2017年10月12日 オロオソロシ沢の滝

当初、社山周辺の紅葉撮影に行く予定でいたのですが、ネット情報だと紅葉にはまだ早そうだし、天気も曇りのち雨という予報のため、久しぶりに滝の撮影に行くことにしました。標高的には1500m~1600mの紅葉が良さそうなので、布引滝もいいかなと思いましたが、それだと滝一つで終わってしうし、だったら来週あたり、もっと標高の低い野門沢支流を狙うことにして、今回は奥鬼怒の滝巡りをすることにしました。計画としては、オロオソロシ沢を登山道横断地点から下降し、ヒナタオソロシ沢を遡行、そのまま適当に詰めて鬼怒沼への登山道と合流したら等高線の緩いところを選んで直線的に鬼怒滝へ向かい、最後に手白沢の滝を訪れるというものです。



栗山周辺は予報に反して朝から晴れていました。川俣湖周辺の紅葉も見頃を迎えつつあります。




湖畔の紅葉がきれいで、つい何度も車をとめて撮影したりして、なかなか目的地に到着しません(笑)




渓谷沿いの紅葉も最盛期です。どこを撮っても絵になっちゃう(笑)




まずは丸沼温泉へ続く登山道を登り、オロオソロシ沢の横断地点に向かいます。途中、ヒナタオソロシの滝の展望台からの景色が美しすぎて興奮が止まりません。このあとあそこへ行く予定なので、期待度MAX。ちなみに、この右側に水量は少ないものの、(仮称)光明滝も確認できました。




予定通り、登山道横断地点よりオロオソロシ沢を下降します。できれば上流の簾滝も見ておきたかったのですが、今日は他を優先して割愛します。




今日は風が強く、しかも天気が良くて日差しが強いので、風がやむのを待ったり、太陽が雲に隠れるのを待ったりして、一枚の写真を撮るのにやたらと時間がかかります。最初から今日はじっくり撮影する予定なので、慌てませんが。




この沢とハイパーVの相性はばっちりで、水流の中はほとんど滑りません。
ちょうどこの位置でレリーズが落ちてしまい、そのまま滝の下へ。。。以後、タイマーで撮影することになり、更に無駄な時間が。。。









無理やりにでも紅葉と一緒に撮りたくなってしまいますね(笑)




こんなに晴れるとは思わなかったのですが、この沢の滝を撮影しようと思ったら午前中は完全に逆光になります。そのせいで余計に撮影に苦労しました。
ここで2度目のアクシデント。よそ見をしていたら足を滑らせて転倒。三脚にデジ一を付けたまま持ち歩いていたので、右手でカメラを庇って左半身から水の中にドボン。デジ一は無事だったのですが、左胸のポーチに入れていたコンデジが水没し、すぐに動作不能に。帰宅後も動作せず、完全にアウトです。以前も同じものを水没して一度修理しましたが、もういいかな。これで新しいコンデジが買えるぞヾ(・ω´・。)ォィォィ




F2はロープを出して懸垂下降。前回の画像を見て、ここのモミジの紅葉を期待していたのですが、なぜか枯れて茶色くなっていました。




F1は左岸側から適当に下降。ここまでただ沢を下降するだけなら15分から20分くらいだと思いますが、撮影に時間をとられすぎ、2時間半もかかってしまいました。(11:40)さぁ、今日のメイン、ヒナタオソロシ沢へ向かいます。



スポンサーサイト



コメント

yai*****

No title
オロオソロシ沢の滝で遊びたいな・・・。

きりんこ

No title
yai*****さん、こんばんは。
念のためですが、ここは一般道ではありませんので、沢登りの十分な装備と経験が必要になります。それらが整えば、とっても楽しいですよ♪

ふみふみぃ

No title
どこをとっても絵になる、これは現地でニヤニヤしてしまいますね(笑)。奥鬼怒は三連休の保険候補地に入ってましたが出かけていたら紅葉が楽しめたのかもしれないと来年こそはと思います。
ハイパーV、苔生えてると滑るせいで最近フェルトばかり履いてますがぬめらない岩だと実力十分ですか。
きりんこさんのコンデジは防水ではないんですね。やっぱり画質が悪いからですか?私は沢で濡れても藪で濡れても水洗いしても壊れないので防水カメラに満足してます。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
いやぁ、たぶんニヤケっぱなしだったと思いますよ。奥鬼怒の紅葉は他とは一味違いますので、ぜひ一度お訪ねください。
オロオソロシは前回もハイパーVで問題なかったので同じにしました。フェルトが無難ですが、底が減ってしまうのが勿体なくて(笑)
防水のコンデジも持ってはいるのですが、やはり画質が不満なんですよねぇ。まぁ、今回のこともあるので、しばらくは画質には我慢して防水カメラを使おうとは思っていますが。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive