう考えてももきつかったのですがあいつら背が低いせいでなんかいける気がするんですよね。現実は密度濃いし、木々の背が高い方が足元お留守で通りやすいこともあるのに。

Космическая пыль

No title
うわぁ、私の琴線にビリビリ来ます。と同時にデジャブがありまして、「日光四十八滝を歩く」P44にある景観とほぼ同じに見えます

あちらはも少しガレを降りて鉄鉱泉滝撮影みたいですが、私、かつて黒岩滝から攻めて、大鹿滝上から遠望してこんがらかっているのですが、鉄鉱泉滝と、アカナ滝の見分けがつかなくて

四十八滝を歩くでも、きりんこさんが撮影された様な景観の滝を鉄鉱泉滝と書いていてかたちも似てるので、両滝の判別が分かりづらいです。遠望した時は、岩がクネクネしてる陰にあるから?なのでしょうか、鉄鉱泉滝しか見えませんでした

柱状節理剥離片地帯をクリア出来たら鉄鉱泉滝まで行きたいなと当時は帰投しましたが、今にして思うと熊道があったのでそれに従うのが攻略の鍵と感じております

因みに大鹿滝にも、私、沢ではなく熊の道からたどり着いていた様でした。眼下に沢があったので

赤薙山は、まだ未踏。バイブルに掲載されたので行きたくなりました。判別が分からないとゲネゲネ考えるより、行ってしまう方が早いですしね

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
紅葉は、この1週間の感想としては、例年より早いと思われます。まぁ、今後の天気次第でどうにでも前後しますけどね。大きな台風が直撃して葉が散らないことだけ祈っています。
機会がありましたら、奥社跡の先まで足を延ばしてみてくださいな。爽快な景色が見られますよ。
シャクナゲさんはすっかり脇役に甘んじてましたよ。コメツガにも少しは光を当ててやろうかと思いましたけど、やっぱり嫌らしいやつでしたね。尾根の脇に踏み跡があったりもするのですが、それはたまたまのことで、やはり尾根の中央を歩くのがセオリーなんでしょうね。特に下りは足元が見えないので、あまり冒険をするべきじゃないと改めて思いました。

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
自分も、アカナ滝と鉄鉱泉滝の区別がつかなくて、最初の予告記事ではアカナ滝?としていたのですが、いくつかネットの写真を見比べると、どうやらアカナ滝のようなんですよね。で、鉄鉱泉滝はもう少し下流側にあると思うのですが、ちょうど手前の尾根が邪魔になって隠れてしまっているのかなと。今度はもう少し下ってみようかと思っています。

Космическая пыль

No title
お疲れ様です

如宝山迄東照宮混雑で辿り着けないので、折角でしたので霧降高原から赤薙山までハイキングして来ました。とても楽しくて色々脱線してしまい、なかなか進行せずでしたが、山の楽しみ方をひとつインストール出来ました

その後が、いつもの様になってしまい、台無しになりましたが・・・死亡遊戯にならない方法も知りたいです

御師様、私は最近、矛盾してますが、安全で危険な山河で楽しみたいと言う思考が働いてまして

オススメの場所はございませんか?

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
早速、赤薙山の先に行かれましたか。むうたさんのことですから、いつも通りヤバい歩き方をしてきたのでしょうね。安全で危険を楽しみたいという、相反する気持ち、よくわかりますよ。たぶん、冒険というのはそういうものなんでしょうね。どこへ行くかよりも、どんな歩き方をするかで、安全にでも危険にでもなるとは思います。かといって、古賀志や岩山だとむうたさんには満足できないのでしょうね。自分の場合、まずは人が歩いていないところに目をつけてある程度の「未知・危険」の要素を取り入れ、それでいて地形図では「安全」と判断できるところを選ぶことが多いです。
オススメの場所ですか・・・ふと思いついたのが、男体山の御真仏薙あたりは異空間な感じがして面白いかもしれませんね。

Космическая пыль

No title
> きりんこさん
ありがとうございます

ふみふみぃさんにもお訊ねしまして

ふみふみぃさんからは中禅寺湖南側の山を。こちらもそろそろかなぁと私の食指がプルプルしていた矢先でした

御師様からの御真仏薙、実は現在、倭人で宗教的な意味で男体山を初登頂したのは勝道上人ですが、それ以前に既に登頂はしたであろう蝦夷(強き者の意味の方で)の足跡を追っておりまして、偶然にもそちらに意識が向いていた次第でした。雨後の滝も見付けてみたいなとも。ビジョンのご提示、ありがとうございます

きりんこ

No title
むうたさん、おはようございます。
お役にたてればうれしいですが、くれぐれも無理をし過ぎぬよう、お願いします。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive