栃木福島県境踏査(黒川上流部~スダレ山)

8/25、県境踏査の一環として那須・黒川の上流部を歩いてきた。

以前、黒川へ行くときは一緒に歩きましょうかと地元のチェルシーさんをお誘いしていたのだが、数日前にチェルシーさんの予定を確認すると、たまたまこの日は空いているとのことで、急きょ計画することになった。

本当は、この部分を県境踏査のフィナーレとしたかったのであるが、なかなか予定が消化できず、佐野・足利の一部と那珂川の中~上流部を残している状況である。しかし佐野・足利の夏場はヒルが怖いし、那珂川中流部も夏場は虫が心配だ。とはいえ、那珂川上流部は暑い夏のうちに気持ちよく遡行したい。フィナーレをどこにするかは考え直すことにして、今行きたいところを優先することにした。

そうはいっても、黒川橋からスダレ山中腹の登山道横断地点までは20年近く前に1度遡行しているのである。しかし、当時はGPSなど所持していなかったし、画像もデジカメが普及する前なので、ナメ滝をフィルムで撮った程度で記録も記憶もほとんど残っていないのである。それに、そのときは県境を意識して歩いたわけではないので、今回気を新たに歩き直すことにした。


歩いてみての感想:

記憶では、黒川上流には堰堤が一つあること、前半にナメがあるがすぐに終わってしまうこと、写真になりそうなポイントといえば前半のヒョングリ滝と中流部のナメ滝くらいで、薄暗い平凡な沢という印象であった。ところが実際には、思った以上に綺麗なナメや深い釜を持った小滝が多く、岩盤も花崗岩や火山岩など変化に富んでおり、流程が長い割りに楽しく遡行できる沢であった。笹が被るようになってからも、漕ぐというレベルになるのは最後のほうだけで、この界隈としては十分快適な詰めである。危険個所もなくロープやハーネスを必要とせず、荷物が少なくて済むのもポイントが高い。水温が低い沢なので、夏場涼をとるのに最適な沢だと感じた。


県境踏査も残すところあと3,4回で完了しそうだ。どこを最後にしても地味な終わり方になりそうだが、ゴルフ場に不法侵入してラストで御用だけは避けたい。



IMG_8437.jpg





IMG_8440.jpg





IMG_8448.jpg





IMG_8456.jpg






IMG_8476.jpg





IMG_8498.jpg





IMG_8506.jpg





IMG_8516.jpg





IMG_8530.jpg





IMG_8540.jpg





IMG_8545.jpg





IMG_8551.jpg





IMG_8555.jpg





line_648796368355192.jpg





20190825.jpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive