2018年10月21日 社山南南東尾根の支尾根より社山へ


今年の紅葉はもはや絶望的となっているが、同様に一昨年もダメだと言われながらも社山周辺の紅葉だけは十分に楽しめた。絶好の登山日和が約束されたこの日、2匹目のドジョウを狙って社山周辺を歩くことにした。しかしこの日は日曜日。いろは坂を上がってしまうと何時に帰れるかわからないため、足尾側からアプローチすることに。個人的に、この界隈で紅葉がもっとも綺麗だと思っている、社山南南東尾根と茨倉山西尾根を絡めて周回することにした。下りのルートは成り行きでということで無料駐車場に車をとめ、5時25分ヘッドライトを点けて歩き出す。カメラ一式や三脚等20Kg近い荷物なので早速肩にくい込む。親水公園の駐車場はほぼ埋まっているのを横目で見て通過すると後ろから単独氏がついてくる(時間的に、ヤマレコのekat3さんと思われる。自分と似たようなコースを逆回りで歩かれたようだ)。バラクラ沢を過ぎ、解放されたゲートの先から林道は荒れており、土砂が流され地面がやわらかくて歩き難い。倒木で道が塞がれているところもある。沈潜橋を飛び石利用で渡り、長平沢への林道を見送る。南南東尾根の末端から歩くのであればこの辺りから取付くのであるが、本日の予定は1440m級ピークから東に延びる支尾根のため、そのまま直進し再び長手沢左岸へと渡る。カーブは適当にショートカットしながら進み、6:40林道終点に到着。


林道終点。ここで長手沢の右岸に渡る。





これから歩く南南東尾根の1564Pあたりが朝日に染まる。赤いボンボンが健在であることを確認し、胸を躍らせる。





西利根倉沢左俣を渡って、向かいの斜面を上がる。ここから見ると急なようだが。





実際はこの程度で、ジグザグに傾斜を殺しながら登る。





岩場もなく、平穏な尾根であった。




開けたところから振り返って。右に中禅寺山、左が1510m級ピーク。あの南西尾根もそのうち歩かなきゃなぁと思っていたら、なんと翌日烏ヶ森さんが歩かれたようだ。





色に乏しいが、足尾らしい雰囲気というべきか。





時折見る赤い葉っぱはシロヤシオ。遠くから見えるボンボンの正体はこれだと思うが、尾根の上には少ない。





主尾根の1440m級ピークが見えてきた。





右側が開けて社山方面が一望。やはりボンボンは斜面に集中している。





振り返って。





たまに見る色づいたやつを追いながら登る。

















見た目には綺麗なので、三脚を出したりして時間をかけて撮影したが、順光のため平凡な写真にしかならない。





7:50、主尾根と合流。





足下には霜が降りていた。前日男体山に雪が降ったくらいだから、不思議ではないが。





ここからは完全に撮影モード。ただ、何枚も撮ったけど後から見るとどれも同じようなのが悲しい。





もしやと振り返るとやっぱり!ふみふみぃさんやみー猫さんも見ていた富士山が見えた♪せっかく担いで行った望遠ズーム(重量1.5Kg)で撮影。





ついでに中倉山方面も。とくちゃんとみー猫さんがどこかに写っているかな?
このレンズ、買ったときからどうしても右上がケラれてしまう。たぶん不良品だと思うが、修理に出すのが面倒でそのまま使っている。





今度は広角ズームで、これから登る社山と男体山。こちらはPLムラが出てしまった。





ダケカンバの巨木が存在感を放っているのだが、完全順光なので平面的にしか撮れない。





逆光に浮かぶボンボンと、意図的にSSを落として風に揺れるススキをアクセントに。





ドピーカン。見た目にはきれいなんです。





カエデと半月山





この辺り(標高1500m前後)が紅葉のピークだった。ただ、思うようなポジションが撮れず、同じような写真しか撮れない。。。





気分を変えて半逆光で撮ってみたりするが、この方角はやや地味め。





南尾根のカラマツ黄葉はこれからですな。





奥に半月山から赤倉山への尾根。手前が歩いてきた尾根。





この辺りは紅葉と光の好条件がそろった。





右側の斜面はきれいだけど、歩いている尾根はこんな感じでいたって地味。





皇海山も見えてきた。





あまり景色が変わらないもので。。。











この木はきれいでした。





谷筋は風の影響を受けにくいのでしょう。





筑波山がすっぽり。





標高1600m前後のツツジが艶々してもっとも綺麗だったので、ウロウロしながら撮影。





















































ここまで普通に歩けば1時間くらいのところを、撮影に専念したので3時間くらいかかってしまった。まぁ、それも計算のうちだけど。一般道や山頂周辺には、ここから見ただけでも50人以上のハイカーがいるのが見える。それも想定内。





八丁出島が見えてきた。





アップで。紅葉ピークには若干早いか。





最後は一気に駆け上がって11:00山頂到着。やはり、通常の倍くらいかかってしまった。厳密には山頂には行かず、一般道の10m位下を並行して山頂直下に移動したところで撮影&休憩。ここなら景色がいいのに誰も来ないし、岩がゴロゴロしている雰囲気がなんとなく気に入っている。




後半に続きます。


スポンサーサイト



コメント

みー猫

No title
こんばんわ。
子丸山からは、中倉山の先に社山が丁度並ぶので、とくちゃんときりんこさんが見えましたよ(笑)・・・1.5kgの望遠の寄りの威力は凄いですね。まるでふみふみぃさんの横で撮ったようです。南南東尾根の取付き、林道歩きを抜きにすれば中々よさそうですね。後半にも期待です。
みー猫

きりんこ

No title
みー猫さん、こんばんは。
とくちゃんと私がいたところは、隠れるところがないので丸見えでしたか(笑)ふみふみぃさんも写っているか、後で確認してみます。
南南東尾根の、例の崩落個所が通行不能になったら今回の取り付きは使えるかもしれませんね。場合によっては下り使用もできそうですよ。後半も画像中心ですが見てやってください。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive