2018年4月12日 小百川左岸尾根(アカヤシオ探索)

この日は大川峠から黒滝股山あたりの県境か、錫ヶ岳あたりを歩こうか迷っていたのですが、日中の気温がかなり上がるらしく、雪山は踏み抜きに苦労することが予想されたため、今年初のアカヤシオを見に行くことにしました。安蘇周辺はふみふみぃさんが精力的にアカヤシオの探索をされているし、せっかくなので新規開拓でもしようと思い、情報のない小百川左岸尾根を歩いてきました(予定では小沢入沢流域を周回するつもりでしたが、体調不良から結果的に途中で退却しました)。情報がないといっても、20年くらい前に大笹牧場から小百に下る途中、この尾根にアカヤシオの群落があることを遠目に確認していたし、googleearthの画像でも自然林主体の尾根であることがわかるので、ある程度期待はしています。


朝のうちは冴えない天気で、GPVによると午後からスッキリ晴れるようなので、お昼頃から歩き始めました。最初、一本杉の釣り堀の駐車場に車をとめて歩き始めたところ、管理人のおじちゃんに声をかけられ、夕方には出入り口をチェーンで塞いで出られなくなるというので、県道に移動し路肩にとめて再出発。今年は花粉症がひどく、ろくに桜を見ることもなかったが、咲き残りの桜を見ることができました。




釣り堀のおじちゃんにまた話しかけられ、一本杉という地名の由来は、太郎杉にも勝る杉の巨木がこの先にあるらしいよ(伝聞かい!)とか、この近くにかつて小百鉱山(銅山)があって、その頃は千人くらいの人が住んでいたんだとか、聞きもしないのに一方的に教えてくれました。最後に、熊は滅多に出ないけど気を付けてと一言。


尾根の末端付近は、ミツマタの群生地となっていました。今年は花粉のおかげで焼森山のミツマタ群生地に行けなかったけど、ここもかなりの規模ですよ。ちょうど曇ってしまって写真的には残念ですが得した気分です。ただ、この先へ進まなければならないので、はじめてミツマタのヤブ漕ぎを経験しました。足元には間伐材があったりして歩き辛いですが、いい香りがするのでさほど不快には感じませんでした。





ミツマタのヤブを抜けて、尾根に上がりました。平凡な植林です。今のところ花粉の症状はないので、ピークは過ぎたのかな?とこの時は思いました。ただ、出だしからなんとなく体が重いし、少し歩いただけで息切れするのが気になります。





ミツマタを上から眺めます。





植林はすぐに終わり、自然林となるとさっそくアカヤシオの落花が目につくようになります。まだ標高500m程度だし、皆さんの情報から標高900mあたりが見頃と思われるため、想定内。





岩っぽいところが多い尾根です。ダニが結構多く、小枝に触れるとことごとくくっ付いてきます。





徐々にアカヤシオの花が目立つようになってきました。今さら、今年初ヤシオです。





アカヤシオの木はたくさんありますが、この辺りは散ってしまったものが多いです。





尾根には標石やテープ等の目印が続きます。予想した以上に人の手が入っているようです。





断続的にアカヤシオも見られるのですが、写真になるような木がありません。





ヤマザクラも一緒に咲いています。相変わらず冴えない天気です。





露岩の急登がちょこちょこ出てきますが、特に危険を感じるところはありません。





標高800mあたりから、花付きが良くなってきたように感じます。











奥は赤薙山周辺。

















905.6m三角点。ここまでたいした距離・標高差でもないのに1時間くらいかかってしまいました。足が重く、明らかに調子がおかしいです。




三角点の先で、一旦急降下します。











そして急な登り。画像で見た印象ほど厳しくはなく、適度に楽しめます。ただ、こんなところが多いので、距離の割に時間がかかります。





アカヤシオの聖地月山が見えてきました。





こちらは高原山





ようやく晴れてきました。901標高点付近は、自然林に覆われていていい雰囲気です。





陽がさすとアカヤシオも一層鮮やかに見えますね。これを待っていました。





鉄塔より、赤薙山方面





アップで。六方沢の尾根も、下の方に赤いものがポツポツと見えます。




カタクリの花が控えめに咲いていました。






鉄塔より月山、高原山




ここを登る予定でしたが、これを見てやる気をなくしました。たぶん、これ以上標高を上げてもアカヤシオにはまだ早いだろうし、今日の体調だと無理して歩いても楽しめそうにありません。




ということで、まだ2時間しか歩いていませんが、この林道で下山することにしました。この林道、十分普通車でも通れる状態です。実際、工事や林業関係の方の車が入っていました。





皮肉なもので、この日一番のアカヤシオは林道沿いにありました。





歩いた尾根です。ダラダラと県道を歩いて駐車地へ戻ります。





時間も余ってしまったのでタラの芽を採って帰り、てんぷらでおいしくいただきました♪



体調不良の原因はよくわかりませんが、案の定、当日夜から翌日にかけては花粉症がひどく、今日になってようやく回復しました。
スポンサーサイト



コメント

サクラマス

No title
来週あたりは1000m越えそうですね。きりんこさんが体調不良とは余程のことでしょう。アカヤシオ追いかけるつもりもないのに、ついつい追いかけてしまいます。タラの芽が羨ましい^ ^

ふみふみぃ

No title
小百川左岸尾根ってどこだろうと思いましたが今市の北の方ですか。
花付きは良さそうですが花と混じって枯れ葉がいるのはなんでしょうね。私も昨日も見たんですが花が痛んでいるように見えて写真映えしないなと(笑)。寒さで痛んでるやつとはまた違うし。
やっぱりアカヤシオは青空の下見たいですね。昨日桐生の奥山周辺にいったらアカヤシオは良い感じなのに曇りだからいまいち映えなくて。
体調不良は風邪じゃないですか?寒暖差が激しいせいか私は風邪をひき週半ば寝込んでました。貴重な年休を山行に使えず病欠で使ったのが悔しくて(笑)。
きりんこさんはやっぱりヒノキ花粉もひどそうですね。
私は薬を飲んでいれば山行後もあまり花粉の影響を感じないレベルになりましたが、昨日同行したヒノキに敏感な後輩は下山後苦しんでました。

sanpooh70

No title
群生するミツマタは素晴らしいですね。
ナイス!

Космическая пыль

No title
お疲れ様です

大菩薩峠などはどうなのでしょ?脊髄反射で浮かんだ峠名ですが何県かしら(笑)

きりんこさん、杉とか鉱山探しはされないのですか?

何故か9日いろは廃線、10日霧降滝崖石仏(過去記事とふみふみぃさんのブログに書かせて頂きましたが、あの崖ぬるぬるするし足場なく木の根っこ掴んだり手こずりました。あそこを鼻歌まじりで行けるきりんこさん、人間を超えた何者かですね)13日は天空回廊・丸山と私、日光三昧でした。キスゲ彩りない荒涼とした景観が何だかツボでした

大笹牧場周辺・・・もうすぐ蛭もでますよね。杉と鉱山跡が気になります

不調との事ですが、自律神経が弱っていらっしゃる可能性も

薬剤師の資格ない私、ヤクザ医師として私の余剰薬を調合して配布してます。花粉症に関係ない薬も花粉症に効いたりしますし、脳の伝達物質をいじるので後日暫く廃人になりますが、48時間疲労感無し休み無し食事なしで動ける調合も出来る様になりました

ミッチーの“死んでもいい!”を聴いて共感出来ましたら、ときめきに死すを可能にするお薬を調合して進呈しますwww

きりんこ

No title
サクラマスさん、こんばんは。
今週は木曜日以降好天が続きますから、週末は1200~1300mくらいまで上がりそうですね。私も、アカヤシオを追うつもりはないと思いながらも、気が付くとそれを狙った歩きをしてしまいますね。今週末もちょっと気になるところがあるので、楽しみにしています。
体調不良は、花粉症に伴った軽い喘息のようです。咳が辛い状態が続いておりますが、花粉が落ち着くのを待つしかないかなと思っています。
今年はタラの芽が出る時期も早いせいか、他の人が採る前に見つけることができました♪

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、こんばんは。
確かに、枯葉が混じったのが多いのが気になりました。今年は咲くのが以上に早いせいもあるのでしょうかね。今回の尾根は、アカヤシオは断続的に続くものの、すべて樹林の中なので写真的には難しく感じました。せめてもう少し早く晴れてくれれば、気分だけでも違ったのでしょうけどね。
体調不良は、私も風邪だと思ったのですが、咳の出方が普段と違うので、軽い喘息のようです。花粉症と同じアレルギー性疾患なので、かなり相関があるようですね。しかも仰る通りヒノキにも反応するようになってしまい、薬でごまかしていますが、薬の飲み過ぎで胃を痛めてしまい、まったく困ったものです。

きりんこ

No title
sanpooh70さん、こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
今回たまたま見つけたのですが、かつて栽培されたミツマタが今は放置され、誰の目にも触れなくなってしまったようです。次回はまだ花が黄色い時期に再訪しようと思っています。

きりんこ

No title
むうたさん、こんばんは。
大菩薩峠は山梨ですね。昔、富士山の撮影で一度だけ行った記憶があります。
杉は、一応探しながら歩いたのですが、おじちゃんの説明だけでは場所がぜんぜんわからず、見つけられませんでした。鉱山も、帰ってから調べて大体の場所がわかりましたので、いずれ機会があればと思っています。
むうたさんも少しずつ快復してきたようで何よりです。過去記事のコメント、気が付かずに失礼しました。霧降の石仏は、最短で行こうとすると急なので、迂回する感じで、念のためロープも出してかなり慎重に行きましたよ。
蛭は、釣り堀のおじちゃんも近年増えすぎて困っていると話していました。来月になると活動しはじめるでしょうね。
体調不良は、たぶん花粉症に伴う喘息だと思います。実は、向精神薬や抗精神病薬は手に入れやすい環境におりますので、いざとなったら何とかします(笑)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive