2018年10月13日 浅草岳~鬼ヶ面山

この連休、泙川流域で一泊しようと計画していたのだが、関東地方の天気はどうもだめみたい。最近曇りやガスに祟られており、また薄暗いところを歩くというのはどうにもモチベーションが上がらない。どうせなら青空の下で紅葉狩りでもしてみたいと思って天気予報を調べると、福島より北へ行けば2日間とも晴れるようだ。紅葉の見ごろは標高的に1300~1400m前後と予想し、条件に合う山として只見の浅草岳と会津朝日岳を選定。初日に浅草岳に登り、車中泊をして2日目に会津朝日岳を登る計画とした。
金曜日の夜、車中泊の準備を整え、2日分の食料を調達し、22時30分に宇都宮を出発。鬼怒川経由で会津に向かう。車はほとんど走っておらず、快調にとばして1時10分くらいに下山予定の六十里峠に到着。折り畳み自転車をデポし、只見沢登山口の無料休憩所のある駐車場へと戻る。他に4台駐車してあり、皆車中泊のようだ。自分もシュラフに潜り、すぐに寝付くことができた。今回持って行ったのは冬用のシュラフで、まだ暑いかなと思ったが、外気温が5度くらいだったのでちょうどよかった。5時半に携帯のアラームで目覚めると外は薄明るくなっており、隣の車の男性は既に歩く準備をしている。コーヒーでも飲んでから出発しようかと思ったが、なんとなく気持ちが逸ってしまい、トイレを済ませ、握り飯ひとつだけ食べ、隣の男性から5分遅れの6時過ぎに歩き出す。


只見沢登山口の駐車場。こっちには車が1台もない。ここから歩くのは約20年ぶりだ。浅草岳山頂周辺には雲がかかっているが、天気予報を信じきっているのでこの後晴れるとしか思っていない。





前日の雨で下草が濡れており、スパッツがすぐにビッショリになってしまった。また、濡れた木道が滑り、足下に気を取られる状態が続く。幽ノ倉沢の仮橋を渡るとようやく山道らしくなり高度を上げるようになる。





ブナの原生林。このあたりは紅葉にはまだ早い。





特に見るべきものもないので足元のキノコなんか観察して歩く。





これはうまそうだけど食べてはいけないやつ(ツキヨタケ)。





大久保沢の水場より振り返って。画面下の沢が大久保沢。ためしに飲んでみたが、ぬるくてあまり美味くなかった。





ちょっとずつ秋色が目につくように。





この雰囲気は自分好み。特に雨上がりのしっとりした感じがいい。





いつの間に空が晴れて対岸の稜線(南岳周辺)が見えるように。よしよし、予定通りだ。





こんな時期にチタケがあった。目を疑い地面から抜いて匂いを嗅いだら間違いなくチタケだ。カサから乳も出ている。





晴れてもまたいい。





東側や浅草岳方面はまだガスがかかっているが、そのうち晴れるでしょう。





ブナ林を抜け、植生が変わる。この辺の木は紅葉する前に葉っぱが飛ばされている。先日の台風の影響だろう。足元が微妙に傾いていて歩き辛い。





田子倉眺めの手前より南岳方面。





田子倉眺めからの田子倉湖。向こう側は雲海になっている。





そして大迫力の鬼ヶ面山の岸壁。ガスがいいアクセントになっている。まだ雪渓も残っている。標高1500m程度の山とは思えない景色だ。




しかしあっという間にガスってしまった。剣ヶ峰で先行の男性に追いつく。三脚を構えており、自分も一緒に三脚を出す。水戸から来られたそうで、あちこちの山を撮り歩いているそうだ。



15分くらい待ったがすぐには晴れる様子がないので先行させていただき、自分は鬼ヶ面眺めで三脚を構えることにする。


鬼ヶ面眺めに着くと少しの間対岸の山が見えたが、この後すぐに見えなくなってしまった。眼下の只見沢に滝が見えたので、手前の黄葉と一緒に撮ろうと思い30分以上待ったが結局真っ白のままだった。その間、水戸の男性ともう一人の男性が先行していった。





こういう雰囲気も嫌いじゃないけど、この山に来たからには晴れてほしいなぁ。











こりゃだめかぁ?後から思うと、短時間でも鬼ヶ面山の稜線が見られただけよかったのかもしれない。あれがなかったら、この辺でふてくされて帰っていたかもね。




結局ガスの中を歩き続け、9:30に浅草岳山頂に到着。山頂には10人以上の登山者が休んでいて落ち着かないので写真1枚だけとってオサラバ。画像には人がたくさん写っているので掲載なし。やはりこの山はネズモチ平から登るのが一般的のようで、ほとんどがそこから登ってきたようだ。高齢の女性が2時間で登ってきたと話していたから、只見尾根よりずっと楽にこられるのだろう。といっても、自分の場合アプローチを考えたら次も同じコースになるだろうが。


山頂から少し進むと草紅葉の斜面。草紅葉だけ見たけりゃ沼ッ原でも見られるが、やはり苦労して見たものには心が動かされるし、気持ちのいい場所だ。しかし、ここの木道は横に傾いていて、濡れているのでスリル満点だった。




前岳に到着してからも、次々とネズモチ平方面から登山者が上がってくる。撮影時間を含めて計画してきたので、予定よりもかなり時間があまってしまったため、人ごみから離れたところで休憩。あわよくばこの辺で晴れることを期待したが一向にその気配はないので、10分ほど休んで10:00、先へ進む。

下りはじめは灌木が覆っていたり、足元も段差があったりして少し歩き辛い。単独男性とすれ違う。





前方はガスがとれてきたようだ。男女二人とすれ違う。





振り返ると、こっちも幾分よくなってきた。紅葉は残念ながらピーク過ぎている。単独男性とすれ違い、このコースもそれなりに歩く人がいるんだなぁと思ったら、このあとしばらく人と会わなくなる。





このあたりから、地形図通り左側は絶壁が続く。飛び込めば確実に逝ける。





徐々に雲が取れてきたようなので、ここでゆっくり撮影タイムとする。





登ってきた稜線を入れて。紅葉とか光の状態とか、構図とか考えたらイマイチな写真だろうが、やはり自分としては自身が歩いた稜線を入れた写真に価値がある。後でこれ一枚だけを見て、この日の行動を思い出すことができるから。





紅葉だけを考えたらこんな絵がいいのかな。その紅葉もイマイチだけど。ここで40分以上晴れるのを待ったが、これ以上の回復は見込めそうにないため、先へ進むことに。





これから歩く稜線もはっきりと見えるようになった。こちら側を歩くのははじめてだが、地形図通りアップダウンがきつそうだ。欲を言えばもう少し青空がほしいところだけどガスガスじゃないだけ我慢しよう。





少し登ると狢沢カッチというピーク。





右側のなだらかなピークが次に目指す北岳。





その手前のここにどうしても目が行くがこのピークに名前はないみたい。





振り返ると、高原山?じゃなくて守門岳。あちらは終日お天気だったみたい。恨めしく眺めていたけど、さすがにあそこに行くことは計算できなかったしなぁ。





周囲の急峻な山と対照的な山容の北岳。しかし山頂直下は意外と急だった。



主稜線から少し西へはずれ、11:52北岳到着。山名版や山頂を示すものは見当たらなかった。

主稜線に戻り、これから進む方向。まだアップダウンがある。昼前なのに、なんとなく夕方のような雰囲気を感じる。





この谷からなら登ってこれそうだなとか考えてしまう。





12:08 鬼ヶ面山はあっさりと到着。





男女二人とすれ違う。これがこの日出会った最後の登山者だった。





12:34 南岳もあっさりと到着。やはり、撮影がなくなると急にペースが上がってしまった。浅草岳山頂付近は晴れそうで晴れない。予定ではこの辺で夕日を撮るつもりだったけど無理そうだね。





あとは下るだけ。体力的には余力があるけど、使いもしないのに担いできた撮影機材フルセットが重い。





南岳からの下りは、思ったよりも快適な道だった。大きな段差や滑りやすいところもなく、登りで使った只見尾根を下るよりずっと安全だと思う。地図で見ると左側は絶壁が続くが、その気配はまったく感じない。





12:52 この分岐は左へ。右も幅の広い道が続いていたが、あまり歩かれている様子はなかった。





引き続き快適な道。





鉄塔のピークより田子倉湖と対岸の山々を望む。明日登る予定の会津朝日岳は中央奥、雲に隠れているようだ。足下に道路を見るとゴールが近いことを感じる。





電波塔まではなだらかに下る。





電波塔の先で一気に標高を下げていく。しかし道は九十九折になっていて歩きやすい。





鉄塔の下より





最後まで整備の行き届いた快適な登山道を歩き





13:38 自転車をデポした六十里峠の駐車場に到着。駐車場には10台くらいの車があったが、登山者はそのうち半分くらいか。自転車が自分のと他にもう1台あり、同じようなことを考える人がいるもんだ。というか、帰ってから調べたら同じようなことをする人が結構いるようだ。



5分ほど駐車場で休んでから自転車で出発。はじめの5分くらいは緩い登りだが、その後は下りっぱなしとなる。ただ、電燈のないトンネルや、急カーブもあるので車には十分注意が必要だ。14:05、約20分で只見沢駐車場に帰着すると、水戸の男性が帰る支度をしていた。ちょうど電車が来る時間だから撮り鉄してから次の目的地に行くとのこと。自分は鉄道には興味はないので先に失礼させていただいた。

予定していたむら湯で汗を流し、携帯で翌日の天気予報を見ると、曇りで降水確率も高くなっている。どうやら予報が悪い方に変わってしまったようだ。明日の会津朝日岳、どうしようか迷ったがすっきりしない天気のなか歩く気になれず、そのまま帰宅することにした。
腹は減ってないけど、せっかくなので何か食べて帰ろうと道の駅きらら289に寄り、わらじかつ丼(わらじサイズのソースかつが2枚乗っている)を頼んでしまった。片わらじにしておけばいいのに、値段が300円くらいしか違わないのでつい貧乏癖が出てしまった。案の定、とんでもないデカ盛が出てきた。残すのもかっこ悪いので無理して掻き込んだら吐きそうになってしまった。
帰りの道路も順調で、18時過ぎには家に着きそうなので、かぁちゃんを日光の花火大会に誘うことにした。しかし家に帰ってからでは開始時間に間に合うか微妙だと思い、ろまんちっく村で待ち合わせ、1台の車に乗り合わせて日光へとUターン。同じ日、矢板でも花火大会があり、そちらのほうが規模も大きいので日光は静かに楽しむことができた。時間も1時間程度なので、ちょっとだけ楽しみたい自分らにはちょうどいい花火大会だ。帰りの渋滞もなく、8時半には帰宅し、何やかんやと長い一日が終わった。


GPS軌跡です。

この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平成24情使、 第617号)





スポンサーサイト



コメント

瀑泉

No title
去年,鬼ヶ面眺めから全く見えなかった自分からしたら,此でも十分羨ましい眺めですが,確かに今年は赤いのが少ないですネ。去年,同じ頃行って晴れてさえいればと思えるほどの紅葉だったのに,こうして見るとやはり24号の影響かなぁ。。
会津朝日岳の中腹部もどんなモンだか知りたかったから,行っていただきたかったんですケドねぇ。ちなみに,昨日は稲包山でしたが,新潟は晴れましたヨ。
ただ,此方も渋い色合いで,少し残念でした。

みー猫

No title
おはようございます。
三岩岳のガスの隙間からそちらはどうかと見ておりましたです。浅草岳は樹木が低くて見通しが良いのが特徴ですね。日曜日の朝は天気が外れたようで、山頂から浅草岳も会津朝日も確認出来ましたよ。でも花火が観れたなら良かったのですね。
みー猫

きりんこ

No title
瀑泉さん、こんばんは。
確かにまったく見えないよりは、わずかな時間でも見られただけよかったと思いました。ただ、紅葉はダメでしたねぇ。色が付いた葉っぱはみんな飛ばされてしまったようで。あとは、これから色づく標高の低いところに期待ですね。
やっぱり、新潟方面は晴れてましたか。気になって気象台のデータを何度も見ておりましたが、日照時間が結構あったみたいで失敗したなぁと思いました。予報が確実じゃないと、どうしても悪い方にばかり考えてしまうんですよねぇ。
稲包山のレポ、楽しみにしてますね。

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
実は三岩岳も候補にあったので、行っていればどこかでお会いしていたかもしれませんね。といっても、自分が考えいていたのは一般ルート日帰りでしたが。浅草岳は眺望がないと楽しさも半減以下ですね。そう考えれば後半ガスがとれただけでも良かったと思いましたよ。日曜日は予報が外れましたね。土曜日も逆に外れたのでどうしても悪い方に考えてしまいました。会津朝日の紅葉はまた来年の楽しみといたします。花火はかぁちゃんへのサービスですね。ご想像通りかと思いますが(笑)
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive