2017年9月13日 中禅寺湖白岩~無名沢~1792P~大日尾根

 先週の疲れがまだ残っていましたが、せっかく休みでお天気もいいのでこの日もお山へ行くことにしました。しかし、4時の目覚ましですっきり起きたのに行先がなかなか決まらず、2時間くらいうだうだしていてようやく中禅寺湖南岸尾根からの風景を撮影しに行こうかとなりました。南岸尾根へのルートのうち、足尾側からは尾根も沢もだいたい歩き尽くしてしまったので、今回は中禅寺湖側から歩くことに。こちら側も手付かずのところはあまり残っていないのですが、白岩と梵字岩の間の沢に目が行きました。地形からして、たいした滝もなく、ちんけな沢であることが予想されます。近くの大和田沢や阿世潟沢は歩いていますが、たぶん似たような雰囲気でしょう。どうせなら尾根を歩いた方が楽しそうですが、この辺りの尾根はどれもシャクナゲさんが蔓延っているイメージなので、できるだけヤブを避けて沢を遡行することに決めました。
 6時過ぎに自宅を出てスーパーで食料を買って中禅寺湖畔へ。7時10分にスカイラインゲート前駐車地に着くと、8割方は埋まっていました。大半が釣りの方でしょう。荷物をまとめ、カメラ一式をザックに入れようとしたとき、なんとメモリーカードを入れ忘れたことに気が付きました。デジ一とサブのコンデジ両方です。自宅を出るときに、予備でもう一台コンデジを持ってきたので救われましたが、今日は撮影目的だというに、いきなり出端を折られてしまいました。重い荷物を背負って歩き始める前に気付いただけ、まだよかったと思うことにしましょう。
 阿世潟まではいつも通り電動自転車利用し、約15分で到着。この自転車、こういう場所ではだいぶ重宝してます。しかし、予定している沢の入り口まで、ここからが長いのです。たぶん、6Kmくらいはあるでしょうから、1時間半から2時間はかかりそうです。景色も同じようで飽きちゃいそうですが、この間の松木沢よりはましかな。


阿世潟付近より男体山。今日は、歩き始めから右足首がピリピリ痛んで調子が良くありません。痛みが治まらないようなら、無理せず途中で引き返すのもやむを得ないかな。




阿世潟から先の遊歩道は一気に足元が悪くなります。岩がゴロゴロしていたり、木の根っこが張り出したりしていて、標高差はないのに意外と時間をくいます。まだ気温は上がっていないはずですが、すぐに汗ばんできました。




足に負担をかけないようゆっくり歩いていたら、10分くらいで痛みは治まりました。この後はまったく痛みが出ないから不思議です。釣りの人が乗るモーターボートが近くに来たので、白岩まで乗せてって!と叫ぼうと思ったけどやめといた。




湖の色がきれいです。




やっと、上野島まできました。上陸するには、泳ぐ必要がありそうです。




大日崎。すぐ下で釣りをしている人が。ここを過ぎると、急に風が強くなりました。地形の関係でしょうけど、歩く分には涼しくてちょうどいいです。




ナゲロード。上までずっと続いています。




9:28、阿世潟からダラダラ歩いて1時間45分で白岩に着きました。やっぱり長いですな。眺めがいいので少し休憩。岩の下は絶壁で、落ちたらただではすみません。




白岩を過ぎ、巨岩から少し先へ進むと水の流れる音が聞こえてきます。そのまま遊歩道を歩いても沢にぶつかるでしょうが、適当に遊歩道を離れ、沢の上流に向かってショートカットしつつ沢に近付きます。思った通り、地味沢です。サルが1匹逃げていきました。




今日は登山靴なので、濡れた岩はよく滑ります。なるべく沢に入らないで済むルートを探しますが、両岸とも崖になっているところは慎重に沢の中を歩きます。




貝塚のような、キノコに覆われた倒木。




徐々に沢沿いに平らなところがあったりして歩きやすくなりました。




時には沢よりも10mくらい上を歩いて一気に距離をかせいだり。




途中、広い平地がありました。少し暑くなってきたところで、ここは風が通り抜けて気持ちいいです。テン場に良さそうですが、そもそもこんなところにテント張る必要ないですね。




登山靴なので、あくまでも「沢沿い」を歩きます。




左上には空が見えており、こちらへ行けばすぐに1594Pに着くと思われます。しかしそちらへ行くとあっという間に大日尾根と合流してしまいそうなので、もうしばらく沢沿い歩きを続けます。




標高1500付近の二俣は過ぎてから気が付き、振り返って撮影。この中間尾根を歩いてもいいかなぁと思ったけど、まだ水流もあるしもうしばらく沢沿いを進みます。









尾根が呼んでいる。。。




すぐ右側に尾根がチラチラ見えており、このまま沢を詰めても何の変化もなさそうだし、とうとう我慢できずに沢を離れることに。笹が深そうなので小さな沢沿いに左岸尾根へと登ります。




しかし思ったほど笹は深くはなく、膝程度なので途中から笹の斜面を登りました。傾斜は結構ありますが、今日は意外と足が軽いです。




すぐに尾根に到達(10:40、標高1620m)。眺望を期待したけど、温泉ヶ岳あたりがチラッと見える程度。




笹の中には鹿道があり、至って快適。




と思ったら甘かった。すぐに笹は腰から胸くらいの高さになり、鹿道もどこかに消えてしまいました。傾斜も結構あります。




つい歩きやすそうなところを探し、針葉樹の下へ行くと笹がないので無理やり平行移動したりするも、たいした距離をかせげるわけでもなく。




一体どこが歩きやすいんだろうと試行錯誤しているうちに振り返るとちょうど紅葉した木と男体山。




更に傾斜が増してきたけど景色がいいので疲れも感じず。向こうの大日尾根の中腹に赤い塊が見えます。




デジ一がないのが悔やまれます。それでも雲が多く、なかなか思うような光にならないので、じっくり待って撮影。




1750m付近で唐突にシャクナゲート。中央突破はきつそうなので、西側へ巻いていくと、うまい具合に抜け道があり。




少し下に赤いツツジが見えたのでちょっと寄り道。




11:30、1792Pに到着。後半、撮影にかなりの時間を費やしましたけど、それでも中禅寺湖から2時間ですから、地味沢と地味尾根歩きとしてはちょうどいい感じです。風が心地よい。




足尾方面




黒檜岳方面。いつ見てもこの景色はいいですね。特に冬はいいですよ。




何度も振り返ってしまいますよ。




帰りのルートは決めてませんが、とりあえず社山方面へ。




同じような画像が続きますが、ご容赦を。









沢を最後まで詰めていれば、この辺りに出てきたはず。




いつもは寄る必要のないピークへ行ってみました。














とりあえず、向こうの尾根から見えていた、大日尾根山腹の紅葉を確かめに。さすがにピークにはまだ早かったみたいで。




12:00、いつもの場所。携帯の電波が入っていたので、画像を投稿。気持ちがいいので、木陰で昼寝をすることに。しかし、近くで鹿がピーピー鳴いていたり、遠くからは救急車のサイレンの音が断続的に聞こえてきたりして、あまり眠れないし。30分ほど休んで12:35に下山開始。社山に登る意欲もないので、このまま大日尾根ショートカットルートで下山しましょ。




1か月後にはこの辺りも綺麗に紅葉しますよ。




13:20には阿世潟まで降りちゃいました。下りは早かったぁ。


阿世潟からは電動自転車で楽々走行。イタリア大使館から先は観光客が多いので衝突に注意。15分で駐車地に帰着。今日こそは浅井精肉店に間に合うかと思ったが、やっぱり営業終了。ガクッ。ちょうど浅井精肉店の前あたりで何台ものパトカーとすれ違ったけど、上で聞こえていた救急車のサイレンと何か関係あったのかしら?
スポンサーサイト



コメント

ふみふみぃ

No title
ピークにはまだ早いとはいえツツジが色づき始めているのを見ると中禅寺湖南岸尾根に行きたくなってきました。月曜に台風が過ぎ去ってくれさえすれば・・。三連休の天気に比べてこの日の青空は目に毒ですね。
予告記事で何処に行ったかはわかったもののどのルートでいかれたのかな?と気になってましたが地味沢沿い歩きでしたか(笑)。"尾根が呼んでいる"、どうも隣の尾根が低くて空が見えるとそちらに行きたくなりますよね。松ヶ崎の尾根西側にもすごく地味そうな沢がありますがこれはどうなんでしょうね。わざわざ行く必要はないとも思いますが。
この辺りのナゲ達って遊歩道沿いにはびっしりいますけど中盤にナゲ不在ゾーンがあって上部でまたにょろりと現れる気がします。相変わらず気まぐれでナゲさんどんとこいや!くらいの気分で地味尾根を行くと逆に現れず肩透かしを食らいそうな気もします。

Космическая пыль

No title
御師様は芸術的センスで景観を愛で、探しておられる。と云うスタンスでしょうか

私は6月の皇海山からめっきりです。「来んぢゃねぇ!」「行くんぢゃねぇ!」と、阻まれる様に晴れたら仕事だった。休みだと雨、車がない等とことんです

皆にも、山に行くなと護られてるんだよと慰められ。中禅寺の吉祥天や三天甘太郎でのんびり、おかんや嫁仲間と日光史跡巡り食べ巡り等は行けるのです

浅井精肉店・・・興味があります。行けたとしたら、私は山河に今は呼ばれていないのでしょうね

因みに、如宝山(女峰山)の赤横紋を真下から眺める事には興味ございませんか?

まだガスに包まれて最後の滝を真下から眺められていないのが口惜しいです

箱石金剛裏からダイブすれば、御師様が歩かれておられる場所より楽です。落石落岩だけ注意すれば

瀑泉

No title
きりんこさんの過去記事に触発されて,台風到来前の金曜は仕事をサボって,社山に登って来ましたヨ。でもって,帰りもふっと予告記事を思い出して,大日尾根ショートカットルートで戻って来ました。
それはさておき,カメラのSDカード忘れ,自分も2回ばかりやらかしましたが,アレはショックなんですよネェ~。今回は,コンデジがあったようで救われたようですが。
社山周辺や大日尾根の紅葉,シロヤシオの色付きが始まっていて,今年は早いなぁ~との印象を受けましたが,この調子だと10月上旬には,見頃を向かえちゃいますかネェ。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
ホントにこの台風にはやられましたね。明日はどうにか回復するみたいですから、ふみふみぃさんももう行き先を決めているのでしょうね。
実は、その松ヶ崎の尾根西側の沢とどちらにしようか、迷ったのです。できるだけ南岸尾根の西側に出たかったので、結果的に今回の沢を選びました。その沢もいずれとは思っていますが、今回の沢と同じ地味系でしょうね。
ナゲさん、自分はまだ積極的に触れ合おうという域に達していないので、見つからないよう、沢からこっそり尾根に上がってみました。結局最後は見つかっちゃいましたが(笑)

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
これでも自分の原点は風景写真なので、なるべく写真目的で歩くようにしています。つい他に目移りしてしまうことが多いですが(笑)
むうたさんは今は充電時期なんでしょうけど、フル充電したらまたとんでもないところに行きそうですね。反動が怖いですから、適度に制御しながらやってくださいね。
浅井精肉店、何度行ってもフラれています。私はこちらに呼ばれていないみたいで(笑)

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
社山南側の沢を歩かれたのですかね。社山周辺もすっかり秋めいてきたことでしょう。記事を楽しみにしてますよ。
メモリーカード、自分も何度目か忘れちゃいましたが、ショックで歩かずに帰ろうかと思っちゃいますよね。ほんと、出掛けにたまたまもう一台積んできたので救われましたよ。
紅葉は、毎年早いか遅いか気になってしまいますね。確かに、今の時点だとちょっと早めかなと思いますね。

サクラマス

No title
昨年紅葉時期に眺めた大日尾根を思い出しますが、遠目に見てても綺麗でした。黒檜岳への稜線はいつ見ても気持ちよさそうです。カード忘れ私も何度かやりました。あれやこれやと持ち物が多いと、うっかりはやってしまいがちですね。

きりんこ

No title
サクラマスさん、おはようございます。
大日尾根の紅葉はきれいですよね。私も昨年知ったので、今年も混雑を避けつつ紅葉を楽しめるルートを思案中です。前日の山行自体が久しぶりでしたから、準備の感覚も鈍っていたようです。頭のリハビリもせねばなりませんね(笑)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive