2017年10月4日 中禅寺山北尾根を登り、半月山の中腹で紅葉観賞、1432Pの尾根で降りる

前日までは那須へ行こうと思っていたのですが、天気図を見ると西高東低になっており、これじゃぁ行ったとしても雨と風で撮影どころではないだろうと、いろいろと代案は浮かんだもののこれといった決め手がなく、うだうだしていたら10時を過ぎてしまいました。ライブカメラを見ると案の定那須は雨が降っており、一方で日光方面は青空になっています。時間も時間だし、半月山か社山周辺に紅葉の下見にでも行ってみようかとようやく行先が決まりました。せっかくなので、以前から気になっていたものの、いつでも行けるからいいやと後回しにしていた八丁出島から中禅寺山につながる尾根(中禅寺山北尾根)を登り、あとは紅葉の状況次第で適当に考えることにしました。



11:40、スカイラインゲート前の駐車場を電動自転車で出発。条件が良ければどこかで夕景撮影するつもりで、カメラ一式と三脚も背負っていきます。だいぶ青空が広がってきましたが、冬型の気圧配置のため、白根山周辺は雲がかかっています。風も強く寒いので冬用の手袋を着用。八丁出島は少しだけ色づき始めた程度。




半月峠への分岐を過ぎてすぐ、八丁出島の付け根で自転車を下り、12:00、尾根に取付きます。




適当に尾根に乗ると、藪のまったくない、歩きやすい尾根が続きます。




ただ、藪もなければ眺望もない、なんの特徴もない尾根ですね。




振り返ると中禅寺湖や男体山がチラチラ見える程度。




標高1400m前後はやや傾斜が急なので、適当にジグザグに登っていきます。




はぐれナゲさんが1匹。




ちょっとしたブナ林あり。




左手に半月山が真っ赤になっているのが見えるも、すっきりと見渡せるポイントがない。早く稜線に出て確かめたい。




標高1500mあたりからミヤコザサが現れるも、歩くのにまったく支障なし。鹿道もあり。









稜線が近くなると、木々も少し色づいて




振り返って。ダケカンバは茶色く枯れてしまっています。




社山方面




中禅寺山まであと3分くらいのところまで行きましたが、八丁出島を見下ろせるポイントがないかなぁと北西方向に下っていきました。社山や大日尾根が見渡せるところはありましたが、なかなか八丁出島が見えるところはないため、7,80m下ったところで引き返しました。社山の紅葉もまだ早そうですね。




下った急斜面を登り返すと、この角度だとダケカンバも綺麗に見えますね。














途中30分以上撮影したりしても13:20には中禅寺山に到着(画像は帰りに撮影)。ただ歩くだけなら4、50分で山頂に着けたでしょう。ただ、藪のまったくない尾根なので快適に歩くことはできるけど、すぐ近くに登山道もあるし、ここからどこへ向かうにも一旦下らなければならないので、あまり使い道はないかもしれませんね。




さきほどから気になっていた半月山の様子を見てみると、真っ赤になっていますよ。これを見なければ社山でも登ろうかと思っていましたが、予定変更。反対方向に進みます。




半月峠から見上げて。上の方に赤いボンボンがありますよ。




青空に赤と黄色が鮮やか~




社山南東尾根のボンボンは1週間くらい後かなぁ。




この一角だけ、季節が進んでいます。




せっかくなのでここで三脚を出して撮影したり休憩したりします。撮影中、上から次々とハイカーや観光客が降りてきます。中には外国人のグループも。たぶんバスでやってきて、中禅寺湖まで歩いて降りるのでしょうね。結局ここで1時間以上のんびりしてしまいました。ついでに、中禅寺山から見えていた真っ赤な紅葉を確認するため北側の斜面に入っていったところ、背の高い針葉樹に混じって真っ赤なカエデ類がたくさんありました。しかし残念ながら林の中からだと写真にはなりませんでした。




15:00、三脚をたたんで下山します。




遅くなってしまったので、社山へ行くのはやめて下山しましょう。でも登山道で降りるのもつまらないので、やはり以前から気になっていた1432Pのある尾根で降りることに。




中禅寺山まで登り返しました。




ところどころに真っ赤なドウダン。




15:40 ここから登山道を離れ、1432P方面へ。なんだかロープが張ってありますが道迷い防止?それとももともと道があったのかな?




少し進むと八丁出島が辛うじて見えるポイントが。




前方が開けました。正面に1432P。




一旦少しだけ下って登り返し1432P。




まずまずの眺望で、社山方面が開けています。そういえば、このあたりは社山への登山道沿いからも見えていますね。




あとは踏み跡のついたミヤコザサの中を下っていきます。この尾根も、藪はなく一本調子の尾根でした。




おっと!キングナゲさん登場。と思ったら左右どちら側ともがら空きです。




15:57 最後はちょっと急な斜面を下って湖畔の道に降り立ちました。




尾根末端を振り返って。




あとは自転車をとめたところまで1Kmほど歩きます。




帰る頃には風も弱まり、湖面も穏やかになっていました。



太陽の沈む方角には雲があったので夕景撮影はせずまっすぐ駐車場へ向かい、16:25帰着。短時間の行動でしたが紅葉の下見はできたし、気になっていた尾根を歩くこともできたので、それなりに収穫はあったかな。

スポンサーサイト



コメント

サクラマス

No title
日光の紅葉もいよいよ本格的になって来たようですね。来週では遅いようですね。

瀑泉

No title
半月山の一角だけ紅葉が進んでいるというのが,ナントも不思議ですネ。
今年の茨倉山周辺はどうかなぁ~・・・気になってはいるんですが。

きりんこ

No title
サクラマスさん、こんばんは。
昨日もかあちゃんと奥日光を歩いてきましたが、竜頭の滝より上は最盛期でしたね。社山の南側や中禅寺湖周辺でしたら今週末が見頃ではないでしょうか。

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
社山と比べるとだいぶ進んでいるようで、ホント不思議でした。昨日、奥日光を歩いてきましたけど、色づきはここ数年で一番いいように感じました。今後、大風や霜がおりなければ期待できるんじゃないですかね。

ふみふみぃ

No title
いつシャクナゲートが現れるのかと思いましたがはぐナゲさんだけとは北側尾根なのに肩透かしですね(笑)。
一週間前の時点でツツジも大分色づいてましたか。私が二週間前に大平山の帰りでみたくすんだやつらは皆色落ちする途中だったんだなと安心しました。
やっぱり日光や足尾のナゲさんはどこか隙があって愛敬を感じますね。
今週末辺り足尾行きたかったんですが土日が雨のようで。月末でも間に合えばいいんですが。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
今回歩いてみて、阿世潟より東側にはナゲさんの大群はいないことがわかりました。下りの尾根でも、ゲート登場かと思ったら奥行きがまったくなしでしたし。
紅葉は今のところ温かい日が続いているので足踏み状態ですね。でもさすがに来週あたりには最盛期になると思いますよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive