2017年11月29日 馬返~明智平~日光鋼索鉄道跡(その1)

寒くなったせいか、最近どうも足の調子がよろしくありません。日常生活でも足を引きずって歩く状態で、このままだと雪山を歩くのはもう無理なのかなとさえ思っています。奥地に行く自信もないので、当分は一般道か、いつでもエスケープできるところを歩くことになりそうです。
そんななか、先日の地元の新聞で明智平レストハウスが撤去されるという記事を目にしました。その記事を読んで思い出したのが、かつて馬返駅から明智平駅までを結んでいた日光鋼索鉄道のことでした。ここは随分前に一度探索したことがあるのですが、軽く歩くのにちょうどいいし、久しぶりに行ってみようと思い立ちました。片道だとバスを利用しなければならないし、いくらなんでも短すぎると思い、馬返を起点に周回する計画としました。お楽しみは後半にとっておくとして、まずは馬返から第二いろは坂の隣の尾根を登ることにします。

馬返のトイレの駐車場をお借りしました。この時点で青空だったのですが。。。




出発してすぐ大谷川を渡ります。はじめ、スパ長にしようと思ったけど足首への負担を考え登山靴にしたので、飛び石を利用して。




大谷川を渡り振り返って。足元の堰堤のところなら容易に渡ってこられるかと思ったら、魚道の幅が結構あって靴を濡らさずに渡るのは無理そうでした。




うち捨てられた古い車や人工物がたくさん散乱しています。この雰囲気、嫌いじゃない。




すぐに合流する枝沢に入りますが、足元が崩れやすく歩き難い。この沢は今度生態調査で入ろうと思っています。




いろは坂の橋をくぐる。上からゴミを落とすなよ。





橋をくぐってからもドラム缶やホース類が散乱。赤ペンキ等の目印も多数あり。





どこでも歩けますが、予定している一番左の沢の左岸尾根に早めに乗ります。




まずは杉の植林になり、そのあとカラマツ植林に変わります。





すぐに自然林になり樹間越しに男体山を望みます。急に曇ってしまいました。




写真では分かり難いですが、結構急傾斜です。登りになると急に足が重くなります。年とともに、ブランクが長くなると体力の低下がてきめんですね。痛みはまだありません。風もなく暑いので一枚脱ぎます。




左にいろは坂を見ながら、そしてエンジン音を常に聞きながら登ります。それは最初から想定していたので気にはなりません。





尾根自体は、平穏で歩きやすいです。人の入った痕跡もあり。





右手に本日の主目的である鉄道跡の一部が確認できました。




地図にもある、一つ目の鉄塔に着きました。早くも疲れたのでゆっくり休憩しながら景色を楽しみます。











あっという間に雲が広がってしまいました。





鉄塔から先も快適な尾根が続きます。




尾根をトラバースするように赤テープと踏み跡が続いています。たぶん、いろは坂から来ている鉄塔巡視路でしょう。




傾斜が増すと一気にペースダウン。いつものように歩けないのがもどかしいけど、息切れはするし足は重いしどうにもなりません。





休み休み登りつつ、二つ目の鉄塔。少し青空が戻ったか。





明智平からの放送が聞こえてきます。





三ノ宿山方面





屏風岩と女峰山、大真名子山。秋の景色は良さそう。





引き続き快適に。




スタートから1時間半かけて、やっとの思いでいろは坂に到着。絶好調時なら1時間かからないと思う。




場所は20番カーブ、1228Pがあるところ。さきほどの鉄塔までは巡視路にもなっているので快適なわけですね。




尾根の中央は切通しの擁壁になっているため、車に轢かれないように道路を少し下り、擁壁の切れ目からこっそり中に入ります。ここはストリートビューで確認済。ところで、現在のいろは坂のストリートビューは紅葉ピーク時に撮影したようで、えらい渋滞している様子がわかりますね。ご苦労なことです。





擁壁に沿って急斜面を登ります。





尾根の中央へ向かうと、作業道の跡ようなものがありますが、擁壁を作るときのものでしょう。





と思って尾根の中央へ行くと鉄塔巡視路の目印である黄色い杭が立っていました。




巡視路は、次の鉄塔である明智平の上、つまりこれから行きたい方向へ続いていました。良く考えたら、ここは随分昔反対側から来たことがあったけど、すっかり忘れていました。早くも消化試合の様相ですが、今日はいつも以上に疲労が強いのでむしろありがたかったりして。





登山道と変わりないので、幾分ペースも上がります。




巡視路はここで尾根を離れ、鉄塔へ向かってトラバースしていきます。尾根合流点まであと少しなので、巡視路から離れて尾根を直進しました。




左は篭石方面。巡視路から逸れたら、とたんにマダニが5匹くらいくっついてきました。




一般道と合流すると、西風がまともに当たるようになって急に寒くなりました。当初は茶ノ木平まで行く予定でしたが、天気が芳しくないので明智平に真っ直ぐ向かいます。





明智平へ下る途中、さきほどの巡視路と合流。




すぐに展望のよい鉄塔に到着。白根山は雲の中。風がかなり強く寒いです。腹が減ったので、南側の斜面で風を避けながらパンをかじります。



(その2)に続きます。
スポンサーサイト



コメント

Космическая пыль

No title
お疲れ様です

足が回復されておられないのですね。既にご存知かと思いますが、身体の疲労は脚の裏に溜まります

合気道のストレッチの簡易版ですが、足を伸ばして太腿と脹ら脛と踵を床に付けて、つま先を上向きにピーンとしまして、それからつま先を脛に付ける要領で曲げます

実際は、そのつま先を掴んで前屈して、手首をつま先に沿わせて踵まで指先届く様に前屈させますが、私はその境地に辿り着けないので脚だけで気が付いた時や寝る前にやってますが、疲れが違います

特に湯に浸かりながらやると効果的で、うちは浴槽狭いので片足ずつ角に向けて身体斜めにして、ついでにもう片足は曲げて腰のツイスト兼ねてます

あと、脚や腰の筋肉は肩甲骨内側の筋肉が影響する様で、アキレス腱伸ばし姿勢から肩甲骨の内側を意識して船のオール漕ぎの様なモーションで1回ごとに手首を返し、左右15回計30回1セットして柔らかくしてます

約2秒で私を5回制圧モーション(脳が揺られて何起きたか分からない)する警察SATに居た方からの伝授です。お陰で私は肩凝り無くなり、足と腰の歪み矯正と柔軟性が得られてます

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
ご親切に、いろいろ情報ありがとうございます。
おそらく、捻挫の際に靭帯が緩んでしまい、その歪みがいろんなところに出ているように思います。これまで、身体のケアにはあまりにも無頓着でしたので、今後はストレッチなんかも試してみることにします。
肩甲骨の筋肉で思い当たるのが、昨年買ったザックを最近になってようやく使い始めたのですが、どうも体にフィットせず、肩や背中が痛く感じていました。その影響もあるのかもしれませんね。また前のザックに戻してみて、違いを確かめてみようと思います。

ふみふみぃ

No title
やっぱり一度痛めた場所は癖になりますよね。私も先日久々に後輩達と卓球をしまくった翌日に足尾で笹掴んで登ったら右手首の腱鞘炎が再発して未だに治りません。しかし足は痛くても歩かないと筋力が落ちるは心肺能力も落ちるわでつらいところですね。私は右膝も昔痛めておりよく痛くなるのですがどうも筋肉が落ちるとより負荷がかかり悪化するようなのでなるべく間を開けず登山に行くようにしてます。
枝沢大して水がなさそうですが泳ぐイキモノ達はいるんでしょうか。沢沿い歩きになりそうだし生態調査抜きで行くには物足りなさそうですが、篭石に出て細尾峠、三ノ宿山-やしおの湯に回るのはありだなと。車道歩きはバスで短縮できそうですし。
登山道と違わないペース出歩けるけど誰もいなくて秘密のルートっぽいので巡視路はわりと好きです。
男体山は数日前と比べると雪が溶けたかなという感じがします。本格的な積雪はこれからですね。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
少しずつ回復して、もう大丈夫だろうなぁと思っていたのですが、また逆戻りした感じです。しばらくは足と相談しながら無理のないところを歩くことになりそうです。そんなわけで、一昨日も三枚石から横根山あたりを歩いてきました。一般ルートのみですので、記事にする予定はないですが。
枝沢は、すぐに尾根に取り付いてしまったので生息しているかどうかも未確認なのですが、水質に問題がなければ穴場じゃないかなぁと思っています。行くとしたらアカヤシオの時期を考えています。
巡視路は使いようですかね。藪ばかりのときはホッとするし、今回のように短い歩きで、しかもほとんどが手入れされた道だと物足りなく感じてしまいます。
男体山、一昨日も朝のうちは白かったのに、昼過ぎには白いところがほとんどなくなっていましたが、今日からは降雪が続きそうですね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive