大蛇尾川 2018年夏

今更ながら、昨年の大蛇尾川釣行の記録というか画像です。



IMG_1522.jpg

オオサビブルー




IMG_1532.jpg





IMG_1537.jpg

支沢の滝




IMG_1541.jpg






IMG_1546.jpg





IMG_1551.jpg

雷光滝




IMG_1563.jpg

二俣で寝床を整え




IMG_1564.jpg

3人で東俣を釣りあがる。




IMG_1568.jpg





IMG_1570.jpg

一つ目の大滝




IMG_1574.jpg

ここからは空身で釣り上ったので画像なし。二つ目の大滝で引き返した。





IMG_1589.jpg





2日目、自分は単独で西俣へ。魔法使いさんとぐっちゃんは昨日に続き東俣へ。

IMG_1600.jpg

ヤギ滝




IMG_1599.jpg

ヤギ滝とイワナ





1567604595746.jpg

レインボーゲット(1日目)


スポンサーサイト



コメント

瀑やん

これぞ
水・・・
地球の宝石ですね。

瀑泉

東俣大滝も水量が豊富ですネ。
今年は,ヤギ滝くらいは見に行こうと思っていたのですが,チョット難しいカナ。ちなみに,二俣からヤギ滝までは,時間にしてどのくらいですかネ。
釣りをやらないので何なのですが,ニジマスの方が,イワナより自然界では貴重なんですかネ。
ど~もニジマスは,釣り堀だと直ぐ釣れるイメージがあるモノですから。それに,食べるならイワナの方が,好きなので。

きりんこ

瀑やんさん
こんにちは。
この界隈でも特に水の色が美しい沢なんです。
これを見るだけでも行く価値ありだと思います。
アプローチが長いのが難点ですが。

きりんこ

瀑泉さん
こんにちは。
確かにこの時は水量が多く、滝も見ごたえがありましたね。東俣のF5もしっかり2本になっていました。その分、水流が強くて渡渉に時間がかかりましたが。
二俣からヤギ滝まで、写真も軌跡も残していないので不明ですが、戻りは10分強でした。登りでも15分から20分といったところだと思われます。私も紅葉の時期に行ければ行きたいのですが、候補がたくさんあって行先に迷いますね。
自然界でニジマスが釣れるのはここくらいなので、そういう意味では貴重ですね。あとはイワナよりも引く力が強いので、釣っていて楽しくはあります。昨年、家族で塩原にいったときにニジマスのつかみ取りをして食べましたが、自然界のニジマスは寄生虫が心配なので、私も食べませんね。

taka(みちのく)

渓流の音が聞こえてきそう!
渓流が美しく、なんか音が聞こえてきそう。

焚火に目を奪われました。冷えた身体を温めるためですか。
魚を焼くためなら、写真に写ってそうな気がしたので気になりました。

きりんこ

taka(みちのく)さん
コメントありがとうございます。
写真では実際の美しさを表現しきれませんけど、本当に美しい渓流なんですよ。
焚火は、身体を温める、濡れた衣類を乾かす、灯かりになる、クマよけにもなりますね。
何より、ぼーっと眺めているだけで時間を忘れてしまうくらい楽しめますから、
それが一番の目的でしょうか(笑)
この時は魚は焼きませんでした。メンバー全員、食べるのはあまり好きじゃないんですよ。

サクラマス

虹鱒
こちらでのコメントは初めてかしら?美しい沢色であり訪れたくなります。このニジマスはどこからか落ちてきたものでしょう。ネイティブは日本では存在しませんものね。楽に行けるところであれば私も釣りしに行きたいものです。個体差のあるイワナを観察したいですね。

きりんこ

サクラマスさん
こんばんは。
慣れていないせいか、前よりも使い勝手が悪く、以前にも増して記事がいい加減になっています(笑)
ニジマスは大正から昭和初期に放流されたものが自然繁殖したらしいです。イワナとははっきりと棲み分けしていましたね。
確かに、沢によってイワナの色に個体差がありますね。擬態能力があるのか、生育している沢の岩に近い色をしている気がしますが、気のせいでしょうか。
非公開コメント

きりんこR

FC2ブログへようこそ!

Tree-Arcive