2018年5月6日 足尾の尾根でアカヤシオ見物

GW中はお天気に振り回され、予定したところにほとんど行けませんでした。
最終日となる5月6日も、高曇りの予報で(天気予報では「晴れ」として扱うのでだまされやすい)、アカヤシオの撮影には中途半端だなぁと思いながらも、他に目的もないし、足尾の王道尾根を歩くことにしました。コースは舟石峠~谷~中倉山~オロ山~塔の峰~熊の平~舟石新道の周回です。何度も歩いているので、ルートマップやコース状況の説明は省きます。


駐車地から中倉山までは見どころもないため黙々と歩き、1時間40分くらいで着いてしまいました。出発時は晴れていたのに稜線に着くころにはうす雲が広がり、うっすらと日暈も出ていました。例の木のところで、日暈が濃くなるのを10分くらい待ちましたがこれが限界でした。




ここからはアカヤシオオンリーでいきます。

沢入山までのアカヤシオは、予想通り前日の雨でほとんど落ちてしまっていました。地面にはものすごい数の花びらが落ちており、この辺りも今年は花付が良かったことがわかります。とりあえず状態のいい物だけを選んで撮影しながら歩きます。






にせ沢入手前の群生地もだいぶ散っていました。今日ははずれか?なんて半分諦めムードになってきました。





群生地より振り返って。ボリュームたっぷりを期待してしまうけど、このくらいのほうがアカヤシらしいといえばらしいかな。






中には状態のいい物もあり






立ち枯れの木が気になったので。






色の濃いヤツを選びつつ






なぜかこの木だけはやたらと元気でした。





途中、アカヤシオを追っていたらヤバイ岩場で行き詰りました。
岩の上からにせ沢入を振り返って。





塔の峰下のアカヤシオは見た感じ色がくすんでいますね。左側は昨年も行きましたが、今日も時間に余裕があれば寄ってみましょう。






主稜線に戻ります。






背景は塔の峰と袈裟丸連峰






沢入山山頂付近にて






沢入山の西側もかなり散っちゃってました。






傷みの少ない花を選んで






荒涼とした背景と対比させて






青空がもっとほしい。






昨年に続き、あの群生地へ行きます。






昨年もよかったですが、今年はもっといいですね。背景は沢入山。






ちょっとだけ角度を変えて。






次にもう一つ西隣の群生地へ。笹ヤブを漕いだり岩登りをしたり苦労しながら到着。しかし背の高い木ばかりなので、思うような写真は撮れず。






主稜線に戻って




1682Pあたりは密度はすごいですが、近くに寄り過ぎると背景が入らず、なかなか思うように撮れず。





気がついたらもうお昼。中倉山からここまでなんと3時間もかかってしまいました。ここからしばらくは花もないので、デジ一をしまって一気に先へ進みます。





1745Pから南へトラバースし、お気に入りのスポットへ。画像だと分かり辛いですが、花はまだ開いたばかりでピチピチしていました。






盆栽のような木がいくつもあります。






結構な巨木です。






この界隈も今まで見たことがないくらい花をつけていますが、ここは毎回撮影ポジションに苦労します。






まだこれから咲くものもたくさんあります。






青空が少し復活





えらいところを見つけちゃいました。あの中に入っても、写真にはならないことはわかっちゃいるけど、行かずにはいられないでしょう。





行ってみると、上から見た通り辺り一面のアカヤシオです。ちょっとだけ開けているところを見つけ、袈裟丸山を背景に。






これが最後の青空でしたね。






あとは、アカヤシオに呼ばれながらあっちこっち適当に撮り歩きます。しかし後から見るとどれも同じような画像ばかり。。。













塔の峰山頂付近も、まだまだ見頃でした。










この後、山頂直下の群生地にも寄りましたが、同じような画像ばかりなのでカット。標高1200m前後でミツバツツジとシロヤシオも咲いていて、のんびり撮影しながら下山しましたが、それでも塔の峰から舟石峠まで1時間で到着。帰りにやしおの湯に寄って帰途につきました。
今回、沢入山あたりまではどうなることかと思いましたが、塔の峰の西側では活きのいい花たちに出会い、思いもよらずアカヤシオの海に溺れたりもして、結果的には行って良かったなと思えました。
スポンサーサイト



コメント

Космическая пыль

No title
お疲れ様です

GW、多くの方が足尾歩かれたご様子。ある意味に於いて、岳人の秋葉原みたいな場所なのでしょうか?

とんちんかんな事質問しますが、波平ピークというのはなんでしょう?ツルっぱげた岩肌に、風に揺らぐ巨木が一本あるから、とかでしょうか・・・

また、件のお話ですが、松木沢は、松木渓谷でよろしいのですよね?小足沢大滝ダイブに赴いた時、岩崩れした道を越えに越えた終いの対岸、南側になるでしょうか、私、滝がある!と画像撮影しました・・・が、以降、腐る程滝と砂防ダムの連チャンで撮影やめてしまいました

つまり、小足沢よりずっと手前の初めの滝が目印、との認識で大まかなガイドラインはよろしいでしょうか?

アキjiiji

No title
おはようございます。同日、爺は塔ノ峰到着10:20でした♪お会いできず残念でした♪
庚申山到着12:45で藪漕ぎが辛かった割には収穫が少なかったです。
次回はお会い出来るといいですね♪

サクラマス

No title
駐車場は満杯でした。8時くらいから4時間ほど釣りして帰宅しました。この日中倉山までの人は多かったようです。きりんこさん早出したのですね。

きりんこ

No title
むうたさん、こんにちは。
たまたま身近な方達が足尾に行かれただけで、他に比べたらまだまだマイナーな山域だと思いますよ。GW中はどこの山もにぎわっていたことと思います。
波平ピークは、ほぼその通りです。巨木ではなく、くねっとした枯木が1本立っています。
ウメコバ沢、それで間違いないと思います。最終堰堤やユンボまで行ってしまうと行き過ぎですので、戻ってくださいね。

きりんこ

No title
アキ爺さん、こんにちは。
オロ山側から塔ノ峰側の尾根に乗り換えたのが13時くらいですから、あと1時間早ければお会いできたかもしれませんね。アキ爺さんも次はシロヤシオ狙いでしょうか?

きりんこ

No title
サクラマスさん、こんにちは。
サクラマスさんは銅親水公園から釣り(仁田元沢?)でしたか。自分は7時に舟石峠を出発し、7時35分頃中倉山登山口を通過しました。中倉山に着くまでに2組追い抜き、その後はのんびり撮影していたので次々と後続が上がってきました。皆さん沢入山で引き返すので、その先は静かにアカヤシオ見物を楽しむことができました♪

たそがれオヤジ

No title
きりんこさんのコメントで想像はしていましたけど、源流付近、そこまでのお祭り騒ぎだったとは思いも寄りませんでしたよ。今さら後悔しても取り返しはつかないし、私は来年にかけますよ。
塔の峰側から見た中倉山尾根、色づきは感じなかったのでもう終わったのかなと思っていましたけど、沢入山付近はそれなりに賑やかだったようですね。あの尾根、どうもツツジのイメージが似合わないというか、あってもたいしたことはないだろうと思っていたのですけどね。ちょっと意外です。

きりんこ

No title
たそがれオヤジさん、こんばんは。
源流付近、この時期毎年のように通っているものの、なかなかタイミングが合わずにおりましたが、今回花の時期だけはドンピシャでした。あとは青空と日差しがあればいうことなしだったので、たそがれさんが歩かれた前日が実はベストだったかもしれませんね。欲を言ったらきりがないですけどねぇ。あそこ、シロヤシオの木もかなり多いですから、あと10日くらい後もいいかなぁと思っております。
実は中倉側も、沢入山からオロ山の手前までは何ヶ所か群生するんですよ。昨年も、はずれ年にも関わらずソコソコ楽しめたので今年も期待してのことでした。沢入山までは俗化してしまい、足を向けにくくなりましたが、その先は今でも静けさが保たれておりますので、最初だけ我慢すれば結構楽しめると思いますよ。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive