2018年3月11日 鴫内山~大佐飛山~日留賀岳


今回の記録はヤマレコに詳細を掲載しましたので、そちらをご参照ください。
  ↓     ↓     ↓




































































































































スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
雪山の長距離歩き,お疲れさまでした。
それはさておき,大佐尾山も日留賀岳も,スノ―シューいらずとは,随分と雪が締っているみたいですネ。
霧氷ならぬ雨氷も綺麗で。まぁ,此ればかりはタイミングでしょうケド,実は前から雪の日留賀岳が気になってるんですよネェ。とはいえ,無雪期さえ歩いたことが無いから,二の足を踏んでいるんですが。
この時季なら,結構,人が入っているモンなんですかネ。

とくちゃん

No title
ちょっとだけ・・・ニアミスでした~!
この日、横川から日留賀に向かいましたが、ガスでやめて帰ってきちゃいました。
こんな歩き~異次元です!

みー猫

No title
おはようございます。
後半のリッジは日留賀と塩那道路との間ですよね。気持ち良さそうですが、ガスだと怖いです。↑中盤のガスが無ければとくちゃんと会ったのかもですね!いつもながら代案含め計画が緻密で大胆!バイクとかあちゃんタクシー、機動力ありで脱帽です。
みー猫

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんにちは。
久しぶりの長距離でしたので足への不安もありましたが、問題なく歩き切れてホッとしております。これでまたいろいろと計画も立てられそうです。まぁ、あまり無茶はしないようにしますが(笑)
今回は雨が降った後ということで、よく締まっていましたね。今日、明日のように気温が上がり過ぎると踏み抜きも多くなるでしょうが、早朝は快適に歩けると思いますよ。
積雪期の日留賀岳は、小山さん宅からのピストンであれば、そんなに難しくないですよ。地形もわかりやすく、危険個所もありませんから。ただ、社山みたいに人は入らないと思います。せいぜい、週に1人か2人でしょうね。

きりんこ

No title
とくちゃん、こんにちは。
あら、そうでしたか。みー猫さんが一緒ではないとすると、まさか単独ですか!実は自分も横川から歩こうか迷っていたのですよ。一番の目的は、未踏のひょうたん峠から鹿又岳の間をつなぐことでしたので。13時半くらいに日留賀岳到着していれば再び晴れましたが、こればかりは結果論ですからね。
長い距離に見えますが、実際は百村山や鴫内山から大佐飛山までピストンするのと、標高も距離も大差ないんですよ。まぁ、大佐飛山から先でラッセルが無かったからできたんですけどね。一番のポイントはかぁちゃんタクシーでした(感謝!)

きりんこ

No title
みー猫さん、こんにちは。
リッジの写真は、新鹿又岳のちょっと南側(道路横断地点よりも北側)になります。あそこは、まだ足の置き場があったのでそれほど怖くはなかったのですが、新鹿又岳東側のリッジは距離が長く、雪が積もりやすくて真っ白になるのでホワイトアウトでは行きたくないあぁと思いました。ヤマレコにも書きましたが、足元の傾斜さえ見えないのには怖くなりました。知らなかったら迷わず行っていたので、そう考えると恐ろしいです。
この時期はとくちゃんと行先が被るのは感じておりましたが、ニアミスが続きましたね。示し合わせずにバッタリというのを楽しみにしますよ。
計画はそれほど緻密というほどでもなく、様々な条件に左右されますから、実際は成り行きが多いです。逃げ道や言い訳だけは多めに用意しておきますが(笑)

ふみふみぃ

No title
これだけ歩かれたとはほぼ完全復活でしょう(笑)。
昨日秩父の山を歩いて去年より雪解けが早いのではと思いましたが男鹿山塊はどうなんでしょう。雪が締まっていてとありますし一般人にとっての大佐飛山適期も近いのかなと。まだ新雪は降るんでしょうがよく締まりスノーシューが必要なくなったら大佐飛山に行こうとも考えています。
しかし天気の移り変わりが早いですね。冬山でホワイトアウトは怖い。リッジで方向が見えないとなると・・・私は残雪期はやはり大人しく生きて行きます(笑)。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、おはようございます。
お陰様で、ようやくここまで快復いたしました。昨日、今日あたりは少しだけ痛みがあるので、100%とはいきませんが、しっかり休ませながらであれば大丈夫そうです。
男鹿山塊の雪は、先週の雨とここ数日の暖かさで一気に融けたと思いますが、例年並みでしょうかね。あとは寒暖差で日に日に雪が締まって行きますから、来週以降は適期になるでしょう。
雪山のホワイトアウトは、新雪があると凹凸が見えず怖いです。むしろ残雪期であれば雪の表面の汚れとか、氷とかで地面の位置がわかりやすいかとは思います。一部を除いて歩いたことがある場所なので冷静に対処できましたが、はじめての場所だと焦ってしまうでしょうね。

サクラマス

No title
いやはや、雪の中でこれだけ歩かれるとはもはや計り知れないほどの体力の持ち主です。大佐飛山は縁がない山ですが素晴らしい景色が見れるのですね。雲海が素晴らしく早朝より歩き出した甲斐もあったことでしょう。ちょっとでもガスが出始めたら私はビビって引き返したくなります。リッジは経験も少ないのでどうやって通過したら良いのか迷いそうです。お疲れ様でした。

きりんこ

No title
サクラマスさん、おはようございます。
気温が上がらず、一日をとおして雪がよく締まっていたので、体力の消耗はそれほどでもなかったのですよ。これで踏み抜きの連続やラッセルだったら違った展開になっていたと思います。サクラマスさんほどの実力があれば、条件さえよければ十分日帰り可能じゃないですかね。
雲海は珍しく早起きできたご褒美でしょうか。でもその雲海がのちに悩みの原因となってしまいましたが。。。
リッジで必要なのは、現地の状況に応じて足回りや手に持つ物の選択、交換を面倒がらずにおこなうことでしょうかね。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive