2018年6月4日 湯滝~小田代ヶ原~白根隠山南東尾根~外山東尾根周回(その2)

南東尾根から白根隠山に登頂した続きです。


山頂到着と同時に雲がもくもく湧いてきた。少々バテているので、涼しくてちょうどいいけど。





枯れ木の横でゴロゴロしたりしてゆっくり休む。





南東尾根を再度下って撮影してみたり。





1時間ほど休んで歩き出す。





一部にまだ残雪があります。





雲間からの光をぼーっと眺める。













五色沼が見えてきた。いつ見ても美しく、足を止めさせられる。




















雪が融けて顔を出したショウジョウバカマ。腹ばいになって撮影。






ここでも座り込んで10分以上光の変化を楽しむ。





前白根山で五色沼は見納め。白根山側はすっかり曇ってしまった。






コバイケイソウの新芽が思い思いの方向へ伸びていく。





少し成長すると、お行儀よく一列に。





ミネザクラ






外山鞍部でシャクナゲが満開



























登山道を離れ、外山に向かう。サクラにはやっぱり青空が似合う。





こちらも山頂までずっとシャクナゲロード♪





すごい密集度だけど、葉っぱが邪魔してその規模を表現できない。





外山山頂。もう3時になってしまった。だいぶ疲れたけど、あとは下るだけだから大丈夫でしょう。




しかし、東尾根を下り始めてからずっとシャクナゲが咲いていて、なかなか先へ進まないのだ。一昨年来たときは少し遅かったけど、今回はドンピシャだ。




































































標高2000mあたりまで見ごろのシャクナゲが連続し、ここだけで1時間以上もかかってしまった。





ひょっこりナゲはん。にしては花数が多すぎるか。






標高1800mからの眺め。あとは花もないので下るのみ。





17時ちょっと前に湯ノ湖到着。釣りの人たちもちょうど撤収するところだった。こんなに時間がかかるとは思わなかったが、途中からかなり休憩やら撮影やらしていたから、まぁこんなもんかな。当初の予定とはまったく違う歩きとなったが、後半シャクナゲが見られたので結果的には満足のいく歩きができたかなと思う。



この後、途中でやしおの湯につかってから家に帰ったのであるが、家に着くと同時に疲れがどっと出て、なんとなく寒気もした。連日の山歩きによる疲れだろうからと、早めに床に就くも寝付かれず、夜中に腹が張って何度も目が覚めてしまった。翌朝起きてからもだるいので、念のため体温を測ると39℃もあった。腹部の張りも強くなっている。こりゃだめだと仕事を休むも、意識がもうろうとして病院に行くこともできない。妻が帰宅後、どうにか病院に連れて行ってもらい、採血、腹部レントゲン、エコー検査を受けるが、異常が見当たらず、何らかの原因で胃腸炎を起こしているのだろうが、念のため、血液を外注に出すので明日も来てくれといわれ、整腸剤を処方され帰宅した。翌日も38℃台の発熱が続くも、排便がみられた後は腹部症状は落ち着いた。夕方再診に行くと、やはり血液検査では異常なく、何らかのウィルスによる胃腸炎だろうと結論づけられた。その翌日には熱も落ち着いたが、軟便が続くようになり、倦怠感もとれず、1週間は寝てばかりの生活が続いた。ようやく、昨日になって元の体調に戻ったかなという感じになったところである。
スポンサーサイト



コメント

Космическая пыль

No title
お疲れ様です
マダニの被害でわないのかな?と一瞬思いました

きりんこ

No title
むうたさん、こんにちは。
自分も少し疑ったのですが、どうやら違ったみたいです。
只今、男体山頂上で夕陽を待ってます。

瀑泉

No title
当初,奥千手から三俣沢の滝を考えていたとは,とても真似出来ませんヨ。
それはさておき,東尾根のシャクナゲは,凄いことになっていたようですネ。
それにしても,今日は男体山とは。もうスッカリ復活されたようで,何よりでした。

きりんこ

No title
瀑泉さん、おはようございます。
奥千手から泙川流域は、一昨年からいくつか考えていたのですが、今の体力で可能かどうかちょっと不安もあります。とりあえず、標高差の少ないところから試してみようかなと思っています。
外山東尾根、一昨年歩いてみて何となく想像はしていましたが、それ以上でしたよ。下りならヤブもたいして苦にならないし、この時期に歩くのがいいですね。
まぁ、男体山は一般道ですからね。リハビリにちょうどよかったです。山頂に5時間以上も滞在したので、帰りは暗くなってしまいました。

きたっち

No title
こんにちは、はじめまして。きたっちと申します。
同日に白根山を周回してきて、前白根山経由で湯元に戻った訳ですが、時間的にも前白根山斜面で軽く雑談した方がきりんこさんではなかろうかと思い書き込みしました。
外山以降お見かけしていないのもルート拝見して納得しました。間違っていましたらスミマセン。
貴方の存在は以前より当然承知しており、わかっていれば色々お話したかったです。またどこかでお会いした際は宜しくお願いします。

きりんこ

No title
きたっちさん、こんばんは。
ヤマップの記録、拝見しました。間違いなく私ですね。前白根山手前では、疲労でへたりこんでいるところでした。もう少しこちらに余裕があれば、もっとお話しできたのに残念でした。
きたっちさんのお名前は、ちょうど先日瀑泉さんのところで拝見したばかりでしたが、なかなかハードなお歩き、しかも渋いところも歩かれていますね。同じような歩きを続けられるようでしたら、またお会いすることもあるかと思います。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

ふみふみぃ

No title
白根隠山南東尾根はナゲさんあんまりいませんよね。おかげでナゲポイントは今でも覚えています(笑)。右の笹原に降りていくと鹿道があることも。
やっぱり白檜-白根隠-前白根への稜線は良いですね。何度も歩いているのにまた行きたくなります。恐らくノーマークであろうルートも残してはいますが。
今年は南岸尾根のナゲ達と存分に触れ合ったのでもうナゲ見はいいかなという気持ちがありましたがこれを見ると外山東尾根は行っておくべきだったかなと(笑)。ひょっこりナゲはん、孤高のブナの代わりに名物になりませんかね。生息数が多すぎますか(笑)。
しかしきたっちさんと遭遇していたとは。きりんこさんともきたっちさんとも数十mの差ですれちがった経験のある私としては羨ましいです(笑)。

きりんこ

No title
ふみふみぃさん、おはようございます。
ナゲ目当てなら、大岳か湖上山がよかったかもしれませんが、それだとあの時間からでは時間切れでしたしね。外山東尾根で十分元は取れましたよ。
五色~白檜の稜線、登山道とはいえ、私も何度も通ってしまいます。写真にしやすいということもありますが。ノーマークルートというと、ツメタ沢の中間尾根あたりでしょうか。だとしたら、あそこはコメツガのヤブがひどいという記録を見たことがあるような。
外山東尾根、ふつうにいいルートだと思いますが、せっかく行くならシャクナゲの時期でしょうね。ひょっこりナゲはんも、この時期限定ですし。
一般ルートでお会いすると相手のスタイルや力量がわかりませんが、きたっちさんもなかなかのお歩きをする方のようですね。ふみふみぃさんとも、たぶんどこかでひょっこりお会いするでしょう。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive