人と鹿の共生?(※閲覧注意)

記事にはしませんでしたが、11月5日、地蔵岳南尾根を末端の一の鳥居から歩いてきました。その途中、防獣ネットにひっかかって絶命した鹿を2体見ました。人と鹿の共生を建前にした防獣ネットの犠牲者・被害者はいつも決まって鹿。絡まってもだえ苦しみながら絶命する姿を想像すると、手を合わせずにはいられませんでした。
さらに、この尾根を歩いていると、古峰神社近くの射撃場から間断なく銃声が聞こえてきます。鹿の屍を見た後、銃声を長時間聞かされるとなんだか気分が悪くなってしまいました。そんなこともあり、山行を記事にする気も失せてしまったのでした。



絶命してから数日しか経っていない雌の小鹿です。足がネットに絡まっていました。





こちらは白骨化した牡鹿の頭部です。このように角がネットに絡まってしまうケースが一番多いようです。



スポンサーサイト



コメント

Космическая пыль

No title
お疲れ様です

テメエ勝手で無軌道、蹂躙を悦楽とし快楽とする

それが総体としての人間の本質なんですよね~♪︎

ヴェーダ・きりんこさんの導きから辿り着けた小足沢大滝の帰途、その水の落口、雪がまだ残る沢に続く滝壺で溺れていた子鹿を股まで沈んで助けると言うオナニープレイしましたが、本来なら無関心で溺死させルートが正解であり、私が介入するなら人間として殺すのが筋であったのですが、引き上げ水気を取り抱っこで少し温めました

子鹿ですから、死んだでしょう。何て無意味な事をした!と自身に憤怒です

みー猫

No title
おはようございます。
スマホで見てヘッダーの画像が閲覧注意なのかと思ったら虎岩ですね!増えてるからと言っても生命は生命。たそがれさんが、子鹿をネットから救出した記事を思い出しました。自分がその立場で助けてもらったならと思うと、むうたさんの行為は意味あると思います。ネットくぐる時自分もたまに絡んでますから。
みー猫

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
多分むうたさんからはコメントいただけると思いました。食べるためだとかなんだかんだ正当化しようが理由付けしようが結局すべては人間のエゴが所以ですからね。
でも、みー猫さん同様、むうたさんの行為には意味があると思います。結果的に死んでしまったかもしれませんが、その時点では必死に生きようとしていたのでしょうから。

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
確かに虎岩も奇妙な画像ですね(笑)
増えてしまった原因は人間にあるのに、害獣扱いですから鹿もたまったもんじゃないですね。もう少し早ければ自分も小鹿を救えたと思うと残念でなりませんでした。お互い、ネットには気を付けましょう。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive